課金ガチャアイテムだけで生き抜く!異世界生活‼︎

@nekomasshigura007

第1話

2015年12月…


 俺は暗い部屋の中で、必死にカーソルを動かし、キーボードのF2を連打する。

 ショートカットに登録したアイテム達が消費されていくが、俺は全く気にしない。

 アイテムなら腐る程あるんだから…



「ついにこの世界も終わりか…」

 呟いて寂しさが押し寄せる。

 でも、俺が最後を決める事が出来る。

 と言う、その一点だけは


 俺は、俺を誇ってやりたいです‼︎泣


 周りで一緒に戦うNPC達に、「おまいらもご苦労様だったぞ!」と、チャットを打ってもみても…当然返事は無い。



 …わかってる。


 ……わかってるさ!



 どーせ、現実世界同様、俺は負け組。

 お一人様だよ。



 俺が輝いていたのは、小ニの秋までだった…

 運動会の前日練習で、武田が言った一言。


 …そう


「お前デブいな!」


 この一言で、俺の人生はオワタ…



 翌日から俺のアダ名は「デブ」で定着し、目立たないようにしていても、何かと絡まれるようになった。



 …何とか中学に上がっても、周りの人間に絡まれる事を避ける為、俺はさらに内向的になり…また太った!


  そう、そして…

 そして、ついたアダ名が!


「エアデブ」


 ……だった……


 エアジョー○ンみたいに言ってんじゃねーよ!

 くそっ…


 …くそっ。




 それでも、通信で高卒の資格を得た俺は…


 …どうしたと思う?

 引きこもり?

 ノンノン!


 工場で週6勤務さ!



 …もちろん、工場内でも一言も喋らんがな。




 そして、そこで稼いだ金はエ○ゲとネトゲの廃課金生活に消えて行った…


 特にハマった、今プレイしている、

 AAOアースアートオンラインと呼ばれている、このゲームは5年位続けたし、

【漆黒の双剣】

 とか呼ばれて有名だった…楽しかったんだ。


 ゲーム性だって、動くのはベタなポリゴンだったけど、キャラの詳細画面では、顔のグラフィックや装備してる服装なんかの姿も見れた。


 ジョブと呼ばれるキャラの特性を分ける種類も15種あり、組み合わせ次第では色々な性能のキャラを作成可能だったし、魔法やスキルもジョブによって習得できる物が違ったりして、wikiと睨めっこしながらルートを決めたもんだ。


 もちろんオンラインゲームだから、他の人間プレイヤーとも絡みが…少しだけどあったし、クエストや狩りでパーティを組む事も…少しはあった!


 ただ、この一年位で…プレイヤー数は減る一方だった。

 そして…ついに、運営が暴走した!




 それは…


 最後のボスを倒したら終了!


 …だ。



 まだ、その頃は猛者プレイヤーもいたから、我こそわ!と挑む者も確かに多かった…


 だけど…誰もなし得なかった。



 …無理ゲーと言われ、何人が「クソ運営爆発し…」なんて罵声を叫びながら辞めていった事か…


 …あの頃のワールドチャットはヤバかったね。



 …だけど

 ……だけど、俺は挑んだ!挑み続けた‼︎



 何度も死んで、傾向と対策を練り、装備を揃え、必要な仲間キャラを作成し…そう。

 このゲームは、自分でNPCと呼ばれる、自動で動く仲間を作れたんだ!

 だから、基本ソロプレイの俺でも楽しく遊べた…



 だけどそれも…ついに、ついに今…

 終わりの時を告げようとしている。



 俺が…俺が、このゲームの終止符を打つんだ!


 ちくしょう、涙でマウスが滑るぜ。

 …もうボスのHPは、残っているのかすら分からないくらいしか無い。




 あぁー、このゲームに幾ら突っ込んだかなぁ…

 500マソは逝ってるよなぁ…はぁ〜



 …カチカチ

 ……カチカチカチカチ…カチッ!


 ついに…最後の一撃が決まる。


「うぉぉぉおお!」

 と、ボスが無駄に叫び声を上げて消えていく。


 …虚しい。

 はぁ…ただ虚しい。



 PCディスプレイの画面上部には、アナウンスが流れ始める。



 ーー皆様にお知らせですーー


 ーー只今、当ゲームの最終ボス グランドラゴンが討伐されましたーー


 ーー大変、残念ではありますがーー


 ーー当ゲームは、今の時間を持ちましてーー


 ーー終了となります。ーー


 ーー長らくのご愛顧、ありがとうございましたーー




 ワールドチャット上を埋め尽くす罵詈雑言と、運営からの、人をおちょくってるとしか思えないメッセージが響き渡り、一つの歴史が終わりを迎える…





 ……終わった。


 明日から、どのゲームに無駄金を突っ込めば良いと言うのか…


 そう思い、ログアウトされるであろう画面を見つめ続けていると…

 突然チャットウィンドウにログが流れ出した!


「我を倒せし者よ…貴様の望み、一つ叶えてやろう!」


 運営じゃない?…俺のチャットにだけか?

 メッセージは赤色の文字……って事は、敵?

 近くの敵って…さっきのグランドドラゴン⁈



 多少、演出に驚きはしたけど、俺は鼻で笑いながら、チャットを返す。


「じゃあ、俺をゲームの世界に転生させて、ハーレム無双させてくれ!」


 となっ。

 …はっ!何が望みだよ、本当に趣味が悪い。



「…よかろう、だが、叶える望みは一つだけ。貴様をこの世界に転生させようぞ!」



「…はっ?」


 返信があった事に驚いて、もう一度、画面を見直した瞬間…ディスプレイがフラッシュした!




 …

 ……

 そう思ったら…見たことないような、あるような、遺跡のような場所に一人で座っていた。




「えっ?あらなにコレ……?どっきり……」

 しょうもない事を言っても、何も返ってこない。


 どーせ、いつもと変わらない、当たり前の日常…

 いつもと同じ朝が…って、んな訳あるかっ!



 い、いやいや…

 ここはさっき戦ってた遺跡でしょ?そうでしょパパん⁈


 と、という事は?

 …そうゆう事かぁ⁉︎

「てこたぁー、マジで転生ライフ楽しめんのかー!!」

 おぉ!キタ、キタキターぁあ!

 ふぁいとーいーっぱーつ!



 しかもこの声、この体!この感じは、小学生暗いに…いや違う、位にまで戻ってるのか?



 俺は自分の身体を見ながら考える。

 …この展開だと、今までを悔い改めて真人間になって良い事したり、凄いチートな力が溢れて無双しまくりとか?

 鈍感主人になって、エロハプニング乱発しまくりとかぁ⁈



 …いや、

 ……いやいや、


 いや、落ち着け俺!


 これはチャンス、本当にチャンスだ。

 俺だって、ステキな青春送りたかった!


 クジで、俺の席の隣は罰ゲーム!とか、そんな扱い受けるとか、もう嫌なんだ!


 だから…だから、やってみても良いのかな?


 やり直し。

 …転生人生ってやつを!





 …俺は決意する。

 今までの俺は死んだ。


 そしてこれからは【漆黒の双剣】として生きるんだ!

 大丈夫、ゲームの知識は死ぬ程あるから、すぐにカンストしてチート使いになれる!


 そして夢のハーレム……


 いや、焦るのは良くない。

 ……まずは、少しだけ真人間になる努力から始めてみるか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます