光の示す道の先―②―

 カラスマの途切れ途切れの言葉に、サキは反応を一つも見せない。


 ただ、冬梅雨明けの陽光を受け取った黒真珠が、言葉を見つけかねて喘ぐカラスマを、無慈悲に映している。


 解放を祝う行事の席からのざわめきが、壇上の下から上がり始めた。


 カラスマは五人の登壇という予測しなかった出来事に、上がる心拍数を落ち着かせながら、


「今回のパレードに、もちろん加わって頂く、五人の英雄の方です……」


が抜けていますよ?」


 留まるところを知らない、カラスマの心拍数が音を立てて、止まった。


 銀甲冑の男――ナオト=ハシモトが、ロック達に並ぶ。


カラスマは、六人に、息を整えながら、


「……驚きました。だと聞きましたが――」


 ロック達の体は、傷一つ見えなかった。ナノマシン:”リア・ファイル”の回復によるものだが、その際に命熱波アナーシュト・ベハの力を使う為、体から熱力量を奪い取る。


 その為、動けなくなるはずだが、


「サミュエル以外どうでも良いけど、経過を見たら、微熱すらも無く、問題無かったよ!」


 桃色トレーナーの少女――シャロン――が、カラスマの言葉を遮った。


調べごとをしていてね」


 苔色外套の優男――ブルースは一歩出て、口の端を釣り上げた笑みを作る。


「どうやら、あなたにパレードを任せることは出来そうにないわね……オチパンチラインが付く前に、が底を突くわ」


 ミカエラ=クライヴが冷たい言葉を、カラスマの背後から投げ掛ける。


 彼女の女の溜息と共に、参加者の携帯通話端末の音が会場を覆った。


 参加者がそれぞれに目を向けると、陽光に照らされた顔が青く染まる。


 聴衆から向けられた青い視線にカラスマは絡めとられ、足をその場に縫い付けられた様に棒立ちとなった。


桃色トレーナーのシャロンと右手にサキが、カラスマの前に躍り出る。


 サキは左手、シャロンは右手を結んで、腕の橋を作った。


二人から暗闇が広がり、雨の模様が会場を包むと、


『一層のこと、五輪キャンプと同じ、対”ウィッカー・マン”専用キャンプでも作らせましょうか……の前には、が必要ですから。ベターデイズにも働いてもらわないといけませんね』


 ベランダ越しの二人の女性が映る風景が、会場のど真ん中で大音量と共に流れた。


 内容は、カラスマとサロメの、グランヴィル・ストリートでの自宅の会話。


 取られていたのか、で、紅いドレスのサロメの背とそれを迎える、白の甲冑を纏ったカラスマが撮影されていた。

 

 サロメと共に訪れた”ウィッカー・マン”から撮影されたものと気づき、会場内を覆う自分に眩暈を覚え、左に足を動かす。


「あなたについて興味深い資料が提供されています」


 赤毛に革ジャケットと群青のデニムを纏った女性が、思わぬ暴露で千鳥足のカラスマの道に立ち塞がった。


革ジャケットの女性の右手の紙封筒には、


「復興計画に格好を付けて、高級コンドミニアムをイーストヘイスティングに建築、そして再開発しようとしているそうですね?」


彼女の一言と共に、雨の密会の風景から、現バンクーバー市政を担うアンドレ=リーとの黄金色の繋がりが、海を臨む壇上と観覧席に広がった。


 裏帳簿、電話内容の書き写しに加え、文字列がコール・ハーバーで踊り出す。


 更には、人物の写真も空中で大きく映し出された。


「しかも、バンクーバー市長のアンドレ=リーも次の選挙及び、投資移民に課された税の制限撤廃に肯定的です」


 文字列は名前となり、写真と結びつく。


 カラスマが振り返ると、後ろに座っていたアンドレ=リーが、椅子を倒して後退った。


 現市長の政治活動を支える、政治資金の提供者のリストの映像が、コール・ハーバーの一角を占める。


 大手建築会社、不動産会社、貸金業者に、バンクーバーの移民裏社会に通じる前線企業や労働組合の名前も書かれていた。


“オラクル語学学校”のカラスマも、当然含まれている。


 しかも、それらの資金が”ベターデイズ”を通して、資金洗浄を受けていたことが示されていた。


「誰が……こんな……」


 戸惑うカラスマに、


山猫ウィズ・ザ・遠吠えグロウル共に・オブ・ア・ワイルドキャット使者たちは一迅の風ザ・ライダーズ・シャル・運ばんブリング・ア・ハウリング・ウィンド!』

 

 電子変換された声が、周囲に轟く。


男か女か定かでなければ、声の主が一人か複数かも判別できない声が会場を包みこんだ。


カラスマは茫然としながら、聴衆が大型受像機に目を奪われている様を垣間見る。


 二つの受像機には、が映し出され、洋上にも電影で浮かぶ塔がもう一つ建った。


望楼より滅びを刮目せよオール・アロング・ザ・ウォッチタワー!』


 電子音声が、鬨の声と言わんばかりに、小演台から広がった。


「サマナーからの伝言。”望楼ヴェルヴェデーレ”は、”ウィッカー・マン”と手を組み、”ワールド・シェパード社”を我々に嗾けた、カラスマと彼女の”オラクル語学学校”とサロメの所属する”ホステル”を糾弾する!」


 飴色のジャケットの青年が言葉と共に、カラスマの目前で立つ。


「カラスマ校長……”望楼ヴェルヴェデーレ”から直に聞かされたわ。彼らに、TPTP基本法を抵触した覚えはなく……ただ、だけだと」


 後ろからのミカエラの眼光が、銃口の様に見えた。


――話と違い過ぎるわ!?


 市街を分ける”壁”の向こうの”ウィッカー・マン”に二人が触れていた情報を、サロメはハティに流した。


また、彼女のが秘密裏に得た情報も、カイルに渡したことも確認済みである。


 ”鬼火”ヘンリー=ケネス=リチャーズも、アメリカの関係者と共にサロメが、送り付けた。


 対応に苦慮するナオトを追いこむ為に、全勢力が団結している筈だった。


 だが、そう思考してカラスマは、絶句する。


 カイル=ウィリアムスは、”UNTOLD”の根絶を訴える急先鋒。


しかも、今まで機密にしていた”蹄鉄”という人型歩行戦車を、市街で使うことに程だ。


 発言力を高める者は、組織の勢いを増させるが、誤った方向に傾けば、代償にも早く招く。


 ミカエラの方針は、”UNTOLD”の根絶だが、としてはを優先せざるを得ない。


 近い将来、を巡り、衝突することは目に見えていた。


「なるほど……に、サロメを通して”ハティ”を引っ掻き回し、カイル=ウィリアムスを焚きつけた、ということ……でしょ?」


 目の端を釣り上げ、カラスマを蔑むミカエラ。


ミカエラの奥にある眼光は、解を見つけ、ほくそ笑んでいた。


――まさか……ミカエラが動かなかったのは……!?

 

に、タカ派のカイル=ウィリアムスの粛清を目論んでいたからだ。ついでに言うと、カイルと繋がりのある”ハティ”の急先鋒も片付ける為に、泳がせていたのだ。


 カイル達”ワールド・シェパード社”の強硬派が、ロック達と激突すれば、殺されはしないが


その上、秘密兵器を使ったものだから、その失敗の糾弾を弱みとして、強硬派を黙らせることも出来る。


 ”ワールド・シェパード社”の社長の、深く計り知れない策謀の眼差しに困惑しているカラスマの横で、銀騎士ナオトが詰め寄った。


「しかも”ウィッカー・マン”を仮想敵に仕立て、市民と移民の不和を解消させる為に、ロック=ハイロウズと、我が社の研修を受けているサキ=カワカミさんも、殺そうとしましたね!」


『それに、イーストヘイスティング通りストリートから逃れたホームレス達――加えて、も使わせて頂こうかしら。スムーズになるわね。紅い外套の守護者クリムゾン・コート・クルセイドという存在――も有効に使わないと』


 カラスマの録音された音声は、雨の夜のサロメとの密会の場面のものだ。


 それが流された時、カラスマは思わず、ロックとサキに目を向ける。


 サキの表情に感情が失せていたが、隣のロックは、された時とはを彼女から感じ取っている様だった。


「確かに私たちは、”ウィッカー・マン”を倒すことを念頭に置いているわ」


 灰色のパンツスーツのミカエラが立ち上がり、ロック達とカラスマの間に入り、


「私たちがと呼ばれるのは、甘んじて受けるわ。しかし、報酬無くしてまで処理をしろと言われる筋合いはないわ……増して、に宿を世話してもらう程、落ちぶれていないわ!」


――どの口が、そう言うの!?


 心が叫びたがったが、周囲の重圧にカラスマは立ったまま、口を開けることしか出来なかった。


ナオトはカラスマの居た集声機に立ち、


「我々”ワールド・シェパード社”は、”ブライトン・ロック社”との技術協力を行う契約を締結。同時に、オラクル語学学校との協力関係を見直します!」


 ナオトの言葉と目線を受け取ったのは、白金の髪に、首に羽毛の付いたジャケットの少女――”ブライトン・ロック社”社長のエリザベス=ガブリエル=マックスウェルだった。


銀騎士と入れ替わる様に、白金の少女は、


「我が社は、まず、規格——品質水準――を、”ワールド・シェパード社”へ段階的に提供する。そして、開発が出来る環境へ移行させることを同意した。この成果を、TPTP締結国に順次普及させていく」


そういえば、カラスマは兵器産業で、ある一社の唱えた基準が、産業構造を変えたことを思い出した。それが、911が起きる前の21世紀の転換期に行われたことも。


「私たちは、このことを””が、今回の出来事は”ワールド・シェパード社”にとっても有益な一歩となるでしょう。ナオト=ハシモト専務の働きについてでは成果と言えます」


 ミカエラの言葉に、カラスマは驚いた。


 あの、”グランヴィル・アイランドの集い”の時点で、協力関係は既に決まっていたのだ。


 しかし、タカ派のカイル=ウィリアムスは、当然反発する。


それを念頭に置いて、ロック達をワールド・シェパード社の強硬派と衝突させた。


 リリスやサロメが、カラスマの背に隠れが、この協力関係は絶好の口実を作る。


のものとして、これ程のものはない。


 サロメは、知っていたのだ。


、良し。


失敗すれば切り捨てる。ちょうど、自分がと同じ様に。


言葉を失ったカラスマに向け、集声機の前で苔色外套を着たブルースがミカエラを差し置いて、


「ついでに言えば、TPTP基本法違反は、”ブライトン・ロック社”に所属する身としては、大変不本意な謂れである。”ワールド・シェパード社”と敵対する理由は、バンクーバー市については、のを黙っていない」


「奇遇ね……私たちも、はあるけど、様な場所は、論外。”ワールド・シェパード社”は”オラクル語学学校”及び、協力関係にある法人の、TPTP基本法違反、同協力法違反で訴えます。捜査に、協力は惜しまないわ……徹底的にやるから、覚悟することね!」


 灰色のパンツスーツのミカエラからの言葉は、カラスマの死刑宣告にして断頭台の刃だった。


 余りにも唐突に決まった自らの末路の滑稽さに、カラスマの全身が震える。


 焦げ茶色の髪を刈り上げた市警の男――名前と階級は、レイナーズ警部と書かれている――が、制服警官たちを連れて、彼女を取り囲んだ。


「失礼……失踪として届けられた、貴女のが発見されたという報を、受けました。ので、署まで御同行を願えませんか?」


 レイナーズの淀みない口調に、カラスマは体から熱気が全て、抜けた様に思った。


 制服警官たちの多対の眼に映る、白い装甲を纏ったカラスマ。


 マリー=アントワネットが、仏革命時に死刑判決を受けた衝撃で、白髪になった逸話がある。


科学的に疑問の余地を多く残すが、髪の毛の色素は、外側の角皮キューティクルに覆われた毛皮質コルテックスメデュラに含まれる気泡の量で決まる。


気泡が少なければ、色素は光を受けて濃く出る。だが、心的疲労が強ければ、気泡の量が増す。


その結果、メデュラは光を反射させるので、頭髪をというのが、正しい。


 周囲の眼に映る自分の黒髪が、身に纏う装甲と同じくカラスマの髪が染まった様に見えた。


 彼女はそれを目にすると、口が裂けた様に広がり、瞼の筋肉が千切れんばかりに眼をこじ開けた。


 情報過多と社会的地位の急激な変動による、錯乱。それによって作られた狂気の笑みが、彼女を取り囲む人間たちの眼に焼き付けられる。


 装甲だけで、武器を持たないカラスマの様子に、レイナーズは周囲に下がるよう一喝。


 カラスマは両手を振り回しながら、バラード湾とコール・ハーバーに挟まれる手摺に向かって走った。


「私はこんなところで終わるはずじゃなかった!」


 追い詰められた野良犬の様に、迫ってきた警官たちに向かい、吼えた。


「ワーホリやら留学しても結局、日本人たちの世話に追われ、移民や子供からも見下されるなんて、耐えられない!!」


 ロックが紅い外套を翻しながら躍り出、ブルースとサミュエルは、エリザベスとミカエラを、カラスマから引き離した。


「人類の為には”力”が必要だったのよ!! 日本ためにもね!! 私を女と見て、見下して裏切ってきた奴らを見返すには、サロメが必要だったのよ!!」


 海を背に、犬歯を剥き出しながら、恫喝するカラスマの口から、唾と微かな血が、周囲に飛び散る。


自分でも分からないが、勢い任せに喋って、口腔内を切ったのだろう。


彼女の理性は、驚くほど冷静に働いていた。


「”ブライトン・ロック社”とナオト……“UNTOLD”の力を借りようとしたのは、”ワールド・シェパード社”も同じ。なのに、私と……と……何の違いがあるのよ!?」


「ありますよ」


 白い装甲を纏い武器の有無が分からずに、カラスマと距離を置くロック達の先に出る人間がいた。


それは、サキ=カワカミ。


 カラスマと同じ白い装甲を纏ったサキの顔が、カラスマの目の前に立ち、


です。……私を!」


 サキの顔は、陽光で見えない。


 その影に隠れる前に、サキの右手にに気付く。


と描写した時、カラスマの体は、からによって宙へ打ち上げられていた。


彼女の視界に広がるのは、雲一つない大空。


――そういえば……。


 カラスマは思い出した。


 演説をしていた時に、眩しさを覚えた光。


 初めてバンクーバーの地を踏んだ時に、浴びた日光を思い出したからだ。


 懐かしさを呼び起こした彼女を、重力の軛が、再び捕える。


――そういえば、カワカミさん……初めてのバンクーバーの空……どう映っていたのかしら?


 考えたのは、自分がバラード湾で大きな水飛沫を立てた後だった。


 波を打つ音、潮の匂いに水の冷たさが、彼女の体を包み込む。


 湾上に停泊されていた、海上警備隊の船が、飛沫を上げながらこちらに向かってきた。


 隊員たちに抱えられ、沖から陸地に運ばれていく。


心に残った”サキへの問い”の答えを得ること無いまま、カラスマの意識は暗転した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます