少女が目を閉じ静かに祈りを捧げると、その身体は光を放ちはじめ、近くにいるものが吹き飛ぶ程の衝撃がほとばしった。


「よすんだ! その力を使えば、存在そのものが消滅するぞ!」


「構わないわ。私にはそれでも成し遂げるべきことがあるの。もう、こうするしかない……」


 少女は最後に微笑んだ。


「今まで楽しかったわ。それじゃ、さよなら……」


「やめろ!」


「はああああああ!!!!!!」


「やめろーー!!」


 それでも、かぶは抜けません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます