月のライン 2-4


 本土に帰ってきたメルは、すぐさまその足で郵便局へ向かった。


 上司の局長は、メルの今回の失敗を、言葉で叱責しなかった。


 40過ぎで、メルの2倍ほど年上の女性だったが、涼やかな顔でメルを見るとこう言った。


「始末書、書いて」


 あとは言われるままにメルは従った。


 午後からの仕事は取り上げられ、自宅に帰された。


 表には感情を出さなかったが、局長はかなり怒っていたに違いない。


 メルが帰り間際に、冷たい態度で言ったのだ。


「明日からはちゃんと、気をつけること。でないときみ、メールボーイの座を取り上げるからね」




 凝ったデザイン性も見られない、四角い箱のように見える家々が立ち並ぶ住宅街を、メルは歩いた。


 そのうちのひとつ、シンプルなドアノブに手をかけ、開くと、狭い玄関ホールに、なぜか木馬が置かれてあった。


「ふーん」とメルは、分かったような分からないような声を出し、リビングに向かった。


 そこにはメルの父がいた。


 クレパスを何本も床に散らばせて、立てかけたスケッチブックに殴り書きしている。


 ゆっくり近づいたメルにも気づかない様子だった。


 よく見てみれば、メリーゴーランドのスケッチだ。


「玄関の」メルが喋ると、父は「うわぁっ」と驚いて、手を止めた。かまわず、メルは父に話した。


「玄関のポニーに色を塗るつもり?」


「はっはっは」白い歯を見せ、父は笑う。


「あれはガレージから引っ張り出してきた。ベイビー・メルのお気に入りだったじゃないか」


「そうだっけ……?」


 メルの父はデザイナーだった。


 このたび舞い込んだ仕事は、どうやら遊園地の花形、メリーゴーランドの馬をデザインするという、ちょっとマニアックな内容らしい。


 馬か、そういえば家にも……と、父は木馬を参照に出したそうだ。


「これは移動式遊園地用の、小さなメリーゴーランドだ。どの地方を回るかは、まだ聞いてないんだが、どうも時間がないらしい。電飾技師の方と話したのだが、夜も目立たせるために、馬の目にランプを入れるの、どうだろうね?」


 父の提案に、メルは頷かずに小声で言った。「それは子供が泣いちゃうよ」


「まあ、メルなの?」


 キッチンのほうから声がして、メルの母が姿を見せた。


「昨日の晩はどこにいたの。夜出歩くのは感心しないわね」


「アクアアルタがあって……」


 メルは言いかけたが、面倒になって、首を横に振った。


「もう、いいや」


「いいやじゃないでしょ」


 母は大げさに心配している。


「テレビのニュースで言ってたわ。夜の道をフラフラしてると、変な人に怪しい花を売りつけられるの。マフィアのような連中よ。捕まった組織のひとりが、インタビューで言ってたわ」


 たしかに、この都会の治安は良くない。


 そのため、夜歩くのはボーイスカウトくらいだろう。


 だけど花を売りつける、というのは初めて聞いた。新手の詐欺だろうか。


「その花っていうのは、どんな花なの?」


 メルの問いに、父が答えた。


「夜光るらしい。だから夜に売られるんだが、その発光している花びらを食べると、幻覚症状を見るらしい。分からんが、捕まったひとりが言っていたのは、ライン……そう、ラインが目に映るそうだ」


 本当に、よく分からない世界だな。メルは思った。


 犯罪を取り締まる警察官と同じ、国家公務員のメルとしては、そんな組織を野放しにしているのは、痛ましい、許せないことだな、と、そう強く思った。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます