第26話

 彰夫が自宅でメモと心理学書を見比べながら、好美の絵の解釈に奮闘していると、携帯が鳴った。


 着信表示を見て警戒する。好美なのか、テルミなのか。


「もしもし…」


 返事が無かった。もう一度呼びかけて、返事を待った。返事が無い代わりに、激しい息遣いと嘔吐で喉が鳴る音がする。

 彰夫は電話を切ると、自宅を飛び出して入った。


 松風マンションの彼女の部屋には鍵が掛ってなかった。

 部屋に飛び込んでみると、汚物にまみれて、彼女が床の上をのたうちまわっている。好美なのか、テルミなのか。彰夫は彼女の肩に腕をまわして半身を起した。

 息も絶え絶えに彼女が彰夫に訴えてきた。


「胃が、死にそうに痛い…」


 瞳が黒かった。テルミだ。


「テルミ、何があったんだ?」


 テルミは身もだえするだけで答えない。

 あたりを見回すと、空の日本酒の一升瓶が転がっていた。急性アルコール中毒? 今は嘔吐を伴う泥酔期で、このまま血中アルコール濃度が上昇し続けるようなら昏睡期に入り、呼吸機能や心拍機能の停止に至るかもしれない。

 彰夫は、即座に救急車を呼んだ。そして、テルミを嘔吐物の窒息から守るために、体と頭を横向きにして寝かせた。いわゆる回復体位と呼ばれる体位だ。


「なんでこんなに飲んだんだ」


 叫ぶ彰夫に、テルミが悶えながら、絞るような声でうわごとを言った。


「もともと…男に電話して誘うなんて…出来る女じゃなかったのに…」


 そこまで言うと、テルミの意識が落ちた。

 いよいよ昏睡期に入ったのだ。彰夫はテルミを抱え呼吸と心拍を頻繁にチェックした。救急車はなにぐずぐずしているんだ。彰夫は床を拳で叩きながら叫んだ。しばらくすると、かすかであるが救急車のサイレンの音が聞こえてきた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます