ベトナムコーヒーが落ちるまで

作者 砂村かいり

すべてのエピソードへの応援コメント

  • ベトナムコーヒーが落ちるまでへのコメント

    読ませていただきました。
    文章が上手すぎて物語の是非について感想を述べられないです(泣
    どの表現が素敵と優劣つけられないほど自然体で、唯一「社畜」の文章にだけざらつきを覚えたのですが、読み返したらその指触りさえ相応しい気がして……

    終わり方が好きです。
    「小説とは本来こうあるべき」というメッセージ性を感じますし、あるいは「『恋愛小説はこうあるべき』という安易な定義づけに対する反論」にも。

    いずれにしても作者の巧みな筆致による良作だと思いました。
    いただいた感動をうまくお返しできない感想をご容赦ください。

    作者からの返信

    真乃宮さま

    初めまして!このたびはお読みいただき、書き手冥利に尽きる嬉しいコメントや★まで、本当にありがとうございます。

    気に入ってくださったこと、ばっちり伝わりました。
    文章力を称賛いただけるというのは、執筆の上で本当に励みになります。
    代表作『炭酸水と犬』ではさらにこだわり抜いた表現の数々でお送りしておりますので、今世紀中にでもお読みいただけると作者が喜びます(笑)。
    元気の出るお言葉の数々、本当にありがとうございました!

    2019年6月14日 18:40

  • ベトナムコーヒーが落ちるまでへのコメント

    タイトルを見て、川口俊和さんの「コーヒーが冷めないうちに」を意識された作品かと思って読んでみました。
    しかし、まったく別物の極上の恋愛小説に出会うことができました。

    主人公を心理描写が巧みで、豊かな比喩表現と相まって、素晴らしい作品に仕上がっていると思います。

    気になる結末と、良かったです。

    作者からの返信

    夢崎かの さま

    本作をお読みくださり、★にレビューにコメントに、たくさん応援してくださって本当にありがとうございます!

    大好きなベトナムコーヒーをモチーフに書きたいと思って以前から温めていたタイトルなので、お書きの作品とは何の関係もありません(笑)。

    気に入っていただけて、大変嬉しいです。
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします♡

    2019年1月18日 12:53

  • ベトナムコーヒーが落ちるまでへのコメント

    練乳入りでとっても甘いベトナム珈琲。
    それが落ち切るまでに。
    その味はどんな甘さだったのでしょうねー

    刻々と迫る時間の流れが美しかったですよ
    \(*´∀`*)/
    これはお星様3つ
    ★★★
    な作品でしたー

    ご馳走さまでした
    m(_ _)m

    作者からの返信

    結衣こころころころ。さま

    初めまして。コメント及び★3つくださいまして、本当にありがとうございます。
    ふたりが飲んだベトナムコーヒーの甘さにまで言及してくださった方は初めてです!

    迫り来るタイムリミットのどきどき感も楽しんでいただけたようで、とても嬉しいです。

    2019年1月2日 01:19

  • ベトナムコーヒーが落ちるまでへのコメント

    うわぁ…。どっちとも取れる結末。
    あとは読者がどう取るかなんでしょうけれど。
    どういう結末であれこの続きを知りたいと思ってしまいます。

    作者からの返信

    tommy8さま

    こちらもお読みくださってありがとうございます!(感涙)
    続きは読者の皆さまの想像力に委ねてみました。
    それぞれの胸の中で最善の選択をしていただければと思います♡

    2019年1月2日 01:14

  • ベトナムコーヒーが落ちるまでへのコメント

    自分の小説はあんなんなのに何ですが、今里くんにしとけよ、と言いたい(笑)わたしにも今里くんみたいな男友だち(チャラくない)がいましたけど、恋には残念ながら届かなかったなぁということを思い出しました。

    作者からの返信

    月波 結さま

    コメント及び★3レビューをいただき、ありがとうございます!
    年始からとても嬉しい気持ちになれました。
    今里くんみたいな男の子って、結構いると思うんですよね。若さゆえの正義感なんかもあったり。
    亜子の結論を楽しく想像していただけましたら幸いです。

    2019年1月1日 20:12

  • ベトナムコーヒーが落ちるまでへのコメント

    これは決められないな~。
    先輩と別れなくても、今里くんとこのままの関係を続けてしまいそう。
    今里くんとのお付き合いにも、先輩とのお別れにも踏み切れない。今里くんの方から離れていっても亜子ちゃんの心の中でモヤモヤし続けるだろうし。
    先輩と遠距離じゃなかったら展開も早いんでしょうけどね。

    新たな展開を迎えるまでにはもう少し時間がかかりそうですね。
    仕事が絡むと自分だけの力ではどうにもならないこともありますしね。
    社会人はつらい(^o^;)

    作者からの返信

    紬季渉さま

    今作もお読みくださり、ありがとうございます!
    感情移入していただいて、とても嬉しいです。
    もし自分が亜子でも、迷ってしまうと思います。先輩が来るか来ないかで大きく変わりますが…。

    若者がたやすく会社の消耗品になってしまいがちな現代社会の問題もひそかなテーマとして書きました。
    いつ死ぬかわからない日々、大切なひととの時間を少しでも過ごせますように。

    2018年12月27日 20:22