王女を辞めて村娘Eに再就職した私ですが、畑で王子を掘り当てて鍬を片手に冒険に出るようです

作者 安崎依代(硯朱華)

4

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?