二の打ち要らずの神滅聖女 〜五千年後に目覚めた聖女は、最強の続きをすることにした〜

作者 藤孝剛志

453

161人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

文章も世界観も人物の個性も趣味レベルを超えているように感じます。
強すぎる、破天荒すぎるキャラは、破天荒さ故に立ち振る舞いがぶれぶれになることが多いように思うのですが、本作品では「このひとならこうするはず」という予想を少しこえてくるくらいで安定しています。
安心して読める作品です。これからも期待しています。

★★★ Excellent!!!

五千年の眠りから目覚めた聖女様が一変した世界で無双するストーリー。

悪人や敵を容赦なく木っ端微塵にするのが痛快です。
いろいろ雑なところもあるけれど、敵味方の判断が意外としっかりしているなどキャラクターも魅力的。
個人的に不憫なキャラクターが好物なので彼女の突飛な言動に周囲が振り回されているのも素敵です。

過去の大戦についてなど明らかでないことも多くこれからの話の展開が気になります。

★★★ Excellent!!!

五千年の眠りから覚めたら世界は一変!?
かつて世界中に名の知れた聖女ニルマが目覚めると、そこは異世界からの侵略やダンジョンという知らない世の中になっていて。

とりあえず自分の生活のためにも聖女としても、宗派であるマズルカの教会へと訪れたニルマでしたが……。
かつての威光は何処へやら、教会は没落して今では借金に追われるほど寂れてしまっていたのです。

侵略によって人権も危うくなった世界で。
聖女はどうマズルカ教を立て直していくのか。

でもまぁ拳ひとつで大丈夫。
最強過ぎる身体を武器にして。
ちょっと野蛮な聖女の行く末を見守り下さい!!

おすすめです!