転生したからもう姉ちゃんじゃないよね? ~ボクが女の子になったワケ~

sorano

第1話 姉ちゃん頼むから下履いてよ! ボクだって一応男の子なんだよ。

「ねえ萌生(ほうせい) もうできたー?」


 ドアを叩く女性の声がする。


「あ、姉ちゃん! ちょうど今できたとこだよー」


 ボクは作業中のパソコンの画面をそのままに、ドアへと振り向く。

 ガチャリとドアが開き、ボクの姉ちゃんが部屋へと入ってきた。


「ちょっと姉ちゃん! なんで下履いてないの!」


 ボクは顔を真っ赤にしながら慌ててパソコンへと向きを変える。

 ボクの姉ちゃんは、Tシャツにパンツ一丁の恰好でボクの部屋へとやってきたのだ。

 いくら姉弟だからって困ってしまう。ボクだって高校一年生の男の子なんだから。

 姉ちゃんはお構いなしにつかつかとボクの背後までやってくる。


「ほぉ~やってんね! どれどれ……ん? あれ、なんで女キャラなの?」


 姉ちゃんはボクの背中に寄りかかりながら画面をのぞき込む。

 姉ちゃんの二つのふくらみがボクの背中にあたっていて、思わず背中をびくりとそらして引き離す。


「姉ちゃん、胸押し付けないでっていつもいってるでしょ!」


 照れるボクをニヤニヤした顔で覗き込むボクの姉、宗乃 美乃梨(むねの みのり)16歳。高校二年生になったばかりだ。

 ちなみに姉ちゃんのバストサイズは80でアンダー65のCカップだ。

 小さすぎず大きすぎず、まさに理想のおっぱ……コホン。それは置いておいて。

 ボクは1つ年下で美乃梨の弟、宗乃 萌生(むねの ほうせい)だ。


 姉ちゃんはいつもラフすぎる格好で家の中をうろつき回る。

 お風呂上りもバスタオル1枚で平気な顔をしてボクの前にくる。

 ボクに対しては羞恥心がないのだろう。本当に困ったものだ。

 おかげでボクはいつも姉ちゃんのせいで悶々とさせられている。


「他にも設定やらステ振りとか色々しなきゃいけないんだから、あまりボクの邪魔しないでよ!」


 ぷいとボクはそっぽを向いて答えた。

 すると、姉ちゃんはわざわざボクが向いた方向に移動して、ボクの顔を覗き込む。


「あたしちょっと色々発見しちゃったから、まだこのデータでアップデートしちゃだめよ?」


 そういうと、姉ちゃんは机に置いておいたボクの飲みかけジュースをひょいと取り、一気に飲み干した。


「ね、姉ちゃん!?」


 今度はボクが食べていたポテトチップスを袋ごと取り上げた。


「ひどいよ……それ……ボクの最後のお菓子……」

「いいからいいから。 それよりちょっとこっちに来て」


 強引にボクの腕を掴んで居間に連れていかれた。

 そこにあったのは……


 30cm程の丸いショートケーキ。その上には小さな蝋燭が4×4列で、計16本も並んでいた。

 そして、可愛らしく色とりどりなクッキーや、小さなトレーに載っているチョコレート、そしてジュースが置いてあった。


「これは……?」


 すると、姉ちゃんはクラッカーを取り出し、天井に向けて紐を引く。


 パンッ!


「16歳のお誕生日おめでとう! 萌生、あたしと同じ16歳だね」


 立ち尽くすボクに優しい笑顔を向ける姉ちゃん。


「ありがと……姉ちゃん、覚えてないかと思ってた。ボク嬉しいよ……」


 両親が死んでから、もう2年になる。

 姉ちゃんはそれ以来、学校に行かずにバイトをしはじめた。

 ボクも学校にいかず、家に引きこもってしまった。

 そんなボクを見捨てずに、姉としてボクの面倒を見ようとしてくれていたんだ。

 高校2年生になったばかりの姉ちゃんは、自分の学校生活を捨ててまで、ボクを養うためにバイトを始めたんだ。


 ボクの人生には、もう姉ちゃんしかなくなった。

 ボクの最後の家族。大事な姉。そして……ボクの最愛の人。


 ぐすっと鼻を鳴らし、ボクの目に涙が溢れてきた。 

 それを見た姉ちゃんは、ボクをそっと抱きしめてくれた。


「忘れるわけないじゃない。萌生は大事な大事な弟なんだから」


 そっとボクの頭を撫でる姉ちゃん。

 本当にあったかい、優しい手の温もりだ。


「最期のお誕生日だからね。パーッとやろうよ。ぜーんぶあたしの手作りなのよ?」


 姉ちゃんは座布団を拾い上げ、テーブルの横に並べた。


「ほら、泣いてないで一緒に食べよ?」


 「うん」と頷いて、姉ちゃんと隣り合わせでテーブルに座る。

 

「ほらこれ、自信作なのよ?」


 姉ちゃんはクッキーを1枚掴み、ボクの口へと持ってくる。

 しっとりとしているのにきちんと歯ごたえもある。

 口の中に入れると、とろっと溶けてその甘みが口中に広がってゆく。

 姉ちゃんの手作りクッキー。

 その甘さはまるで姉ちゃんの優しさのように感じられ、ボクの口の中に、ボクの体中に広がっていった。


「とってもおいしいよ、姉ちゃん!」


 ボクは姉ちゃんを見つめてニコリと笑う。


「本当に……ボク、姉ちゃんと姉弟でよかったって思ってる」


 姉ちゃんはそんなボクのほっぺを指でつつき、いじわるそうな顔をする。


「どうした弟よ。姉ちゃんに恋しちゃったか~? んー?」


 ボクは顔を真っ赤にして下を向く。

 もう、時間がないんだ。だから……

 勇気を振り絞って声を出す。


「うん。ボク……姉ちゃんの事大好きだよ。本気で愛してる」


 ボクの答えが意外だったのか、驚きの顔で固まる姉ちゃん。

 頬をわずかに染めている。


「そ、そう……じゃああたしも応えなきゃね……」


 背筋を伸ばし、まっすぐ向く姉ちゃん。

 照れ隠しなのか、お互いの方は見ない。

 ボクと姉ちゃんは二人並んで背筋を伸ばし、まっすぐ前を向いている。


「あたしさ……恋愛とか諦めちゃってたんだよね。生きるだけで精いっぱいってやつ? だから、男の人を好きになるっていう感情がずっとなくてさ。

あ、でもね、萌生の事は好きよ。とってもとっても大事なあたしの弟。あんたの為なら、あたしの人生投げ捨ててやるってずっと決めてたくらい。

そんな弟から、まじめに告白なんかされちゃったらさ、もうあたし彼氏なんか作れるわけないじゃない。まあ、どっちみちもう無理かもしれないけどさ」


 静まり返る部屋。

 ボクと姉ちゃんはお互い前を向いたまま固まってしまう。

 しばらくして、その静寂を姉ちゃんが破った。


「ねえ……萌生……あのね、よかったらなんだけど……あたしとしてみる?」


 ボクの体がぴくりと跳ねた。

 姉ちゃんと……する? 何を……?

 ボクは恐々と姉ちゃんへと振り向く。


「どうせ、この体とももうすぐお別れだし。あたしそういう経験したことなかったし。萌生もないでしょ? 最期くらいいいかなって……」


 姉ちゃんの顔は真っ赤だ。

 ぷるぷる震えているのがわかる。

 姉ちゃんは、ボクの為にそこまで決意してくれたんだ。だけど……


「とっても嬉しいよ。ボクだって大好きな姉ちゃんとそういうことしてみたいよ。でもだめだよ……姉ちゃん。都条例的にアウトだよ……」

「そ、そうよね。アウトよね。あはは、あたし何言っちゃってるんだろ。ごめん、忘れて忘れて!」


 あははと作り笑いでなんとか切り抜ける姉ちゃん。


「ボクはさ、姉ちゃんの事本気で愛してる。でもね、だからこそ姉ちゃんには幸せになって欲しいって思ってる。

ボクがいたら、姉ちゃんは恋愛もできないでしょ? 男で弟のボクと一生一緒にいられるはずもないんだし」


 姉ちゃんは両手を腰の後ろに伸ばし、腕にもたれかかって天井を見上げながら呟く。


「あたしは……それでもいいと思ってた」


 本当に嬉しい。大好きな姉ちゃんにそこまで言ってもらえるなんて。

 もうこれで悔いはない。

 ボクは幸せだ。

 この幸せを抱いたまま、ボクは……




 転生できる。



「姉ちゃん、ボクはね……転生したら女の子になるよ。そうしたらずっと一緒にいられるでしょ?」



 

 ボク達は、おいしい姉ちゃんの作ってくれたお菓子を堪能し、再びボクの部屋へと向かった。

 さっきまでボク達が行っていた作業は、自分の分身であるキャラクター作成だ。

 よくある3DRPGゲームのように、顔の輪郭や目の形、髪型など物凄く細かく設定できるのだ。

 しかし、これからこのキャラを使ってゲームをするわけじゃない。


 地球が滅ぶから、キャラクターを作っているのだ。


 何のことかわからないかもしれない。しかし今地球上の人間の多くは、このキャラクター設定を行っている。

 政府の発表によると、人間が住める環境じゃなくなるから、人間を辞めてゲームのキャラクターになって生活しろということだ。

 だから、今作っているキャラクターは、今後自分自身になるのだ。

 その為、ボクと姉ちゃんは、今一緒に自分自身の作成をしていたというわけだ。


「萌生、あんた女の子になりたかったの?」

「い、いいじゃんかよ!」


 姉ちゃんの為ってだけじゃない。

 生まれ変われるなら、ボクは女の子になってみたかった。

 だから、ボクはキャラクターの性別を女性にして作っていた。

 ボクの好みを全部満たした完璧なキャラクターを作り上げた。

 姉ちゃんにそれを見られるのは恥ずかしい。でも、今後のボクの人生がかかっているんだ。妥協はできない。


「ねえ、萌生。あんたってそのキャラみたいな子が好きなの?」

「う、うん……まあ、こんな感じが好みかなぁ。」


 ボクがマウスを握っている手に姉ちゃんが手を被せてきて、そのままマウスを操作する。

 姉ちゃんの柔らかい手の感触がボクの手の甲に伝わる。

 ボクの肩越しには姉ちゃんの顔。とっても近い。

 ボクは呼吸が乱れ、激しく高鳴る心臓を抑えようと深呼吸する。

 すると、姉ちゃんの甘い香りがボクの肺いっぱいに広がってきた。


 やばい、ますます緊張してきた!


 ウィーン……ガタガタガタ……

 姉ちゃんはキャラクターの画面を印刷していた。

 印刷し終えた紙を自分の顔の横にかざしてボクに見せた。


「ねえ、萌生。あんた知ってた? このキャラってあたしそっくりなんだけど?」


 ボクはその印刷された紙と姉の顔を見比べて、顔を真っ赤に染める。

 姉ちゃんはじっとボクの顔をニヤニヤして見つめた後、耳元で小さく囁いた。


「萌生はあたしが好みっと……」

「そ、そんなんじゃないから!」


 ボクは顔を更に真っ赤に染めて、慌てて否定した。


「心配しないで。あたしがそのデータでキャラ作ってあげるから」


 姉ちゃんは机の上のペン入れからボールペンを1本引き抜く。

 そして、パソコンを操作して細かい設定値を紙に書き込んでいった。

 もちろんその間、ボクの手ごとマウスを操作している。

 姉ちゃんの手、顔、胸、吐息……ボクは姉ちゃんに包まれながらじっとしているしかなかなかった。


 ボクの好みを反映させて作ったキャラクターのはずだった。

 でもそれは、出来上がってみたらびっくり仰天。姉ちゃんそのままだった。

 それをボク自身に認知させられながら、姉ちゃんにぴったりくっつかれている。

 しかも、ボク好みのキャラクターに姉ちゃんがなるなんて言い出してる。

 これどんな罰ゲームなんだ。


「え、でもそれじゃ……」


 いつも一緒にいてくれる姉ちゃん。

 だから、姉ちゃんに憧れてたんだ。

 どうせ姉弟だし、姉ちゃんと結婚できるわけじゃない。

 好きになっちゃいけなかったから。

 だから、男であることが嫌だった。

 男の欲望が嫌だった。

 男のギラギラした欲望で姉ちゃんを見ている自分が嫌だった。

 だから、ボクは女の子になろうと決めたんだ。

 そうすれば、いつまでも姉ちゃんと一緒にいられるから。


 でも、姉ちゃんはボクの作ったキャラクターになると言い出してきた。


「姉ちゃんが今とそっくりになってくれるのは……ボクも嬉しいよ? でも……姉ちゃんは自分で好きなように作ったほうがいいんじゃない?」


 ボクの手を包む姉ちゃんの手にぎゅっと力が入り、そして姉ちゃんは左手で後ろからボクを抱きしめてきた。


「萌生のキャラはあたしが作ってあげる。あたし好みの最強のキャラをね!」


 姉ちゃんに抱きつかれながら、身動きが取れないボク。

 姉ちゃんの左手がボクの顔に添えられる。

 そして、ボクの顔を姉ちゃんは自分に無理やり向けさせる。

 触れるか触れないか、そんな距離。

 姉ちゃんはボクの目をじっと見つめている。


 近い……姉ちゃん……近すぎるよ!


 姉ちゃんは口元をニヤリと吊り上げてボクに言った。


「ねえ、知ってた? 転生したらさ、もう姉弟じゃなくなるんだよ?」


「だから、お姉ちゃんを好きになっちゃっても……いいんだよ?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます