伝説の防具

 老人は重々しく口を開いた。


「勇者殿。私どもはあなたが来るのを待っていました。その昔、真紅の勇者エルニアが携えていた伝説の防具を授けます。これで魔王の呪いも防げることでしょう」


 老人は厳重に封をされた箱の中から、それを取り出して俺に渡した。


「これは……?」


「勇者の遺物にして、至高の宝。すなわち——真紅のスポブラ」


 せめて、黒が良かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます