第6話 休み明け

 怠惰な春休みも明け、5セメスターが始まった。といっても、法学部の専門科目は基本的に全て選択必修であり、しかもほとんどの講義で出席をとらないのだから、その気になれば春休みを延長させることがもできる。が、一回目の講義では成績の評価方法や授業のスケジュール、教科書や参考書(教授が良し悪しを論評してくれて割とタメになる)、さらには役に立つ政策研究所や官公庁のHPなどを教えてくれるため、初回に参加するのとしないのとでは、気合の入り方が違ってくる。

 以上のような観点から、俺は初回受講を欠かさず行っている。逆に言えば、それ以降は行ったり行かなかったりしている。

 ちなみに、この大学では一年度を二つに分け、一年生の前半は1セメスター、後半は2セメスター、二年生の前半は3セメスターと呼称する。どうでもいい。一個下の代からはクオーター制も導入されたらしいが、これもどうでもいい。

 俺は月曜の2限の講義が早く終わったのをこれ幸いと、早めの昼食を摂りに学食に来ていた。

 まだ人はまばらである。普段の昼休みだとものすごい喧騒なのだが、やはり静かなところで食べるのが一番だ。

 俺は贅沢に四人掛けの席を占領し、まったりとラーメンを啜っていた。背油醤油ラーメン大盛り492円。地味に高い。おまけに胡椒をこれでもかとばかりにかけたが、そもそもが辛くないのか、ピリッとしたあの刺激はいつまで待っても舌を襲わない。

 物足りない……。

 そんなことをブツブツ言っていると、横合いから声をかけられる。


「あ、尾崎」

「……丹波たんばか」


 顔を向けた先にいたのは、法学部三年生の丹波愛たんばあい。長い茶髪を後ろで一本に縛り、相変わらず暴力的なまでに豊かな胸が、薄手のシャツの下から自己主張している。不埒な胸だ。


「久しぶり」

「元気してた?」

「まあな。おかげさまで」

「春休みどっか行ったの?」

「別に……バイトして帰省して、それだけかな」

「うわ、尾崎っぽーい」

「はっ倒すぞ。そう言うお前はどうなんだ」

「私はねー……京都に行ってきました!」


 と言いながらスマホを操作し、俺に画面を見せた。そこに映っていたのは、これでもかとばかりに撮影された写真群。金閣、銀閣、伏見稲荷の千本鳥居や龍安寺の庭園などを背景に、いかにも楽しげに笑う男女が映っている。


「ゼミの人?」

「そ。行動力ある人が企画してくれたんだ」


 法学部では、ゼミに入る義務はないが、やろうと思えば二年生から入れるものも存在する。丹波はそこに所属していた、というわけだ。そしてこうして旅行に行っている。なんとも大学生活を満喫しているのである。


「相変わらず楽しそうだな」

「そりゃそうじゃん。大学生活は四年しかないんだし、楽しまなきゃ損損っ」

「お前の中ではそうなんだろうな」

「何よ、自分がエンジョイできてないからって」

「馬鹿言え、俺はしっかり満喫している。このモラトリアムを生かして、小説読んだりアニメを観たりしている」

「それって楽しんでるの……?」

「あなたにはわからないでしょうね」


 と、どこかの議員めいたセリフを吐く。


「じゃあさ、今度二人でどっか行こうよ」

「お前が全部企画してくれるならいいよ」

「丸投げって……まあいいや。日帰りでいい?」

「お気に召すまま」

「そこは『お気になさらず』じゃないの?」

「知らん」


 本当に知らん。多分どっちも違う。


「そっか。日帰りなら山形か岩手かなー」


 早くも楽しそうに、丹波は計画を立てている。本当にアウトドアな人間だ。俺とは正反対。岩手なら遠野に行ってみたいなー、河童釣りたいし、とも思うが、口には出さない。行くなら一人で行きたい。

 と、そんな雑談をしながらラーメンを啜っていると、俺のスマホがブブッと振動する。暗い画面が一転して、LINEのメッセージの通知を伝える画面になる。そこには「松川彩音」という名前とともに、


『突然すみません、授業のことで相談したいことがあるのですが、今お時間ありますか?』


 という文言が浮かんでいた。俺は左手でパパっと操作して、


『いいよ。今南キャンパスの学食にいる。場所分かる?』


 南キャンパスとは川内南キャンパスのことだ。文学部、教育学部、経済学部、法学部の学部と研究科が入っている。北キャンパスは全学教育科目――いわゆる一般教養科目の講義が行われる場所で、全学部の一年生は大抵ここで授業を受ける。多分松川もいるはずだ。


『はい、わかります。今からお伺いします』


「やけに丁寧な文体だな……」


 几帳面な性格が滲み出ている。


「どしたの?」

「いや、なんでもない。後輩からのお悩み相談」

「へー、尾崎にも後輩っているんだ」

「馬鹿にするなよ」


 どうしてこうどいつもこいつも俺を軽んじるんだ。




「お疲れ様です……そちらの方は?」


 松川は時をおかずに来た。黒のズボンに水色のワイシャツという装いで、この前見たスーツ姿とはまた違った趣がある。美人だから何を着ても映えるのかもしれない。


「こちらは丹波愛。同じ法学部の三年生だ。まあ、お前の先輩ってことになるな」

「はじめまして、えっと――」

「あ、松川彩音まつかわあやねと申します。よろしくお願いします」

「ああ、こちらこそよろしく」


 丁寧に頭を下げる松川を、興味深そうに見下ろすと、「へえ」と笑って、


「なんだ、あんたの後輩っていうから変な子かと思ってたけど、すごく礼儀正しい子じゃんね」

「だからなんで俺をいちいち小ばかにするんだ?」

「日頃の行いよ」


 何かした覚えはない。あるいは、何もしていないからかもしれない。


「で、時間割がどうしたんだって?」

「ああ、そのことなんですけど――」


 そう言うと、トートバッグから学部のシラバス、全学教育科目の時間割を取り出して、テーブルの上に並べた。


「全学も専門もなにを履修すればいいのか分からなくて……」

「ああ……」


 一年生は必ず、学部の専門科目と全学教育科目を受けなければならない。しかも時間割はそれぞれ独自に決められているから、同じコマに受けたい講義が重なることもある。それに、授業の種類が豊富な分教授も多く、当たり外れもあるので、先輩に頼る学生もいる。新入生向けの時間割決め講座を開いて勧誘をするサークルもあるくらいだ。まあ、松川はそういうイベントには及び腰なのだろう。俺もそうだった。


「まず、専門は履修できるものは全部登録した方がいいな。1セメスターでは何が開講されるんだ?」

「憲法1と民事法入門、刑事法入門、司法制度論です」

「まあ、全部これからの講義にも役立つから受けた方がいい」

「分かりました」


 几帳面にメモを取っている。


「全学は――」


 と、俺が受講した中でも簡単だった――いわゆる楽単の講義を教えていく。


「……とまあこんくらいだな。丹波はどうだった?」

「私? まあだいたい尾崎と同じ講義とってたから、あんまりおすすめできるのはないかな。けど哲学とか人文系は評価緩めのが多かった気がするから、そこを狙うのもいいけど」

「なるほど……って、先輩方はそんなに最初からのつきあいなんですか?」

「ああ、まあな」

「お二人って正反対だと思うんですけど、どうやってお知り合いになったんですか?」


 暗に馬鹿にされている気もするが、被害妄想としておく。


「まあ、別に大したことではないんだが。……入学式が終わって、俺は可愛い女の子を探してウロウロしていた」

「ちょっと引きます……」

「だよねー」

「静かに。で、そしたらいきなり後ろから声をかけられたんだ。『何をしてるんですか?』って。で、『可愛い女の子を探してるんです』って言いながら振り返ったら、そこに立ってたのがこいつだったってわけだ」

「そっ。そういうこと。なんのドラマもないよね」

「はあ……」


 本当に大した話ではなかった。『可愛い女の子を探してるんです』と言ったのはギャグのつもりだったが、彼女にはドン引きされた。


「それで、お二人は付き合ってるんですか?」

「え? いやまさか。私とこいつが付き合ってるわけないじゃん」

「そうだぞ」

「そうなのですか……」


 松川は心なしか失望したような顔を浮かべた。色恋には興味なさそうだったのに、ちょっと意外だった。


「だってこいつ、女子に全然興味ないんだよ?」

「え、そうなんですか?」

「誤解を招く言い方をするな。人並みに興味はあるんだよ」

「ああ、はい」


 まあ、あくまでも人並みにしかないのだが。男と同じくらいにしか興味はない。


「で、時間割は決まったか?」

「はい、お二方のアドバイスを参考にしました」


 そう言って時間割を見せられる。


「おー、いいんじゃない? もっと取ってもいいと思うけど」

「それはお前がそうだったからだろう」


 横からツッコミを入れる。半年で30単位はとりすぎだと思う。しかしもっと恐ろしいのは、そんな時間割にする一年生がそこそこいるという事実だった。


「尾崎先輩はこれくらいでしたか?」

「ん? いや、俺はもっと少なかったな。20単位くらい」

「え、それでよく学生生活送ってきたわね……」

「いいだろ。実際ここまで順調なんだし」


 俺は卒業要件まで残すところあと30単位。極めて順風満帆である。単位も落としていない。真面目な学生なので。


「まあ、25単位なら順当だろう」

「そうね」

「そうですか――ありがとうございます、これでとりあえず今週は受けてみます」

「頑張れよ」

「ありがとうございます」


 新入生の役に立てたということで、俺の中にも達成感や嬉しさが生まれた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る