第16話 私は人を好きになったことがないらしい

 昔、まだ、二十代前半の頃に言われた言葉。

「あなた、人を愛したことがないのね」

 本来なら、ここで何か言い返しでもできればよかったのだが、私は妙に納得した。

『ああ、私は愛されないんだ』

 それから、こう思った。

『人を愛する人っての言うのが、こんなに人を見下すのならば私は人を愛さない。あんな目を持つ人間なんかになるものか』


 それから十年以上過ぎた。

 私には脳に障害があり、人との意思疎通が少し難があることが分かった。

 そして、この障害は世間で認識され始めているのも知った。

『そうか、私だけが特別ではなかったか』

 人が愛せるかと思った。

 だが、すでに他者は私にとって魔物モンスターになっていた。

 怖いのだ。

 恐ろしいのだ。

 嫌なのだ。

 気持ち悪いとさえ思った。

――人が愛せない

 この絶望たるや途方もない。

 漫画や小説で「愛なんていらない」などというが、とんでもない話である。

 

 私はいつか、人を本気で愛せるようになるのだろうか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます