第58話 なぜ、私はテレビを見なくなったか

 私は昔、かなりのテレビっ子だった。

 元々、共働き家庭だったし、学校に居場所はなかった。

 自然とテレビを見る時間は増える。

 小中学生当時は帰宅するとドラマとアニメの再放送をしていて、よく見ていた。

 それから意味も分からないのにニュースを見て夕食を食べ、雑務を終えて、寝る。


 今は、テレビを見る時間があるのならネットをするか、読書をするか、時間とお金に余裕があればDVDを借りて映画を見る。

 もっとも、今はネットもだいぶ見る時間が減ったように思う。


 理由は何だろう?


 まあ、往々にして加齢による脳の情報処理速度が遅くなったせいもある。


 だが、同時にテレビを見ていて思うことがある。

 特にバライティ―で顕著なのだが、『言葉のドッチボール』が酷いのだ。

 人の話を途中で遮る。

 不快なことをさせても「ノリ」で済ます。

 大声で叫ぶ。等々。

 ネットでも言えるが、会話はキャッチボールである。

 ドッチボールではない。

 相手に尊敬や敬意をもって接することが求められる。

 それがないのだ。

 

 もちろん、すべての番組が悪いわけではないけど、特にバライティ―番組と呼ばれるものは見たくない。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます