稲妻トリップ

リエミ

稲妻トリップ 1 さっき……


 高架下の水面(みなも)に、街灯の明かりが落ちて揺れていた。


 淡いオレンジ色の光と、薄暗い夜の青さが入り混じる。


 俯いた顔に冷たい風が吹きつける。


 ほんのりと、潮の香りを運んでくる。


 車のライトが背中で輝き、速いスピードで過ぎ去った。


 毎日見ている。


 足を止めて、橋の上から。


 そこは、道路を仕切る白線の中。


 深夜になると、交通も少ない。


 誰にも入ってきてほしくないの。


 ただ一人で、私は海を眺めるのが好き。




 中央分離帯をまたいで、男がやってきたのは、もう日付が変わってからだった。


 手首に巻いていた時計のアラームが、セッティングした時間通りに鳴り、それを消そうと伸ばした私の、もう片方の手首を、彼は、強い力で掴んでいた。


 驚いた私の目を、まっすぐな目で見つめ返す。


 アラームが規則正しく鳴るのに反して、心臓の音が速くなってくるのが分かった。


「バカなマネはよせ」


 男の声は静かな通りに、やけに大きく響いて聞こえた。


「はやまるんじゃない、いいな?」


 ただ「うん」としか頷けなかった。


「よし」と言って、男が離れる。車線の向こうに停めていた青い車に乗り込んで、窓越しにこちらを見ながら行ってしまった。


 私は、腕時計のアラームを、指で止めた。




 蛇口をひねってシャワーを出すと、右足のかかとに痛みが走った。


 長時間立ちっぱなしの仕事で、靴擦れていたようだ。


 お湯の流れに乗って、糸のような形で排水口に向かう、赤い液体。


 さっき……帰宅途中の橋の上で、靴を脱いでいたことを思い出す。


 夜風に冷えて、とれた足のむくみ。地面に揃えたハイヒール。それを見て、あの人は勘違いをしたのだろう。


 私は、身投げなんてしない。


 どんなに今が辛くても、海を見ながら誓うのだ。


 明日もちゃんと生きていく。


 止まりかけた赤色を見て、私は思った。


 生きている、人間の中を流れるもの。


 それは時間のように、絶え間なく動く。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます