まっしろ恋は一直線っ!?

草詩

第1話「雪女じゃありませんっ!」

子供の頃、よく一緒に遊んだ相手が居た。

それは珍しい事ではなくて、誰もが持つ記憶だと思う。


冬、お正月にだけやってくる男の子。

私も、冬にしかお婆ちゃんたちの家には行かないので、たまたまの出会い。


カッコよかった?

カワイかった?


子供心に覚えているのは心配してくれる彼のこと。

「寒くないか?」

そういう彼はいつも優しい眼差しをしていたから。


そんなこと言われたのは初めてで。

私はいつも「大丈夫」と冷静に答えたつもりだった。

やがてお婆ちゃんたちの家にも行かなくなって。会わなくなって何年経つだろう。

彼は、あの時の約束を覚えていてくれるだろうか。


~~~~


「なんだお前」


 久々に会った彼は訝しんだ様子でそう言った。そりゃ、ね。10年以上は経っているんだから、覚えられていなくても仕方がない。ショックだけど。

 いや、大人の魅力に目覚めた私を見て気づかないのも当然かもしれない。それだけ成長したんだから面食らうのもわかる。気持ちはわかる。ショックだけど。


「久しぶ――」

「おい待て近づくな」


 思い出してもらおうと思った。近づいていつものように。かつてしていたようにすればきっと気付くと思ったから。でも止められた。


 彼のアパート、二階の部屋の前。夜の廊下で私たち二人、距離を取って見つめ合っている。あんまりロマンチックではない。

 彼は及び腰で一歩下がり、片手を上げて待ての姿勢。私は犬じゃないけど待ってしまった。


「お前、人間じゃないな? この真冬にその薄着」

「え、その……」

「この冷気。男を誘惑して凍死させる奴だ。お前雪女だろ!」


「違いますぅううううう!!!! うわぁあああん!!」


 私は叫んだ。彼はぎょっとしている。恐怖、ではないと思う。困惑だ。だって。思い出してくれないのは、そうかもしれないって覚悟があった。きっと不審がられるとも思っていた。

 でも、まさか。男を誘惑して殺すような悪辣な存在だと思われるなんて。何年も待ったのに。


 私は泣いた。めっちゃ叫んだ。鼻水も出ていた。

 近所の人が出て来て「他所でやれ!」というくらいに。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます