第二章 Beggar's Banquet

狂宴―①―

3月18日 午後1:30 グランヴィル・アイランド


 ロック=ハイロウズは、サキ=カワカミの扱いに違和感しか持てなかった。


 紙面、発光電子素子製の受像機で流されるほどの人物なのか。


 古代ローマ提督の通貨の様に、印象に残る横顔なのか。


 噂も含め、被写体かと問われれば、ロックは、断言するだろう。


「馬鹿か、テメェ」


 ロックは聴衆に内心、毒気づいて、眺めていた。


 小演台の前に立つサキの恰好に、聴衆の目は奪われている。


 紺をベースにしたブレザーと膝上で揺れる、暗色のチェック地のスカート。


 サキの通う、日本の高校の制服であることは、聞いていた。


 彼女の制服と共に、バンクーバーの冬梅雨のとも言える陽光を受けて輝く黒髪に、見るものは黒真珠と称するかもしれない。


光を受けたサキの相貌に浮かぶ、柔らかくも整った凹凸は、東洋人の中でも目を引いた。つまり、美人の部類にあたることは、ロックの疑う余地もなかった。


聴衆の描くという日本人は、ロックの懸念を他所に、会場から電子と紙を問わず、発信されている。


深紅の外套の守護者クリムゾン・コート・クルセイド”の呼び名を持つ少年の、サキについての評価は観衆や聴衆と大きく異なっていた。


“ウィッカー・マン”という未知の恐怖に、逃げるべきか立ち向かうべきかの相克に悩みながらも、恐怖を踏みとどめた彼女。


ロックの前で、安心の余りに腰が抜け、彼の異質な力に恐怖し、息を呑む。


そうかと思えば、ほんの少しだけ、寿命が延びたことに驚きの余り呆けた顔を、彼女はロックに見せた。


だが、我に返るのも早い。


足元を震わせながらも、彼の痛みを伴った警告を物ともせず異形に立ち向かうために、ロックと向き合ったサキ。


ただ、を胸に泥臭く足掻き、最後の一秒まで無為に死ぬことを望まない。


それが、ロックの見た「サキ=カワカミ」という一人の少女にして、一人のだった。


彼の視界に映る、緊張した面持ちで、地面から膝丈ほどの高さの舞台に立つサキ。


彼女は、小演台を挟む人物を臨んだ。


四十代の小奇麗な男性。彼がサキに向ける笑みは、学校行事でメダルを渡す、子供向けのものではない。


凛々しさを感じさせ、人心を得られる風貌の持ち主は、B.C.ブリティッシュ・コロンビア州首相のデヴィッド=スプリングショーだ。


彼は自由主義と中道、少数党からなる大連立内閣の手綱を引く現実派と知られている。最低賃金を上げることを約束し、党による政争を控える実利的姿勢を世論に示していることをロックは耳にした。


宙ぶらりん内閣ハング・パーラメントや多党制内閣による停滞を打破し、法案可決の勢いを今回のサキへの表彰で得たいのだろう。


そう考えながら、ロックはサキの周囲に目を向ける。


B.C.ブリティッシュ・コロンビア州知事の背後に聳える、白炭色の覆い布。それに包まれたは、二階建ての魚市場よりも高いが、会場を挟む様にして建つバラード橋とグランヴィル橋の橋梁に達する程、高くもない。


されど、雲より垣間見える晴天とフォルス川の水面からの反射光も受け取りながら、人々の目を捉えている。


グランヴィル・アイランド。


かつては、カナダの先住民族――ファースト・ネイション――の釣り場だった場所は20世紀初頭に産業地区とするフォルス川周辺開発の拠点となった。


1970年代、跡地は大型商業地区として、再出発をすることになる。


北のバラード橋を臨める、半島の北端。サキのいる小舞台は、回覧船の到着場兼駐車場として使われている場所だった。


回覧船は、フォルス川の対岸を回りながら、西バンクーバーを往復及び巡航している。


対岸には、新築のコンドミニアム、高級洋服店や高級喫茶店、美容関係の店舗まで立ち並ぶ”イェール・タウン”がある。


対岸の区画の安全性は、高収入のがいることで、証明されていると言っていいだろう。


ロックは、移民と現地住民の立場の逆転したスコットランドを思い浮かべながら、会場に視線を戻した。


両脇に割り振られた椅子の列が六席ずつ並んでいる。


演台に立ち、空席となったB.C.ブリティッシュ・コロンビア州首相の椅子。


カナダ総督の女性。


太陽に照らされた沼の様な黒髪をした、語学学校校長、カラスマ。


続いて、語学学校の実戦技術の監修を行う”ワールド・シェパード社”の専務、ナオト。


中華系のバンクーバー市長の座る椅子の隣は、今回の行事のとも言える女性の席である。


その背後には、バンクーバーの多様性の証でもある、移民共同体の代表者が控えていた。


彼女に目を凝らそうとするが、拍手に遮られた。


サキと握手を交わしたB.C.ブリティッシュ・コロンビア州首相は、空席に戻る。


観衆の最前線が、静止画撮影機を構えた。サキが遅れて壇上を後にすると、撮影機の閃光が、祝砲の様に放たれる。


舞台の袖にいたロックは、騎馬警官、”ワールド・シェパード社”の私服警備員とサキを囲み、光を遮った。


「サキ、見失うな」


ロックはふと、言葉を漏らす。その言葉に虚を突かれたのか、サキは言葉ではなく眼差しを返した。


見開かれたサキの目は、ロックの姿を大きく捉える。


余りにも、自分を隅々まで映していたので、彼は彼女から目を逸らし、


――見なくていい……。


言葉には絶対出さないようにした。ロックの様子を見て、ふざけるがすぐさま思い浮ぶ。


そんな動揺を隠すように、ロックは周囲を凝視。


川の向こうのコンドミニアムでは、こちらに情報端末や携帯端末を傾けるもの者がいた。録画でもしているのかもしれない。


目の前では、物珍しさに割り込もうとするものもいた。


ロックは、その強すぎる好奇心に敵意をありったけぶちまけようと考えたが、止める。


サキのうつむく顔に照らされた、写像機の閃光。無数の光で照らされた顔には、感情は無かった。ただ、一文字に結ぶ彼女の口の端が、微かに震えている。


思わぬものを見せられて、ロックの中の敵意は、いつしかサキの内で噛み締める何かに気を取られて霧散した。


「大丈夫だ。サキの周囲には誰も、ない」


ロックは左耳に付けた中距離無線通信機を叩いて、小声で漏らす。


“ウィッカー・マン”は機械兵器と言われていた。


だが、現在の技術では説明がつかない機敏性や活動が報告されているため、と言えるかについて、反論や考察の余地は大いにある。


どちらにも括られない、生物的疑似的動作を行う故に、”ウィッカー・マン”は、地球の生態系と違う、独特の熱源を持っていた。


「何も無いの?」


いきなり、背後からキャニスの声がする。


ロックの双肩が、キャニスの両手に固定させられた。


左肩越しに彼女が顔を覗き込むので、松明の様なお下げがロックの首筋を擽る。


「離れろよ……動力となる光は何もない。もしかしたら、隠されているのかもしれない」


溜息を吐いて、紅い外套の戦士は、キャニスの両手を振り払った。


ロックは右手を、紅い外套の腰の革帯に付けた、護拳だけの”ブラック・クイーン”を右手で掴み、周囲を見渡す。


“ウィッカー・マン”は、肉体の水分を電気分解し、蒸発させた水分からの熱を取り込む。取り込まれた熱は、活動の為に貯蔵され、消費を抑える為に新たな熱運動を行う。


所謂、冷蔵庫の断熱圧縮の原理に近い。


冷気をもたらす、活発な熱変換機の熱源――それが、弱点とも言えた。


ロックは、から、”ウィッカー・マン”の急所とも言える熱源が見える。


だが、その経緯は、彼が他者に誇って語れるものではなかった。


「それすらも隠せる新型……聞いたことある?」


背後からのキャニスの言葉に、ロックは唸る。


深く落ち着くようにしているが、内心穏やかではない。


サキもを見ているからだ。 しかも、ロックの予想もつかない、切掛けと過程によって。


「警戒を怠るな」


ロックは、キャニスから、サキに注意を切り替える。


彼の視線に気づいたサキは、臆せず、笑顔を返した。


――暢気なのか、強情なのか……。


サキに、ロックの胸中が見えているのかは測りかねる。


彼が彼女に心配を掛けているとでも、捉えたのかもしれない。


サキも含めてだが、の比重が、ロックの頭の中を占めていた。


“デュラハン”駆除の時に、出てきた男のことである。


――アンティパス……俺は、そう呼んだ。どうして?


ロックは、記憶を辿った。無論、交友関係ではなく、敵か味方で括られる場所に限られた人間関係を検索したが、アンティパスという男と因縁を持った覚えは全くない。


だが、まるで、失った何かを取り戻せたような、安心感を覚えている。これをどう受け取るかにもよるが、ロックは、感情の起伏が一気に駆け巡る経験は苦手だった。


それに加えて、目の前のサキと言う少女も、彼を悩ませる。


――見る度に、を思い出す……アンティパスと会ってから。


喪失感と同時に、励起される大切な存在。


それを自分の所為で、手放すことになった。


何故か知らないが、あの雨の夜の出会い以来、ロックの思考は、ある記憶に支配されていた。


サキと出会った日の夜、ブルースとキャニスにアンティパスのことについて伝えておいた。


エリザベスから、アンティパスという男について、調べるという確約を頂いた。


しかし、今日にまで、回答を得ていない。


ある疑問への戸惑いも覚えた。


――いや……何で、アンティパスとを繋げる。接点は――。


苦い感情を紛らわせるために、ロックは壇上に立つ男性の言葉に耳を傾ける。


柔和な笑みを浮かべながらも、背筋を伸ばす、五十代の東洋系男性は、バンクーバー市長のアンドレ・リー。


 香港が中国返還を迎える前に、家族と亡命。カナダやバンクーバーにおける、「沈黙なる多数派サイレント・マジョリティー」を代表すると言われている。


彼の紡ぐ言葉は、中国語訛りの英語チングリッシュだが、垢抜けていない本土人のそれよりも洗練されていた。


かつて宣教師をしていた過去からか、言葉の一字一字の発音は愚か、余計な緩急もない。されど、彼の明朗な話し方は、教養の深さを声の節々から伺わせた。


「長き雨は、人の営みを妨げます。しかし、天は今回、妨げの時間を無くしてくれたことに感謝しております」


市長の一言に、扇形の丸テーブルに座る観衆の拍手が湧く。


天気としては、今まで続いていた長雨と変わり、晴天である。


しかし、それも長くは続かない。これから、また冬梅雨の時期に戻る。


を含めて、みんな知っていることだった。


「そして、今回、バンクーバー市の悲劇を考えると、尊い犠牲、我々市民が生活するための代償を払わなくてはなりませんでした」


最終的な死者は25人である。一小隊を10人として、十小隊が投入された。


軍隊では三割以内で済めば、全滅とは言えない。だが、ロックたちの活躍も重なり、それで鎮圧できたことは奇跡に近い。


少なくとも、テロでもなく、宣戦布告状態で、本土決戦でない前提ではあるが。


「しかし、今日の天気の様に、希望もありました。そんな犠牲の中、民間人の中で、先頭を切った、一人の少女。そして、欧州を解放した、少年。雨は私たちに立ち止まることを教えます。しかし、それは天による実りの発芽の段階だからです」


――発芽ね……雨だからの方か?


ロックは、内心で吐き捨てた。彼の思考は、市長の考えは愚か、サキを祀り上げることへの疑義と同時に、その周囲で起きているも含んでいる。


今回の行事が開かれる前、彼を始めとした”ブライトン・ロック社”に情報が入った。スカイトレイン破壊工作に加担したとされる、日本人女性二人が行方不明ということである。


地元警察による尋問が行われる予定だったが、引き渡されてもいないと言うのだ。


更に言うと、彼女たち以外に破壊活動に加担した者達と、彼らを引き合わせた留学仲介業者と関係者の消息も不明。


その上、護送していた”ワールド・シェパード社”の隊員とも連絡がつかない。


一度に容疑者、協力者に護送車も消えた事態に、地元警察と”ワールド・シェパード社”による緊急の合同捜査が、現在進行形で行われている。


その人員を割けないので、”ブライトン・ロック社”から派遣される警備の“ウィッカー・マン”の対応要員をロックだけにする予定が、ブルースとキャニスも急遽加わることになった。


ロックの懸念を知る由もない、アンドレ・リーは言葉を力強く区切り、


「祈りましょう。今日を、私たちの日常を守った者たちの魂を。市民として代価を払う意味を問い続けること。その代価を払わない、明日を迎えることを!」


元宣教師の真摯さと、政治家としての紳士さを兼ねたスピーチに観衆が沸き起こる。


市長は動じず、左腕を伸ばす。それが指したのは、六番目の椅子に座っていた女性だった。


「それでは、次の方に。エレン=ウェザーマンさん、お願いいたします」


市長に促され、登壇する女性に群衆が目を向けた。


彼女の歩く姿は、何処か彫刻の様な均整を覚える。


象牙色のパンツスーツは、色が薄く、肌色の様に錯覚させられた。


石榴色の唇と薄いエメラルドグリーンの眼。


服と合わせて輝く、乳白色の頭髪は、肩甲骨の部分で切りそろえられていた。


登壇を完了し石榴色の唇から、


「皆さん。まずは、深紅の外套の青年。そして、よき羊飼いの少女にもう一度拍手を」


彼女の謝辞は、ロックとサキに向けて、拍手の標準が合わせられる。


サキは、感情の整理が出来ていないのか、ロックの隣で視線を左右させている。


ロックはサキとは違い、壇上の女と向き合うことを躊躇わなかった。


「”ベターデイズ”の代表として、イベントを開催できることを光栄に思います。私たちは、バンクーバーの住民でありながら、別に暮らさざるを得ない市民が、今一度、日常へ帰り、未来へ歩める戦いをしています」


バンクーバーの悲劇が三年前に起きて以来、南と東バンクーバーの住民の消息不明となっていた。


“ウィッカー・マン”の侵入を防ぐ”壁”を設置したことで、市街を守ることは出来たが、それによって行き来も制限された。


それに伴い、救助活動もその煽りを受けた。


生存者と”壁の向こう”に大事な人を残した者たちの中には、「”ウィッカー・マン”の襲来」という、戦争は愚か、に、心を痛めるものも多かった。


それにより、精神を蝕まれる者も、当然増えた。


「”ウィッカー・マン”襲来」の傷に苦しむ人々の生活の補助を行う市民団体――それが、”ベターデイズ”であり、市や州など様々な団体が官民問わず、支援している。


「そして、私たちの言う壁の向こう側に分けられた住民のケアは、市長と強いては、B.C.ブリティッシュ・コロンビア州知事とカナダ政府による助けが出来なければあり得ませんでした」


東ヘイスティングは、世界第二位の規模と言われる中華街があることで知られる。中国人の移民――特に、香港返還を避けてきた者たち――が多い。


そんな移民たちが住宅を買い上げていった。しかも、快適さは外資も呼び、住宅価格の高沸を引き起こしているとも指摘されている。


その結果、現地住民が住宅を得ることが出来ない事態となり、国連の人権問題の一つに「カナダの路上生活者」が挙げられる程であった。


ましてや、チャイナタウン以東が、”ウィッカー・マン”という存在が不法占拠されている。香港移民の富裕層が、ベターデイズに資金援助を行うのは、予想の範疇だった。


住宅問題も合わせた次の市政選挙を始めとした政治活動では、ベターデイズは、無視が出来ない票田だった。


「更には、”ワールド・シェパード社”、”ブライトン・ロック社”の勇敢な市民の手により、少しずつですが壁の向こう側の市民がこちら側へ来ることが出来るようになりました」


無論、正規の手段ではない。


中東の動乱で、良くも悪くも名を広めてしまった、傭兵企業の”ワールド・シェパード社”の介入のお陰である。


カナダの正規軍、警察や特殊部隊は、未知の存在に立ち向かったが返り討ちに合ってしまった。国際条約や情勢にない存在は、必然的に「」に鉢が回される。


ブルース、キャニス、そして、ロックもその中の一人だった。


最も、後者の”勇敢なる市民”と言う方が正しい。


しかし、人間には帰属意識がある。文化、人種、宗教に国籍がそれだろう。


“ワールド・シェパード社”やブライトン・ロック社は、それぞれアメリカと英国の企業だ。当然、外国企業が地元のインフラを担っている現状に良い印象を抱いていない市民は多数いる。


“ワールド・シェパード社”は、”ウィッカー・マン”を弱らせる技術を有し、ロックたち、”ブライトン・ロック社”は、可能にしている。


その方法を外資が独占し、出し惜しみしているという、世論の批判も少なからず存在する。


穿った見方をすると、バンクーバーはそういった連中のとして扱われていると受け取るも多かった。


「日常への回帰。それを求めます。私たちは市の協力も得て、作りました。ご覧ください。”バンクェット”を!」


会場の後ろで揺れていた、白い幕が下ろされる。


白幕から出てきたのは、女神像だった。


生まれたままの服で、女性の魅力を強調している外観。振り上げる両手と相貌が、雲から垣間見える光を目一杯浴びている。裸婦像に卑猥さはなく、何処か無垢な神々しさを放っていた。


「壁から帰ってきた人たち……その中でも、歩みを決心した人たちも。かつての日常との再会を楽しんでください。そして、手を取り、歩み出せることを祈って」


乾杯の音頭が取られる。


ロックは、引き離され、東ヘイスティングと南市街に大事な人を置き去りにされた人たちの座る丸テーブルに視線を映した。


壁の向こう側にいた人々には、老人や子供も大勢いる。


壁に阻まれた人たちの感情の中には、まるで夜行性の動物が日光に戸惑いながらも、生きている親族に駆けださんとする老婆の喜び。


喪服で身を纏った淑女は、悲しみに満ちた横顔に影を落としていた。


対して、壁の向こう側からの帰還者たちは、女神像と共に日光を楽しんでいるような顔。彼らの瞼に映る、「蠢く白銀」と「炎」に覆われながらも生き残った者たちは、今生きている喜びを味わっている様だった。


ロックは、その中でを思い出し、目を閉じる。


しかし、彼にあったのは、悲しさでもなければ喜びでもなかった。


――俺は、違う。


ロックの中に浮かぶ、白銀の群れの背後で笑う人影。倒すべき敵へ向けた怒りが、彼をここまで生き延びさせ、内なる炎は、この地に足を運ばせたのだ。


「ロック、終わりだ」


帰還者とその親族に気を取られ、ブルースの言葉に驚いた。


いきなりと言うのもあるが、語られた内容の驚きの方が大きい。


ロックはブルースに、言葉ではなく、訝しげな顔を作るが、


「”ウィッカー・マン”が見えない。だろ?」


ブルースの質問の内容に、ロックは思わず頷いた。


「なら、突っ立っていても意味は無い。サキにグランヴィル・アイランドを案内しろ」


ブルースの返事に渋面を作るロックに、エリザベスの命令が下される。


「エリー、どういうこと?」


ロックの前で、サキの驚愕の声が響いた。


「サキ、ここに留学に来た目的があるだろ?」


「”ウィッカー・マン”を倒すこと、でしょ?」


エリザベスが、首をサキへ横に振る。その仕草は、子供に駄目なことを指摘する、親の姿と重なった。


だ。一応、”ウィッカー・マン”を倒しながら英語を学べる留学だ。同年代の英語圏の友人は、私を除いて、学校でもそういないだろう?」


彼女に顎で示されたロック。


上司である少女の瞳に映る自分の顔は、唖然としていたのか口が少し空いている。


「待て、俺は英語を教えられんぞ?」


「それに、ロックさんは他にも仕事があるんじゃ?」


ロックと同時に、サキも驚きの余り声が上ずっていた。


「話すだけでいいんだ。ロックの場合は、少し言葉遣いを意識させた方が良い。話し方に気を配ると、言葉遣いも治る。サキも、英語の言い回しを学べる。利害は一致している」


ロックとサキの懸念は、エリザベスの客観的意見の下、切り捨てられる。


「それは同意。少しは、話せる英語を学んだ方が良い……ロックは女の子との接し方を学べ」


ブルースは笑顔で賛成する。口角が、少し緩い笑顔。感情を察知されない故に、作られた笑み。ロックは、この笑顔が苦手だった。


「私も賛成。ロック、その皺の寄った眉間を直せば、少しは女の子にもてるようになるわよ?」


キャニスの提案に、思わず言葉にならない声を上げてしまう。 


そもそも考えてもないことを断定されて、感情が昂らない訳がない。


更に言うと、へのを持っていて、それを抑えろと言うのも無理な話だった。


だが、それでもロックは、感情の波を鎮めようと、大きく深呼吸。


こういう時に感情を吐き出すと、エリザベス、ブルースとキャニスに付け入れられる。


現に、三人の顔には、ロックのなけなしの誇りと尊厳を、見下す笑みを見せていた。


抗弁してくれる当事者が必要だと考え、


「サキ、お前も疲れているだろ? こんなに人が多い中で、変なもの受け取ったんだ。帰った方が良い。いや、帰れ」


ロックも焦っていたのか、口調と内容が駆け足だった。だが、話題を振られたサキの言葉に唖然とさせられる。


「ロックの目つき、悪くないよ? 眉間もどっちかと言うと……格好いい方だよ」


余りにも周回遅れの話題を出され、ロックの体は、思わず脱力。


「……もう、勝手にしてくれ……」


その言葉を聞いたハイエナども――もとい、ブルースたちの嘲笑にも似た視線が、ロックの背後から突き刺さる。


「決まりだな。取り敢えず、私の友人だ。変なことをしたら、少なくとも今の給料で逃げ切れると思わないことだ」

 

エリザベスの無慈悲な言葉で、ロックの退路は、完全に断たれた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます