花と死体

それはまるで蜘蛛の糸

(1)殺害

 学校帰り。

 私は近所の小学校に忍びこんで、飼育小屋からウサギを盗んだ。


 裏山へと続く未舗装の道を駆け抜ける。

 民家が途切れたあたりで、リュックに閉じこめていたウサギを取り出した。

 首根っこをつかんで地面に下ろし、ふわふわした背中を両手で押さえつける。片手をはなしてもウサギが反撃できないことを確認し、右手を小さな首にかけた。左手も首に回して、一気に絞め上げる。


 ウサギは私の手のなかでもがき苦しんだ。後ろ足で地面を激しく叩き、短い前足で土を掻く。キーキーと鳴く声が耳についた。

 私はウサギの悲鳴を封じこめるように、両腕にますます力をこめた。

 顔が熱くなって、脳内の血管が弾けそうになる。


 細い骨の砕ける感触がした。

 ウサギの身体が大きく引きつって、それを境に抵抗が弱まってゆく。鳴き声もやんだ。そして小刻みに痙攣したのち、動かなくなった。


 私はようやくウサギから手をはなした。湿りけを帯びたぬくもりが、まだ指先に残っていた。

 中指の腹にくちづける。命を奪い去ったばかりの指は、くちびるがとろけそうなほど熱かった。


 満たされた気持ちでウサギの死体を見下ろしながら、喉に詰まっていた息を吐き出す。胸のなかで石のように凝り固まっていた衝動が、じんわり溶けていった。

 ブラウスの袖で、額ににじんだ汗をぬぐった。


 ブレザーのポケットからスマホを取り出して、現在時刻を確認する。

 一八時四五分。

 思ったよりも遅い時間だった。

 さっさとウサギを片づけて、お母さんのお見舞いに行かなければ。平日の面会時間は二〇時まで。ここから病院まで三〇分近くかかるから、満足感にひたっている余裕なんてない。

 せっかく気分がいいのにもったいない、と思いながらも腰を上げる。地面に放り出したリュックを拾うために振り返った。

 そして、凍りつく。


 薄闇のなかに人間がひとり立っていた。

 地元の私立高校のセーラー服に紺色のカーディガンを羽織った、背の低い女子。さらさらの茶髪に小さな頭、着せ替え人形のようなかわいらしい顔立ち。なのに、笑みはドブくさい。

 私は彼女を知っている。同じ中学出身の仲原なかはら だ。

 頭上で枝葉がさざめいた。共鳴するように、胸のざわめきが大きくなる。


波多野はたのさん、ひさしぶりだね。元気?」


 仲原は気安くて嘘くさい挨拶をしてきた。

 私はなにも応えられなかった。ほてった身体からどんどん熱が失せてゆく。頭に血が回らないせいで、思考がままならなかった。なのに、心拍はウサギを殺したときよりも激しい。

 仲原は満面の笑みを浮かべた。


「今、すごくいい写真が撮れたんだよ」


 朗らかに話しながら、スマホの画面を私に見せつけてきた。

 ――見たくない。

 猛烈な拒否感が胃の底から這い上がってくる。けれど、想いとは裏腹に、私は仲原にふらふらと歩み寄っていた。おぼつかない手つきでずり落ちた眼鏡をなおし、目を細めて画面を見据える。

 画面には一枚の写真が表示されていた。地面にうずくまって、ウサギに両手をかけている女子高生の後ろ姿。この地域では珍しいモスグリーンのブレザーを着て、三つ編みを背中に流している。

 写真は斜め後ろから撮影されていた。そのため、被写体の横顔が少し写りこんでいる。

 黒縁の眼鏡。少し上を向いた鼻先。なだらかな頬。わずかに見える口角は、明らかにつり上がっていた。

 被写体の表情に気づいた瞬間、汗ばんだ肌が一斉に粟立つ。

 ウサギを殺すとき、私は笑っていたのだ。普段の私とは似ても似つかない獰猛な顔で。人違いだ、と思いたかった。けれど、今でも脳にこびりついている快感が、これは間違いなく私の笑みだと物語っていた。


「どう? 暗いわりにはきれいに撮れたと思わない?」


 私の顔色の変化を見届けて、仲原はスマホを持つ手を引っこめた。


「すっごくかわいいよね。ウサギさんも、波多野さんも」


 仲原の弾んだ声に意識が揺さぶられる。目は見えているはずなのに脳内で像を結ばず、ありとあらゆる音が思考に割りこんできた。

 もはやなにがなんだかわからない。ただ、吐き気だけはたしかな感覚で、内臓の痛みが毒々しい色彩となって網膜にへばりついている。

 痛みはぐるぐると混ざり合い、いつしか赤黒いまぼろしへと変わっていた。


 霊安室の冷気を凝縮したかのような石碑がそびえ立っていた。腐りかけた卵の白身のような粘液にまみれ、不潔な光沢をはなっている。

 拝石が音もなくずれた。下から穴が現れる。のぞきこんでみても、墓のなかにあるべき棺や骨壺は見当たらなかった。ただ、底なしの闇だけがわだかまっている。

 穴のなかで水の跳ねる音がした。きーんと耳鳴りがして、なにかの気配が近づいてくる。びちゃ、と穴のふちにヘドロのような液体がついたかと思うと、なにかがずるりと穴から這い出してきた。

 それはばけものだった。風呂のなかで溶けかけた人間の死体のような、おぞましい姿をしている。身体を支える骨はなく、ゆるいゼリー状になった身を引きずることしかできない。

 あわれなばけものは呻いた。助けを求めるように、剥がれかけた爪で私の胃袋を引っかきまわす。


「ねえ、波多野さん、高校でも相変わらずみんなにモテモテなの? 先生にも愛されまくってるんでしょ?」


 私が吐き気をこらえていると、仲原の嘲るような声が脳に突き刺さった。


「私ね、波多野さんのこと神さまみたいだなぁって思ってたの。だって、みんなのお願いをぜんぶ聞いてくれるんだもん。普通の人間には無理だよそんなこと。だから、波多野さんは神さま」


 私は脂汗を流しながら眉をひそめる。仲原がなにを言っているのか、理解できなかった。


「波多野さんが同じ人間なんだってわかってうれしかった。波多野さんみたいなひとも小動物を殺すんだなぁって」


 仲原はスマホをあごに当て、媚びるように首をかしげた。


「だからね、波多野さんが楽しそうにしてる写真を送ったら、みんな大よろこびすると思わない?」


 悪意のにじんだ問。視界の揺れがやんだ。

 ――そういうことか。

 私は思考を取り戻す。

 仲原は写真を使って、私を脅迫しようとしているのだ。これから「写真をばらまかれたくなかったら……」という常套句が飛び出してくるはず。


 相手の意図を把握した瞬間、身体の底から熱がこみ上げてきた。熔けた鉄のような激情に、全身の血液が沸き立つ。


「……思わない」


 怒りを押し殺して答えた私に、仲原はいやらしく口もとを歪めた。


「あれぇ、なんで怖い顔をしてるの? さっきの写真をみんなに見せるだけじゃ不満?」


 にやにやしながら私の顔を眺め回し、唐突に「そうだ!」と手を叩いた。


「波多野さんは私と違って、お母さんのことすごく大事にしてるんだよね」


 ――お母さん。


 ばけものがぞろりとうごめいた。


「だったらこの写真、お母さんにも見せてあげようよ」


 ばけものがぶくぶくと膨らんでゆく。


「波多野さん、こんなにきらきらしてるんだもん」


 黒い膿のようなばけものは腹に氾濫して、胸腔を満たし、心臓へと達して――。


「きっとお母さんもよろこ……」


 視界が赤黒く染まり、私は仲原に飛びかかった。

 相手を地面に押し倒し、腹の上に馬乗りになる。

 仲原が叫ぼうとしたから、平手で頬を張ってやった。空砲を撃つような打撃音が、薄暮に響きわたる。

 仲原は両目と口を大きく開いた。


「は、波多野さん?」


 おびえきった声だった。

 私は返事の代わりに、仲原のがら空きの喉に両手を添えた。人間の首は、実際に触れてみると思っていた以上に細かった。

 大きく息を吸って、両手に体重を乗せる。地面に両膝をつき、尻を浮かせ、相手の喉骨をへし折るつもりで首を絞めた。

 仲原が潰れた悲鳴を上げた。暴れながら長い爪で首を掻きむしり、私の左手の甲をえぐる。

 鋭い痛みに刺激され、衝動が加速した。五感が遠ざかり、自分の血液がごうごうと流れる音しか聞こえなくなる。これはきっと、火葬場で焼かれるときの音と同じだ。


 ――壊せ。壊してしまえ。


 頭のなかで響く声に、私は無心で従った。

 私の下でばたつく身体。ひしゃげたうめき声。飛び出しそうな眼球。

 ぬるぬるとした汗に手が滑りそうになる。力みすぎて頭がぐらぐらとした。首筋から肩にかけての筋肉がぱんぱんに腫れている。上半身の疲労が鈍痛へと変わってきた。

 それでも奥歯が割れそうなほど歯を食いしばり、力をこめ続ける。


 仲原の顔がどす黒くなってきた。白目が濁りはじめる。

 押し寄せ来る死の気配に、私のなかで凶暴な歓喜が吹き荒れた。

 殺意の解放。すべてを破壊しつくす暴力。

 ずっと求めていたものが、にある。

 笑い声のような泣き声のような喘ぎが私の口から漏れた。気が昂ぶりすぎて涙がこぼれる。


 殺してやる。私をおびやかすものを。

 仲原なんかにいい子の顔を奪われてしまったら、私は――。




 いったい何秒、いや、何分経ったのだろうか。

 がくん、と仲原の身体からなにかが抜けた。開かれたままの目から光が消える。

 私は肩で息をしながら、ゆっくりと仲原の首から手をはなした。


 仲原は動かない。数分前までの愛らしさはすっかり消え失せ、開きっぱなしの口からは泡立った唾液がこぼれていた。

 仲原の首筋に手を伸ばしてみる。熱く湿った皮下の肉はやけにぐんにゃりとしていた。気色悪さに耐えながら脈を探してみるものの、一向に見つからなかった。

 念のため、仲原の口もとに耳を寄せてみる。呼吸音は聞こえない。大きく開いた口の上に頬をかざしてみても、やはり呼気は感じられなかった。


「……終わった」


 私は頭をもたげ、肺の底から息を吐き出した。


 緊張が解け、世界に音が戻ってくる。

 枝葉の鳴る音。低い虫の音。遠くで改造車が走る音。

 乱れた息を整えていると、ゆるやかな風が首筋をなで、体表にまとわりついた熱気を洗い流していく。


「よかった……」

 これで、お母さんに写真を見られることはない。病院に行けば、今日も変わらず「いい子ね」と言ってもらえるはずだ。あとは変わらぬ日々に戻るだけ――。


 ――本当に?


 頭のなかで声がした。

 重大なことを見落としているかのような焦燥感。耳の奥でチリチリと音がする。

 なにが不安だというのだろうか。殺意は消えた、衝動は燃えつきた。ばけものは眠った。仲原だって――。


 私は下を向く。

 そして気づいた。

 自分がの上に座っていることに。


 声にならない絶叫がほとばしった。

 私は仲原の腹から転がり落ちる。膝を擦りむきながら、這いつくばってその場をはなれた。


 道端の草むらに差しかかろうとしたとき、急に逃げるのが怖くなった。

 仲原の死体を放っておくわけにはいかない。だれか来る前に隠さなければ。

 ふらつきながら立ち上がり、嫌がる身体をなんとか仲原に向けた。


 地面に転がった仲原はぴくりとも動かない。

 だって、死んでいるから。私が殺したから。この手で仲原を。ウサギではなくて、人間を。


 脳内で事実を反芻しているうちに、全身が小刻みに震えだす。貧血になったかのように、目の前が暗くなった。

 どうしよう。このままだと殺人罪で捕まってしまう。学校に通えなくなる。お母さんのお見舞いにも行けなくなる。


 どうすればいいのかわからない。

 もう、どうしようもないのかもしれなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます