コントラクト・エンゲーム

作者 亥BAR

22

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

若者の間で密かに広まっているインスタント契約アプリ「コントラクト」。そのアプリによって結ばれた契約は、絶対に遵守しなければならない超自然的な強制力があった。

そのコントラクトを利用して行われる賭けゲーム「エンパイアリズムゲーム(エンゲーム)」に敗北し、「ネイティブ」と呼ばれる謎の男が支配するグループに隷属させられた男子高校生・小林圭が自由のためにリベンジを果たす。

エンゲームの内容は、カードゲームやトークゲームなど様々だ。
基本はイカサマ禁止のシンプルなルールだが、だからこそ相手の仕草や言葉使いから狙いを読み取ったり、あるいはブラフをかけて思考を誘導したり、メンタリズムをフルに駆使した心理・推理・知能のバトルが奥が深い。

もちろん、エンゲームでの駆け引きも熱いが、謎のベールに包まれた正体不明の男・ネイティブの元へ辿り着くまでの過程、勝機を作り出す下準備までがこの作品のキモだ。

負けず嫌いで頭のキレる小林圭が、敵も味方も騙して繰り出す秘策にして奇策に驚かされる。

冷静でありながら白熱したスリリングな真剣勝負が手に汗握り、トリックを見逃さぬように一言一句を繰り返し読んでしまうことだろう。

(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=愛咲優詩)