姦計―⑥―

 リリスに煽られたアンティパスを止めるために、ロックは”ブラック・クイーン”の護拳を右手から突き出した。


「そうはいきませんよ……ロック=ハイロウズ?」


 背後から生暖かい呟きと吐息を感じると、二対の象牙色と石榴色を一つ付けた生首がロックの左にあった。


「サロメ……!?」


 ロックは、右手の翼剣を振りかぶる。だが、右腕が動かない。


それどころか、首の圧迫感と胴と残りの体の節々への締め付けが強まり、ロックの四肢に掛かる力の流れを遮った。


 羊の角のが、ロックに羽交い絞めを仕掛けている。


サロメの首は、仕上げにロックの喉に巻き付きながら、


「塵は塵に、灰は灰に。ゴミは……燃えるゴミだろうが、燃えて……消えて」

 

サロメの歌う前で、アンティパスがリリスに飛び掛かった。


 ストーン・コールド・クレイジーの刀身が、夜輝く月の魔性へ雨と共に降り注ぐ。


 剣の先端を飾る翼魔の嘴は、を斬った。


 アンティパスは空かさず、白黒二色の羽衣に体を乗せるリリスに向け、左腕の拳砲から混凝土弾を発射。

 

 羽衣がリリスの前に広がり、混凝土の塊は雨天の下で、爆発した。


 灰褐色の煙幕が、月白色の美貌と共に、アンティパスも覆う。リリスの高熱出力の光を放つ羽衣が、灰褐色と雨の中を縫った。


 白い羽衣が星屑の様に舞うと、黒い羽衣から放たれた閃光を照らす。


 星屑と化したフォトニック結晶に運ばれた、高出力の閃光が、灰褐色の霧を焼き尽くした。


 閃光が、ロックの眼を奪う。だが、リリスの視界も、同じ様に見えないことを意味していた。


 リリスの目の前に、アンティパスの姿は無い。だが、”ストーン・コールド・クレイジー”の槌の先端は、月の衛星の名を持つ女を背後から捉えた。


リリスの宝玉の様な後頭部に、アンティパスが刃を突き立てる寸前。


ロックの視界が乱れ、映像が流れ込む。

 

二人の男と一人の少女。


一人はアンティパスで、もう一人は……自分の命熱波アナーシュト・ベハの元となった男。


少女は、ライラだった。


彼女を恐れたアンティパスは、ライラを殺す為に武器――”ストーン・コールド・クレイジー”――を取る。


鉢金の男は、彼女を守るために、アンティパスを討つ。


だが、を鉢金の男は見た。


 三日月の様な目と口を作るリリスの嘲笑。それが、ライラから浮かんだところを。

 

が、リリスに振り下ろされる筈だったアンティパスの槌剣が映した。


 刹那、三日月の様に裂けたリリスの笑顔が


 槌剣を振りかぶったアンティパスの肉体にも広がり、閃光の繭を作った。


 その中で、アンティパスの肉体が収縮と弛緩を繰り返す。


灰褐色の戦士の両胸に、開いた大きな穴。


 リリスの二色の羽衣が背後から伸びた鋭利な光が、アンティパスを貫いた。


 栄華と滅亡を呼ぶ、光の繭。リリスの背からした刃が、アンティパスと共に切り裂いた。


屈強な肉体は四散し、となる。


 灰褐色の残り火が、リリスの周囲を流れた。


灰燼は、ロックも覆う。残り火は、周囲で蛍の様に輝き、雨に消えた。


「アンティパス……欧州やバンクーバーで得た魂を肉体に定着させて、あそこまで戦えるとは思わなんだ」


 リリスは下弦の月を、口で作る。


嘲笑に満ちた彼女の赤珊瑚の双眸と共に、”灰褐色の戦士”を焼いた双翼をロックに向けた。


「あんな下賎ではなく、なら、さぞかし……だろうな」


リリスの月白色の眼から放たれる蔑みに、ロックは命熱波アナーシュト・ベハを展開。


過去と未来に囚われない意思を、あの男が認めた。


この世界で生きる道を、彼もまた決めていた。

 

それを、過去に執着する目の前の、魔性――リリス――が踏みにじった。


 その怒りを、ロックは口から発露する愚を犯さない。


ただ、衝動と共に、剣から出たが、自らを縛るサロメの四肢を焼き切った。


 人形の柵から抜け、疾走はしる彼の目の前には、紅い唾帽子とお揃いのドレスを纏った女が立つ。


紅色を纏った象牙色の眼が、羊の護拳――”スウィート・サクリファイス”――を構える。


だが、その動きが止まった。


 赤いドレスを着たサロメ、背後にいるリリスに飛翔体が飛んで来る。


 ロックの前で、大地が抉り取られ、二つの火柱が立った。


晴れた火の霧の向こうで、サロメが目を見開く。


滑輪板を振りかぶったシャロン=ケイジの一撃が、リリスの寸前で止まる。


シャロンの打ち下ろした滑輪板を、リリスの前を覆う羽衣に遮られ、口を歪ませた。


サロメは紅いドレスを舞いながら、リリスの宙に浮かぶシャロンへ雄羊頭蓋の圏で迎撃。


それを阻んだのは、金色の軌跡――サミュエルの鎌だった。


「兄さん……取り敢えず、死んでない?」


 あんまりな問い掛けに、突っ込もうとするがロックは言葉に詰まる。


 弟の鎌の一撃を受け、下がるサロメも、目の前の闖入者に目を見開いた。


 ロックが見たのは、上空から降り立つ鉄の塊――蹄鉄”ラ・ファイエット”。


脚部が伸ばされた蹄鉄の甲羅から、硝煙と土煙を巻き上げながら、月白色の死神を踏みつぶさんとした。


 下弦の月を描いたリリスの口が、微かに動く。


阻まれたのではなく、汚らわしいものに視界を遮られた嫌悪感で、月白色の顔を歪ませた。


 リリスの黒い翼から、一筋の光線が放たれる。


鋼鉄蟹の胴体を両断した。乗り捨てられた人型戦車の欠片が、リリスの前に落ちた。


蹄鉄の操縦席の甲殻が割れ、緑の雷撃を翻った外套が翻った。


「シャロン、サミュエル。離れろ!」


 ブルースの一声の後、視界を奪う程の激しい緑雷が、リリスとサロメに落ちる。


 二振りのショーテルから雷撃を振り下ろされ、衝撃で大地は隆起。


砂煙だけでなく、雨と人型戦車の残骸も舞った。


 苔色の外套の戦士は、ロックの前に降り、


「ロック……死んでないようで、安心した」


「ブルースに、サミュエル。テメェら、『』生存確認してんじゃねぇよ、この馬鹿ッ!?」


 ブルースから出た言葉に、ロックは眩暈を堪えながら、叫んだ。


異議を唱えるロックを他所に、苔色の外套の男が右手から何かが放り投げられた。


飲み口の付いたプラスチック製の袋を受け取る。


“リア・ファイル”の入った回復水を確認し、ロックは飲み口のプラスチックを噛み切った。


一呑みすると、命熱波アナーシュト・ベハを使い過ぎて、熱くなった体が冷却していくのを、ロックは感じる。


 ロックが飲んだのを確認したブルースも、懐から回復水の袋を取り出し、一飲み。


「ロックが死んでいてくれた方が、私は安心する」


 空気を読んで、あらぬ方向へ持っていくシャロンの言葉をロックは無視して、空のプラスチック袋を放り捨てた。


「でも、兄さん……が、が安心できない、を忘れていない?」


 ブルースからロックの口にしたものと同じ、プラスチック容器が二つ放られた。


サミュエルとシャロンは、それぞれ右手で受け取る。


二人が容器の水を飲む様子を他所に、ロックは眼の前の爆風を凝視。


 ロックは、右払いの斬撃と共に払われた爆風を薙ぎ払った。


リリスは悠然と浮きながら、ロックの”鍵の構え”からの突きを、黒白二色の羽衣が交差して防ぐ。


天空の剣先から注がれる光が、ロックを覆った。


ロックの”ブラック・クイーン”の切っ先が、光一枚の距離でリリスから突き放される。

 

その壁の向こうの、リリスの月白色の眼に一筋の金色、双迅の翡翠色が浮かんだ。


サミュエルの金色の鎌、ブルースの緑色の双刃が、リリスの首を捉える。


だが、ブルースのショーテル――”ヘヴンズ・ドライヴ”――の二刀流を、リリスの白い羽衣が遮った。黒い羽衣はサミュエルの鎌を包み込むと、苔色の外套の戦士に放り投げる。


投げられたサミュエルが当たる寸前、ブルースは命導巧ウェイル・ベオの前で磁向防スキーアフ・ヴェイクターを展開。


サミュエルも、鎌型命導巧ウェイル・ベオから磁向防スキーアフ・ヴェイクターを放ち、ブルースとの間に生まれた斥力で距離を離した。


「この””は何れ」


「その””は、””や””じゃなくて『』の一言だけで十分だからな!?」


 サミュエルの殺意を混ぜた笑顔に、ブルースが引き攣りながら答える。


 飴色のジャケットと苔色の外套を着た二人の戦士が、月の女に再度照準を定めた。


だが、二人を紅いドレスのサロメが遮る。


紅い唾帽子のサロメの前には、雄羊の角を纏った象牙眼の”フル・フロンタル”が現れ、ブルースとサミュエルを迎え撃った。


その様子をリリスの眼が映しながら、


「我を覗く眼から、を感じる。早く、その体から解放してあげるわ」


「テメェこそ……サキの体から、とっとと失せろ!!」


 足を浮かべて、突進するリリスにロックは上体を屈める。


切っ先を下に据える”愚者の構え”のまま、背中を肉迫。


屈めた反動を解放し、勢いよく起こした。しなる右腕と共に放たれる一太刀が、迫りくるリリスの腹部を狙う。


 斬撃を予測したのかリリスは、ロックの歩幅分、背後に下がった。


 ロックは、再び上体を屈め、畳んだ両腕を前にリリスの間合いに踏み込む。


 間合いを詰めるロックの前で、黒い羽衣が舞った。


黒い波は、光を発しながら宙を一回転し、収束すると、ロックの首を狙う。


 畳んだ両腕を覆う様に、右腕の”ブラック・クイーン”が、黒衣の舞を止めた。


右腕に衝撃が走るのを堪えながら、ロックは磁向防スキーアフ・ヴェイクターを展開。


ナノマシン:”リア・ファイル”の作り出した電磁場を貫かんと、リリスの黒衣が鋭角となった。


 鋭角は棒となり、両端に幅広の紡錘を飾り、黒い両端投槍ピルム=ムルスを作った。


両端の穂先は、それぞれ一つの肉厚の剣を思わせる大きさで、短髪の少女が刻まれている。


「目の前のモノが数えられなくなったか?」


 リリスの声と共に、白衣の白い両端投槍ピルム=ムルスが、ロックの足下から伸びた。


「リリス、に、って、分からねぇのか?」


 白の両端投槍ピルム=ムルスに、口の端を釣り上げたロックの獰猛な笑みが映る。


 彼は振り上げた右腕を、叩き落とした。


白い投槍を叩いた勢いで、ロックは逆時計回りに半身を切る。


発生した推力からの左後ろ回し蹴りを、ロックはリリスの胴に放った。


 不可視の壁の感触が、左足に伝わる。足で加えた衝撃が、空間を歪ませ、光の波紋を作った。


応力と共に生まれた、反作用がロックの右脚の支柱を崩す。


ロックの攻撃によって、リリスの二色の投槍が、羽衣に戻った。


「少なくとも、人はものだな」

 

リリスは、口を歪めて笑った。


 黒と白の羽衣が、それぞれ翼を作る。


 白と黒の翼が二振りの剣となり、左足だけで前進を支えるロックに迫って来た。


 首筋を狙う黒翼の剣の放つ雷閃を、ロックは右脚で大地を蹴りながら、”穢れなき藍眼スール・ヒンプリィ”の水鋸で打ち消す。


 しかし、巻き添えになった白翼は、光の散乱の欠片を撒き散らした。


 二色の投槍が直線に飛び、その内の黒が翻り上昇。


 黒光りする刀身に映るのは、滑輪板に乗るシャロン。


彼女は、リリスに照準を合わせているが、滑輪板の先頭が不可視の壁に阻まれる。


 シャロンは眼を吊り上げ、滑輪板に右足を蹴り込んだ。


不可視の壁は壊れなかったが、リリスは後退。


シャロンは不可視の壁を叩きつけた反動で、滑輪板と共に背後に離れた。


 ロックは、右脚を戻し、リリスから放たれた白の翼剣を迎え撃つ。


 白い翼剣から放たれる、銀鏡の鏃が三発。


 リリスに背を向ける形で、ロックは”ブラック・クイーン”を突き出した。


磁向防スキーアフ・ヴェイクターの展開された力場で、銀鏡の鏃が瀝青の雨空に輝く星屑と舞う。


 星屑と化した銀鏡に、リリスが映った。


彼女の眼の中で、白と黒の翼槍がロックの背後で踊る。


「二本足に限らず、も含めて人間だ!」


ロックは、”ブラック・クイーン”の鍔から銃――イニュエンド――を取り出し、銃弾を三発放つ。


 二発は、”定めに濡らす泪フアスグラ・ウイルイエアダサン”による水蒸気爆発の煙幕。


リリスの顔に煙幕が張られ、両端投槍ピルム=ムルスが落ちる。


もう一発は”雷鳴の角笛アヤーク・ジャラナッフ”による、電子励起したナノ加工弾丸が煙幕の中を突き進んだ。


 音もなく放たれた銃弾が、ナノマシンの電子励起で作られた、リリスの磁向防スキーアフ・ヴェイクターを打ち破る。


崩壊する電磁場の波を作り出した弾丸は、リリスに達しようとした。


しかし、衝撃がロックを後退らせる。


ロックのナノ制御を上回る電磁力が、地に落ちたリリスの黒い翼から放たれた。


護拳で防ぐと、全身を揺らす衝撃がロックを襲う。


フォトニック結晶で散乱した無数の光が、空気に揺れる銀鏡の欠片を通して深紅の外套を貫いた。


ロックは辛うじて避けたが、両脚を貫かれ、痛覚と熱で意識を失いかける。


そこへ、彼の肋骨に衝撃が走り、仰向けに倒れた。


上空から奇襲したシャロンが、”ガレア帽の守護者”を模した白い両端投槍ピルム=ムルスに薙がれ、ロックの方へ弾き飛ばされたのだ。


「シャロン……重い」


 呼吸をする度に奔る痛み。肋骨にヒビが入ったからだろうか。


「このクソ兄貴……デリカシーがねぇ!」


 ロックの言葉に毒気づいて、桃色のトレーナーを着た少女が消える。


 ロックが立ち上がろうとしたその時、金色の旋毛風がリリスを覆った。


 サロメ人形たちの手足を運ぶ風の中心にいるのは、サミュエル。


ナノマシンの混じった研磨剤と砂の粉塵切断の風が、リリスを包みこむ。


防御に散った、リリスのナノマシンの電磁場が白い羽衣となり、獰猛な嵐の中を泳いだ。


リリスは、電磁の茨に囲まれるが、何も言わない。


いや、妖艶な笑みを浮かべながら、宙で悠然としていた。

 

刹那、ロックの目の前で、雷の蕾が開花する。


 白い羽衣に乗せたフォトニック結晶が、サミュエルの旋毛風の中で雷の蔦を伸ばしていった。


蔦越しに、白い羽衣に乗せた、フォトニック結晶が光熱力を取り込む。


増幅された熱出力の果実が、内側からサミュエルの黄金の風を、食い破った。


「こんな砂遊びで肌を傷つけられると思ったか!?」


 白い翼から銀鏡色の鏃が、天空に放たれる。


サミュエルは、”パラダイス”を構えて磁向防スキーアフ・ヴェイクターを展開した。


彼は、防いだ鏃を空かさず、鎌から作った金砂波刃スピール・オーのナノ研磨剤の刃で破壊。


その衝撃で、サミュエルは距離を稼いだ。


 だが、破壊から逃れた銀鏡の閃光が、サミュエルの背後を捉える。


 閃光に焼かれて出た声は、


「シャロン!」


 サミュエルに向けられたフォトニック結晶の光迅の乱射を、桃色のトレーナーを着た少女が飛び込む。


 ロックの前で、無数の光にシャロンは晒された。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます