ふくらみ

 教室に入ると、あいつが着替えているところだった。


「お前、その胸——」


「あっ……」


 あいつは咄嗟に胸を隠し、うつむいて言った。


「見られたか……。今まで、騙しててごめん。俺、実は女なんだ」


 まさか。俺にはとても信じられない。とても……。


「……あの、とても信じられないので、ちょっとさわって確かめてみてもいいでしょうか?」


「くたばれ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます