Ψυχή(プシュケー)―黄昏史篇 アイオリア 2018 Common Era. Odyssey.

銀の鈴の章

第1話 洞窟を駆けるお嬢 前話

 爆音のような車輪の音が洞窟内に響き渡り、愛馬たちの蹄の音が薄暗闇に絶え間なく鳴り響いていく。


――この洞窟の地面は焼いたレンガが隙間なく敷き詰められていたはず。柔らかなレンガ道なら市街と同じ。だから、もう少し急がせても大丈夫。


 そう考えてレイミリアは愛馬たちに手綱をふる。手綱は波のようにしなり、馬達にその意思を伝えていく。お気に入りで着てきた赤のドレスがこうなると少し邪魔だ。自慢の金色の髪が風にのたうつ様に暴れて、けっこう面倒臭い。


――市街を馬車で疾走したのはもうずいぶんと前。あの時、馬達は足を痛めはしなかった。あんなことしたのは私じゃないけど。ったく、あの超問題児のジケイめ。従兄くせにそういった無茶ばっかりする。それに巻き込まれて痛い目を見るのはいつも私とロイと愛馬達。ジケイは自業自得で済むかもしれないけど、私達はそれじゃあ納得なんてできっこない。


 背後から迫る恐怖からの逃避。そんな自虐的な思いを浮かべながら、しかしレイミリアはしっかりと手綱を握りしめる。そうして握った手綱を力いっぱいにふり、馬車を出口へと急がせている。


――洞窟の外へ、その先の田園をすぎて街中までいけば助かる。きっと助かる。


 レイミリアのそうした思いとは裏腹に、馬車の背後にはおどろおどろしい気配がじわじわと迫り寄っていた。背中に感じるその気配はまるで、以前に会ったことがある巨大な竜のようだ。


――あの時も、大変だった……。あのジケイが珍しく消沈してて、御者のロイが背中を撫でてて、何があったのって心配して声をかけたのが間違い……。高山に竜を見にいきたいってお父様にお願いして、まだ子供なんだから駄目だって言われて、それで泣いてたんだっけ。ジケイには珍しく、目から涙をポロポロとこぼして、くしゃくしゃでどうしょうもない顔をしてたなぁ……。


 浮かんでは消える様々な思いを胸に、レイミリアは精一杯に馬車を走らせていく。時折ガタンっと車体が揺れた。車輪がレンガに引っかかっているのだろうか。轟音のような轍の音は変わらずに洞窟内に鳴り響いていく。背中に感じる竜に似た気配がまた一層大きくなった気がした。ときおり、手綱を握る手が汗で滑りそうになる。


――結局、竜を見に行ったんだよなぁ。私がロイにお願いして、お父様に許可をもらって……。マニちゃんが一緒についてきてくれたっけ。給仕なのに悪いことしたなぁ、大怪我しちゃったもんね。見えないところだけど傷も残っちゃったし、あれは私が悪かったなぁ……。


 もはや逃れようのない強大な気配。そいつが身に着けたドレスの生地ごしにじっとりと肌に感じられた。その恐ろしさを紛らわせようとありったけの思い出を思い浮かべながら、握った手綱を離すまいと爪を食い込ませるように力強く握りしめ、そうしてレイミリアは奥歯を力強く噛むとぎゅっと口を結ぶ。

 ふと、レイミリアの瞳から涙がこぼれた……。


――えーっと、嘘だよね。こんなところで、私、死んだりしないよね……。


 怖さがだんだんと精神を蝕んでいく……。必死になって強引に思いを昂らせ、レイミリアは左手の袖で涙をさっと拭いた。


――冗談じゃないわよ。何が相手だか知らないけど、こんなことで諦めてたまるものですか!


 強い決意が背中から迫る恐怖を打ち破ろうとする刹那、レイミリアの耳は「おい!」っと呼ぶ男の声をとらえた。とたんに鼓動がドクンっと大きく脈打つ。恐怖がぐいっとその鎌首をもたげて迫る……。


 レイミリアは自身の間の悪さを自覚している。これまでも何かをはじめようと決意すれば、そのタイミングでいつも横やりが入ってきた。

 ダイエットをしようと決意したその日の夕飯が、いつも決まって大好物のシチューであったり、好きになった男の子に告白をしようと思い立つと、そのタイミングで相手に彼女がいることに気がついたり。長いこと不登校でいた間も何度か学校へ行こうとした。けれどいつも何かの問題に巻き込まれてその日には行けなくなる。

 意志が弱いと言われてしまえばそうなのだが、そのタイミングの悪さもどうしようもない。

 今回もそれじゃないだろうか?とレイミリアは思った。かなり強引に、そう考えようとする。

 無論、怖さの転嫁だ。追いつかれたと認めたくないが故のその考えをレイミリアも、頭の片隅で自覚はしている。追いつかれたんじゃない、これはいつもの間の悪さだ。そう自身に繰り返すように暗示をかけていく。

 「ちょっとおいあんた。」

 しかも不思議なことに声は耳のすぐ後ろから聞こえてくる。なのでレイミリアはその声を、洞窟内に響く騒音が偶然にそうと聞こえる、そういう間の悪い幻聴だろう、と切り捨てることにした。


 そうと切り捨てるには理由もある。レイミリアの乗る馬車は、特別な仕様で作られた一点ものの馬車だ。前方を馬四頭で引くその馬車自体の形状は、横から見ると綺麗な流線型を描いている。御者を長年務めてきたロイがその経験を活かしてデザインした、当代随一の名車。そう自慢して譲らない特別仕様のものなのだ。

 御者台は馬車の前方に備えてある。つまりそこにレイミリアは座っている。そしてレイミリアの背後には扉で仕切られた馬車の本体がある。馬車の内側へ開かれるその扉が開いた様子もない。どんな騒音の中でも、扉が開けばチリンチリンと備え付けられた鈴の音が聞こえるはずなのだ。

 それに加えて自分が座る御者席とその扉の間にはほんのわずかの隙間もない。その間に入り込むことは幼子でも無理だ。子犬だって入らない。何故ならこの御者台は車体にピッタリと取り付けられているのだから。

 頭の中で無理矢理にそう理屈をつけて、湧きあがる不安を抑え込こもうとするレイミリアの耳に、またも男の声が聞こえた。

 「おい、あんた。ちょっとスピードを落としてくれよ。」

 背筋がゾクリとする。まるで耳元に口をつけて囁かれるような響きだったからだ。

 幻聴はしかし渋めのなかなかいい声にも聞こえる。こんなイケボだったら命まではとられないかな、などと都合のいい考えも浮かびながら、しかしレイミリアはいっぱいに手綱をたわませ、そうしてそれを強くふった。

 手綱からの指示で、愛馬達はここぞとばかりに一生懸命に駆けつづける。ガラングワンドコンバギャン、ガラングワンドコンバギャンと繰り返し鳴り響く車輪と蹄の音が、今や最大限に大きくなっていく。


 レイミリアの考えた通り、やはり幻聴だったのだろうか……。それきりで背後からの声は聞こえなくなっていった。

 ひょっとすると本当に幻聴だったのかもしれない。極限状態の恐怖の中で、音が響きすぎる洞窟という場所。そこを疾走する馬車がいれば、幻覚や幻聴程度は日常茶飯なことなのかもしれない。レイミリアはそう考えることにして馬達を急かす。

 そうして暫く、馬車は駆け続けていく。


――洞窟の出口まであとどれくらいだろう。まったく、猫じゃないんだから、逃げる相手を追ってこないでよね。


 相も変わらず、背中に感じられる恐怖。それは今や尊大な威厳さえも押し付けるように感じとらせてくる。

 しかし馬車のスピードをあげたからか、その恐怖は少しづつ遠ざかりはじめているようにも感じる。

 そこでレイミリアは少しだけ気を落ち着けるために、ふーっと大きく息を吐く。緊張からくる首と肩のコリを散らすために首も回す。そうして馬を駆りながら、こうなった経緯を思い返してみることにした。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます