第19話

 横浜市立大学の金沢八景キャンパス。彰夫がそこにやって来るのも何年振りだろう。


 大学時代は人間科学コースで心理学を専攻して毎日ここに通っていた。今彼は久しぶりに訪れた教授室で、学生時代教えを乞うていた人物を待っている。


 好美の耳にテルミと同じホクロを発見したあの日、好美をエレベーターに見送った後、自分が出てきた部屋を確認しに行った。まぎれもなくその部屋は、好美と賃貸契約した部屋であった。

 急いで会社に戻って、借主情報を確認した。好美に姉妹はいなかった。好美とテルミ。自分が彼女たちと接した記憶を、改めてはじめから検証し直して得た結論を持って、彰夫はここにやってきたのだ。


 やがて、頭皮がてかてかに光った杉浦教授が、額に汗をうっすら浮かべて教授室に戻ってきた。彰夫の顔を見るなり、その表情を緩めて歓迎の意を表してくれた。


「いやー、久しぶりだね及川君。待たせてすまん」

「いいえ、お忙しいところでお時間を頂戴してしまって…」

「卒業後はどうだい?」

「亡くなった父が残してくれた会社で、姉夫婦とともに細々とやってます」

「少し社会人らしくなったのかな?」

「杉浦先生は相変わらずで…」

「そんなお愛想を、わしの頭を見ながら言うもんじゃない」


 ふたりは久しぶりの再会に笑い合った。


「ところで、院への進学を進めるわしの推薦を蹴って大学を去った君が、突然やって来た理由はなんだい」

「杉浦先生、実は解離性同一性障害についてお聞きしたくて…」


 杉浦教授は、頭の中の図書館から関連書籍を検索するかのように目を閉じた。


「解離性同一性障害。いわゆる多重人格だな。本人にとって堪えられない状況を、自分のことではないと感じたり、あるいはその時期の感情や記憶を切り離して、それを思い出せなくすることで心のダメージを回避しようとすることから引き起こされる障害を一般的に解離性障害と呼ぶが、解離性同一性障害は、その中でもっとも重い症状で、切り離した感情や記憶が成長して、別の人格となって表に現れるものだね」

「患者さんに会ったことがありますか?」

「この障害は決して珍しいものではないんだが、残念ながらお会いしたことはないよ。もっとも、長期にわたって『別人格』の存在や『人格の交代』に気づかずいる人も多いんだ。人によって深刻度は様々で、中には治療を受けることも、特別に問題をおこすこともなく、無事に大学を卒業し、就職していく人もいるくらいだから」

「そうですか…。逆に重症の場合は?」

「やがて、統合失調症、つまり精神分裂病をおこし、様々な幻聴、幻覚、強迫観念、そして『うつ』に苦しめられ、到底日常生活を普通に送ることができなくなる。人格同志の衝突による自殺なんて言うのも最悪のケースだね」

「原因ですが…」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます