先生になりたい俺は今日も、そんな登る入道雲を見ていた。

作者 和蘭芹わこ

35

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

目を閉じれば、夏を感じることができる。
これはそんな作品です。
情景の描写の美しさもさることながら、主人公が大切だと思う人をいかに大切にしているか、というところが丁寧に書かれていて、心に沁み入るような作品に仕上がっています。
いいですね、夏。
これを私が読んだのは冬なのですが、心が温かくなる、そんな作品でした。

★★★ Excellent!!!

真夏のパステルカラーの青空が広がり、燦々と降り注ぐ陽光。その中を爽やかに吹く潮風。そういった情景とともに物語が展開していきます。その景色がとても綺麗で、読んでいて心地良くさせられます。
自分の大切な人のことを思いながら読むと、グッと心にくるものを感じました。それとともに、今のうちからもっとその人との時間を密に過ごしたいなとも思いました。