流転―④―

 だが、喜びと悦楽に染まっていたリリスは、月白色の目玉を入れた瞼が、大きく開く。


 デュラハンの中にいた偉丈夫が、リリスの首を掴んだからだ。


 アンティパスの依代だった、短髪の偉丈夫から、赤黒い炎が滲み出る。


デュラハンの割れた胸から赤と青の奔流を浴びながら、はリリスに力強い抱擁を返した。


 赤と青の光で熱せられた窯に、偉丈夫が入れ替わりに、リリスを押し込む。


 リリスと入れ替わり、外に背を向けた偉丈夫の眼が、茫然と立ち尽くすロックを映した。


 彼の視線に、ロックはを覚えると、鼻を鳴らす。


「リリス……テメェ、俺とファンを”救世の剣”にぶち込んだことがあったな」


 偉丈夫の右腕にリリスの喉を圧し潰されながら、語り掛けるロックを見下ろす。


彼の言葉を聞いて、リリスは驚愕で藻掻き、足掻いた。


口から何かを出そうとするが、男の右手がリリスの喉を塞いでいるので、言葉を紡げない。


「”救世の剣”のエネルギーを使って、俺の命熱波アナーシュト・ベハを元に、俺の体を作り替えようとした。ファンもテメェの体にして、俺たちを作り替えた際に出るエネルギーを使って、世界も滅ぼそうとした」


リリスは””のを取り出すには、ロックの”ブラック・クイーン”のナノマシンと適合するが必要――つまり、ファンだった。


「ファンは、何故か知らないが……作られた。遺伝情報は、俺やサミュエルと似通るところは、無かった」


 高出力の熱力に晒されながら、リリスは偉丈夫の腕から逃れるために、上体を揺らした。目は見開きながら、ロックを見下ろしている。


「それにも関わらず、俺の命熱波アナーシュト・ベハを構成する”リア・ファイル”と、命導巧ウェイル・ベオの所有者の記憶と適合するファンは、とにかくテメェの


ロックの目の前で、リリスの求める男のは、大型”ウィッカー・マン”の窯から放たれる熱で、壊れていく。


「しかし、ファンは、俺を助ける為に、その融合に発せられた、莫大なエネルギーを逆流させ、”救世の剣”を爆破させた」


ファンの肉体に入っていたリリスは、当然無傷で済む訳が無い。


「事実、俺も……その巻き添えで、死んだ!」


逆流させる為にファンを貫いたロックも、その時の熱入出量に耐えられなかった。


ワイルド・ハント事件の時、ファンは肉体を失いながらも、命熱波アナーシュト・ベハとなり、ロックの肉体の再構成を行った。


命熱波アナーシュト・ベハになると言うことは、“ナノマシン:リア・ファイル”として、に含まれることを意味する。


時間を掛け、ロックはその身に、ファンを、宿すことになった。


「ファンは、俺の”ブラック・クイーン”を通して、体内電気の回路も複製し、俺を再生させた」


ファンにとって、ロックの命熱波アナーシュト・ベハなんて、訳がない。


「テメェが俺から得た命熱波アナーシュト・ベハは、俺の”……”なんだよ!!」


 魂として、人を操り運命を翻弄する魔性――リリス。


だが、ロックの中にある、彼女を分けた魂の性質までは、皮肉にも見抜けなかったのだ。

 

 リリスを抑えつける偉丈夫は右腕だけを残し、やがてそれも天の一部に含まれていく。


 その中に潜んでいた赤黒い炎が、アンティパスの依代だった男の場所に留まると、ロックの体に向かってきた。


 壊れた赤黒い鎧が、ロックの周囲で輝いて、粒子を撒き散らして消える。


 ロックは、大型”ウィッカー・マン”の恒星に目を向けた。


 月白色の魔性――リリス――の入っているサキの肉体には傷一つも付いていない。だが、三日月の様な瞳が、肩呼吸で開閉している口と同じ位、両瞼が開かれていた。


 巨大人型”ウィッカー・マン”の足元が不意に蠢く。


 ”リア・ファイル”と青白い命熱波アナーシュト・ベハを差し出していた”ウィッカー・マン”が、白銀の流動物と化した。


 白銀の流れが二つに分かれ、一方が津波としてロックに向かう。


 やがて、小波群が”クァトロ”となり、大きなうねりが”ガンビー”を作った。


 ロックは、翼剣を振るい”クァトロ”の胸部を、”ガンビー”に向けて吹っ飛ばす。


 ”四つん這い”に視界を覆われた”ガンビー”に向け、紅い外套を翻しながら、跳躍。

 

 翼剣を背中から振り下ろして、”ガンビー”の頭部を”クァトロ”の胴体諸共、縦に両断した。


 銀鏡の大猩々と”四つん這い”の背後に、ロックは銀色の水溜りが揺れているのを見つける。


 水溜りが奔流となり、扁桃頭の人型――”フル・フロンタル”――が飛び出してきた。


 その数、三体。


 ロックは、一体の扁桃頭の額から上を、胴体から切り離す。


二体目と三体目は、胴を左右それぞれに、薙いだ。


 飛び交う、扁桃頭の胴体や”四つん這い”の四肢。


 それらを吹き飛ばす突風が、ロックの紅い外套を撫でた。


 ロックは”ブラック・クイーン”の護拳を左手に持ち替え、二発目の突風を弾きながら左横に躱す。


突風の担い手に向け、


「流行り事やお洒落には疎いが、は流石にあり得ないぜ……サロメ」


 赤い唾帽子とドレスを着た象牙眼の女の右腕が、大きく肥大している。


 その大きさは、程の大きさ――”ガンビー”のそれだった。


「浅慮ですね。見た目だけで……私がそれを選ぶと思いますか?」


 サロメは象牙眼を蛇の瞳孔の様に、小さくさせながら、年輪を重ねた木の幹の様な右腕をロックに向けて撓らせた。


 鞭のように撓った右の剛腕から、”クァトロ”の両顎が飛び出す。


 陰電子の牙がロックの胸を掠り、青白い光に色彩を奪われて黒くなった血を浴びた。


「通販番組の多機能ナイフ並みに、器用貧乏な攻撃だな」


 ロックは吐き捨てながら、サロメを探す。


 赤いドレスの象牙眼の魔女は、既に彼の視界に拾える場所から姿が消え――否、姿


『サロメが立っている』とには、が生えている。


首なし”クァトロ”の胴体の上には、紅いドレスのサロメの胴体が聳え立っていた。”ガンビー”の右腕が、騎乗槍ランスの様に、ロックに向けて切っ先を向けている。


その姿は、伝説に登場する人馬ケンタウロス


 サロメの胴を生やした”クァトロ”の足元では、”フル・フロンタル”が潰され、一体一体を”クァトロ”の四肢の蹄に刷り込んでいった。


「機能性と共に、目を引く外見のサロメです」


「もう……言葉も出ねぇな」


 ”フル・フロンタル”で作られた四足で、大地を踏みにじりながら、サロメは血を吐き捨てたロックに向かう。


「サロメ、ロック=ハイロウズを捕まえろ。この灼熱で以て、命熱波アナーシュト・ベハを引きずり出してやる!!」


 リリスの声が雨天に響くと、バラード湾から大きな瀝青色の波が蠢く。


 リリスの入った、60メートルの大型”ウィッカー・マン”が、一歩を踏み出したからだ。


 一歩から作られた津波に呑まれながらも、サロメの一部になり損ねた”ウィッカー・マン”は、青白い光を送り続ける。


 光がまるで、巨人を縛る鎖の様に四肢に纏わりついていた。


 光と瀝青に染まった波が立ち上がり、バラード湾に面した廃工場を覆う。


廃工場を呑み込んだ津波が、ロックと”ウィッカー・マン”にも襲いかかった。


 大水に流されながら、ロックは、サロメの放った”ガンビー”の右腕から逃れる。


足元を波に取られる紅い外套の戦士に向け、象牙眼の魔女は”クァトロ”の下半身で波に乗り追撃。


ロックは流れた”ガンビー”の背に乗り、右足を叩きつけて飛んだ。


“クァトロ”の胴体を波の下にしながら、サロメはロックに向け、”ガンビー”の幹の様な右腕を突き出す。


ロックは”頂き砕く一振りクルーン・セーイディフ”を振りかざし、銀色の大猩々の拳の上から叩きつけた。


頂き砕く一振りクルーン・セーイディフ”の強化された攻撃が、サロメから隆起した銀腕を散らす。


だが、”フル・フロンタル”もサロメの四本の脚部から、迸って飛び出した。扁桃の人形は、流される”ウィッカー・マン”をサロメの胴体が取り込みながら、瀝青の海を白銀に変える。


ロックの紅い外套を同色に染めんと、白銀の流体が覆った。


白銀の海に足を取られたロックに、水面から人間の上半身を残したサロメが迫る。


 散らばった”ウィッカー・マン”を呑み込みながら大きくなる、人馬のサロメの背後で、青白い太陽が照り出した。


太陽は、巨大な”ウィッカー・マン”の胸部で怒りと笑みの混ざったリリスから放たれている。


月白色の太陽は、まるで異界からの夜明けを表しているようだった。


東洋の、生を奪う黄泉路の淑女を思わせる、死の光。


 だが、リリスの駆る巨大”ウィッカー・マン”は、この世にある全ての生命力を奪わん獰猛な熱源であるにも関わらず、海から地上への一歩を踏み出せなかった。


 青白い光とは別の、閃光と轟音が巨大”ウィッカー・マン”の歩みを奪う。


 ”ウィッカー・マン”を取り込み、騎兵と化したサロメの”四つん這い”から生やした胴体は背後を見る間も与えられなかった。


多条の光が、サロメの腰から下の”四つん這い”を貫く。


ロックは巨大な人型”ウィッカー・マン”と、銀鏡の人馬ケンタウロスと化したサロメを貫いた光源を探した。


バラード湾を臨む廃工場の屋根に、人影を見つける。


青白い”ウィッカー・マン”からの光が、犬耳の輪郭を浮かび上がらせた。


その陰影に戸惑う間もなく、今度はロックの耳朶に震えた空気が伝わる。


ナノマシン同士が衝突をした目を貫く光ではなく、際に出る、燃焼反応の火花が青白い光の幕で咲いた。


 犬耳の陰影から放たれる無数の電子励起銃と、”ウィッカー・マン”に効果があるとは思えない、突撃銃の弾幕も、銀鏡と青白に染まりきった夜の帳を駆け抜ける。


「皆、撃ちまくれ! TPTP関連法なんて気にするな!」


 その担い手の側に立つ、焦げ茶色の髪の男はバンクーバー市警の印の入ったジャケットを纏っている。彼の傍には、樹脂製の防御兜を纏い同じ腕章を付けた人影が多数。


暗がりで、性は愚か、外見も不明。


しかし、彼らの手にした軽機関銃と突撃銃が、波に打ち上げられたばかりの”クァトロ”に火を吹いた。


装甲は貫かれなかったが、足元の流れに足を取られ、硝煙反応から放たれた銃撃によって、海に押し戻される。


「レイナード警部、”四つん這い”の”ウィッカー・マン:クァトロ”は、左胸部を狙って撃つんだ!」


 ロックの聞き覚えのある声――ナオト――からの号令で、焦げ茶色の髪のレイナードと呼ばれた警察関係者は、半自動装填式拳銃で”銀色の四つん這い”に狙いを定める。


 バンクーバー市警から放たれた銃弾が一斉に、立ち直した”クァトロ”の群れの移動を押し留めた。


 警官たちの銃撃の背後から、電子励起銃の陰電子放射で滑走した弾丸が、”クァトロ”を海に押し戻す。


 激痛を表しているのか、”四つん這い”達は、両咢を大きく開けて、雲が晴れたら見えるであろう月に向けて吼えた。


 犬耳兜の兵士と警官たちが駆け付け、ロックを背に、各々の得物の威力を奮う。


「ロック、無事か!?」


 銀色の甲冑の日本人が振り返りながら、尋ねた。


「ナオト……その言葉遣い、ブルース達に聞かせてやりたい」


 訝し気にしている銀色の甲冑の横に、もう一人男が立つ。


 焦げ茶色の髪が特徴的な警部で、胸の名前には”レイナーズ”と書かれていた。


深紅の外套の守護者クリムゾン・コート・クルセイド……ナオトさんより、話は伺っています。バンクーバーの危機を乗り越える手伝いをさせて下さい」


 焦げ茶色の男の頼みに、声を上げようとした。


 ”ウィッカー・マン”の殺傷力として彼らの手持ちでは、不十分と言おうとしたが、


「図体のでかい”ガンビー”は、真ん中を狙って。”フル・フロンタル”は、全身が凶器だから好きなようにして!」


 少女の声がすると、ロックの前に降り立った。


「シャロン……どういうことだ!?」


 水と白の三角帽の少女に、ロックは食って掛からんとするが、


「ロック、アンタはサキを助けたいんでしょ。皆が道を作るから、リリスにぶちかましてやって。から、早く!!」


シャロンに促された方角に目を向けると、海に足を付けたまま動かない、巨大”ウィッカー・マン”が佇んでいる。


リリスは、険しい顔付きで闖入者たちを、巨大“ウィッカー・マン”の心臓部から見下ろしていた。


「リリス、貴女は早く――!?」


 ロックの前に立ち塞がったサロメの口を、電子励起銃が塞ぐ。


 それを号砲に、銃撃が一斉にサロメと、巨大”ウィッカー・マン”の心臓部に向かった。


 ”ウィッカー・マン”がサロメを守る為に、囲い始める。


「ロックを行かせてはならない、絶対に!!」


 黄金と翡翠の光が、怒りと困惑に染まるサロメに降りかかる。


「おい、サロメ……あれだけ”燔祭”と言っておいて、か?」


「兄さんを振り回して、シャロンも足蹴にして……。サロメ、”燔祭”用に、?」


 ブルースとサミュエルが、人馬と化したサロメに飛び掛かる。


 サロメを守る様に、”クァトロ”の波が、苔色と飴色の二戦士を迎え撃つ。


しかし、その波に乗る、紅いトレーナーの少女の滑輪板が、掻き分けた。


 シャロンに踏みつけられた”クァトロ”に、電子励起銃と銃弾が撃ち込まれる。

 ”ウィッカー・マン”が視界から消えた道を、ロックは走り出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます