ドラゴンブリード

作者 ムネミツ

34

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

スーパーヒーローを父親にもった主人公が、ヒーロー学園に通いながら一流を目指す……正しく清々しいまでに王道展開。ど真ん中ストレートです。
特筆すべきは圧倒的なテンポの良さ。一話三千文字程度で物語を開始し速やかにバトルまでもっていく手際の上手さは「それ」に特化した匠の技を感じさせます。
そして目を引くのは登場するヴィランやヒーローの豊富さでしょうか。
古今東西、あらゆるヒーローや怪人をリスペクトしています。アメコミヒーローは勿論、ご当地ヒーローに至るまで満遍なく!

内容もヒーローの不殺主義、ミュータントと人間の軋轢、武闘大会、バレンタインと様々です。ワンパターンとだけは言われたくない。作者さまのそんな想いと創意工夫を感じました。
これは幕の内弁当であり「散漫だ一つに絞れ」と取るか「色々楽しめてお得だ」と取るかは人によって違うでしょう。

主人公も強い事は強いが人並みに悩みや欠点を抱えている辺り好感が持てます。
「暗いんだよ、DCユニバース出身かよ!」などと鬱展開に激怒する兄貴へ、おススメです!

★★★ Excellent!!!

ヒーローを題材にホームドラマ風のほのぼのとした物語…と、思いきや作者様の書く戦闘シーンは迫力もあってなかなかに読み応えがあり、かと思えばその途中にも現れるチープなネーミングセンスがなんとも言えない味になっています。
緩急のつけ方が面白く、気付けばあなたもクセになっているでしょう。

★★★ Excellent!!!

 「ニュートラル」と呼ばれる、感染者を超人へと変異させる病が出現して数十年。かつて、そんな激動の時代の中で――超人と人間が、手を取り合い生きて行ける世界を目指し、戦い続けた者がいた。
 その「悪魔」の血を引く次世代の「龍」――ドラゴンブリードが今、ヒーローとしての産声を上げる。果たして彼は、父を超える英雄になり得るのか。

 ムネミツ先生が手掛ける、カクヨムヒーロー大戦参加作「デーモンブリード」から15年後の世界を描いた、新世代のヒーロー小説です!(^^)
 悪魔と龍の遺伝子を継ぐ、新たなる伝説の幕開けとなる本作を、ぜひご一読ください!٩( 'ω' )و