SHINOBI ~日下茂平物語~

天神大河

第一話 陰謀渦巻く沼の島

 今から昔、江戸時代中頃のこと。

 土佐藩とさはん(現在の高知県)には、連日城下町を賑わせる盗賊がいた。


「おうおまん、聞いたかえ。また盗賊の茂平もへいが出たんじゃと。今度は『くろの屋』から米を大量に盗んだがやと」

「へえ、そりゃあたまげた。けんど『くろの屋』はのう、去年の飢饉のときに米を自分だけ独占して、わしらにはちっとも売ってくれんかったろう。自業自得じゃい」

「ほうじゃのう。茂平は、わしらにとっちゃあ義賊じゃ」


 年寄りたちの会話を小耳に挟みながら、十五になったばかりの若い娘――おきぬは覚束ない足取りで通りを歩いていた。


「野菜、魚、いらんかねえ。安うしちゃるき、うてってやあ」


 声高にそう言いながら、お絹は骨ばった両手に野菜と魚とをたくさん詰めた桶を持って、通りをあちこち歩き回っていた。だが、朝から休みなく歩き続けているにも関わらず、品物は一個も売れていなかった。

 もうじき日が暮れるというのに、これでは一銭も儲けが出ない。そう思ったお絹はその場でつと立ち止まり、小さく溜息を吐いた。

 その時、彼女の前に何か巨大な影が現れたかと思うと、どん、と大きな音を立ててぶつかった。

 お絹の華奢な身体が、地面へと崩れ落ちる。それと同時に、彼女の手から離れた桶が土の上を静かに転がりながら、辺りに大量の野菜と魚を散らばらせた。


「こりゃ、そこの女子おなご! おんしゃあ、どこを向いて歩きゆうがじゃ!」

郷士ごうしの娘が。わしらあ上士じょうしが歩いちょるのに、よう邪魔をしたもんじゃ。が高い、控えろ!」


 立派な羽織を着た二人の男は、うつ伏せに倒れ込んだお絹の姿を見下ろし口々に罵声を浴びせる。対するお絹は、伏せた体勢のまま素早く足腰を動かし、正座の形を作った。そのまま頭を地面に着けると、両手を頭の前に持って行く。


「申し訳ありません、申し訳ありません」


 高い声を震わせ、お絹はただその場に平伏する。幾度も顔を地面に擦り付ける彼女を尻目に、取り巻きの男たちが小声で口にする。


「おい、ありゃあ沼島ぬまじま様のところの羽織じゃねえか」

「わしら郷士が上士に逆らうだけでも大事おおごとじゃというに、よりによって相手が沼島様とはのう」

「女子供の粗相にも容赦はせん方じゃ。あの女子は気の毒じゃが、わしらじゃどうにもできんちや。くわばら、くわばら」


 取り巻きの男たちがそんな会話を交わしている間に、上士の男の一人が、お絹の長い黒髪を乱暴に掴んだ。土で汚れた彼女の顔を前に、二人の男は下卑た笑みを浮かべる。


「この女子、わしの羽織に泥を塗りおった。斬って捨てちゃろうか」

「まあ待ちや。恰好こそ悪いが、顔だけはよう出来ちゅう。どこかへ身売りでもすりゃあ、高い金になるろう」


 口々にそう告げる彼らを前に、お絹は言い知れぬ恐怖から眉を歪め、目に涙を浮かべた。


 その時、彼女の眼前に突如黒い影が現れたかと思うと、上士たちは小さく呻き声を上げて後ずさった。

 いったい何があったのか。三人が影の姿形をはっきり捉えるより先に、気だるげな低い声が辺りに響く。


「ええ加減にしいや、上士ども。折角の団子が不味くなるろうが。見ちゃおれん」


 そう口にする影の姿が、徐々に鮮明に映る。お絹と変わらない年頃と思しき、若い青年だった。薄汚れた黒衣を纏った彼は、右手に握った串を口元へ持って行くと、そこに刺さっていた緑色の団子を口に含んだ。青年が噛むのに合わせて、肩まで伸びた黒髪もゆっくりと上下する。


「おんしゃあ、一体何をするがじゃ!」

「無礼者め、控えろ!」


 口々にそう言いながら、上士たちは青年の前へ近づこうとする。そのうちの一人が刀の柄に手を掛けたところで、黒衣の男は頬袋に団子を入れたまま、お絹の方へと向き直る。


「おい、お前。逃げるぞ。しっかり捕まっちょれ」


 お絹がその言葉に応える間もなく、青年の大きな手が彼女の背に触れた。その瞬間、辺りに土煙が立ち込める。突然の出来事を前に、二人の上士と、周囲に集まっていた取り巻きは思わず目を伏せた。

 そして、彼らが再び目を見開いた頃、つい先程まで居たお絹と青年の姿は、きれいさっぱり消え去っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます