希望

 誰かと思えば、さっきまで宿屋で一緒だった男だ。彼は大剣を軽々と振るい、私が苦戦していた魔物をあっさりと斬り捨てた。


「じゃ、僕はこれで」


「待ってください。あなたのような剣士を探していました。我々は魔王を討伐する旅の途中です。どうか仲間になってもらえませんか?」


 私の誘いに、男は聞き返してきた。


「週に何日入ればいい?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます