機動兵装チョコミント

ムネミツ

第1話 青緑の死神

「爽やかに行くぜ、スーパークールッ!!」

俺は、魂を込めてコックピット内で武装デバイスを振るう。


その動きに合わせて、ミントグリーンの人型ロボットが両腕に持った青く光り輝く

大鎌を横薙ぎに一閃させるっ!!


連鎖爆発、俺の愛機スーパークールを囲んでいた人型ロボット達が上半身と下半身

を泣き別れさせて爆散して行く。


ここは惑星シエルの荒涼地帯、俺が所属する地球統一政府軍は絶賛戦争中。


相手は宇宙に移民したコロニー国家、氷菓帝国だ。


どっちの軍隊もライディングアクショントルーパー、面倒だからラクトって呼んでる

ロボット兵器で命のやり取りだ。


この惑星シエルも、俺達と奴らであちこち取り合ってる。

ボサッとしてたら後ろからバッサリ、どいつもこいつもクールじゃねえ!!


「・・・こちらクール1、敵ラクト部隊を殲滅した。」

自分のコールサインで基地へと連絡する。


「確認しましたクール1、帰還してください。」


オペレーターの返事を聞き、俺は愛機のスーパークールを飛ばして自分が所属する

シエル第2基地へと戻る事にした。


大釜を背負い、翼の生えたミントグリーンの騎士が空を飛んでゆく。


滑走路に停まっている牽引用のトレーラーに着陸し格納庫へと運ばれる。


格納庫のハンガーに機体をセット、整備と補給はスタッフに任せる。


「・・・・・はあっ、体脂肪が燃えたぜ。」

ハッチを開けて、汗をだらだら流しながら機体から降りる体にフィットした

パイロットスーツ姿の精悍な体躯の青年。


褐色の肌に、ミントグリーン色のジャーヘッドの頭から汗を流す彼はチョコミント。

階級は中尉、このシエル第2基地のラクト部隊に所属している。


「お帰り、チョコミント♪」

ハッチから降りてきたチョコミントに、優しくタオルとドリンクを渡す整備兵。

彼女の名はチョコレート、褐色のチョコミントよりも黒く美しい肌でグラマラスな

美女だ。


「ありがとう、隊の他の奴らが全員休暇中に出てこられるとはついてないぜ。」

チョコレートに礼を言い自分の部屋へと向かうチョコミント。


自室に入り着の身着のまま洗浄シャワーを浴びる、水でも湯でもなくガスが噴き出る

室内の煙が晴れるとさっぱりしたチョコミントが出てきた。


「・・・・・疲れた、もう寝よう。」

簡素なベッドに倒れこむチョコミント、シャワーのリフレッシュガスの効果で

彼は眠りに落ちた。


チョコミント、彼のあだ名は青緑の死神。


機体の兵装である大鎌で、敵機とパイロットの魂を刈り取る事からついたあだ名。


次に死神が目覚めた時、新たな戦いが起こる。









  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます