密会はいつだって三分間

作者 小高まあな