魔法少女戦録カルマ 魔業のアイシャ

鋼鉄の羽蛍

—魔業のアイシャ編—

これまでの物語

少女達の戦記録

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽



 一人目の少女は——

 大災害の残滓ざんしである野良魔族に襲われて、大切な人達を失いました。


 たった一人生き残った彼女は、偉大な聖騎士様に助けられ……後に狂気を携えた力を以って全ての野良魔族を滅ぼすために世界へ飛びました。


 それはヴァンゼッヒ・シュビラ——

 アムリエル・ヴィシュケと呼ばれた少女——断罪天使の物語。



 二人目の少女は——


 命の深淵オロチを討滅する宿命を持ち、三神守護宗家と呼ばれる機関の一家——草薙家の裏部門に於いて当主を任されます。


 ですが、当主継承の儀の失敗により……強大な天津神の破壊神〈ヒノカグツチ〉の本体を降臨させ——その影響により、普段は車椅子による生活を余儀なくされたのです。


 しかし彼女は力を扱う際にはその両足で立つ事が出来き——手にした対魔霊剣アメノムラクモによって、命の深淵オロチを屠るため……日本を中心に戦いの中へ身を投じます。


 草薙 桜花くさなぎ おうか——

 代々命の深淵オロチと戦い続けた……御家の定めを背負う少女の物語——



 三人目の少女は——


 魔族と人間の架け橋となる希望を託され、地球は日本で平和な暮らしを営んでいたけれど——突如として降りかかった非常事態……地球と魔界衝突と言う世界の危機防衛へ駆り出されます。

 そして目覚めた魔族の王女の血統が、滅亡の危機に晒された地球と魔界の両世界へ——救世の希望を招来しました。


 その後魔界の一世界……美の世界ティフェレトへ戻る事になる少女は、再び地球を訪れるのを夢見て祖国の治世に努めるのです。


 魔界名はジュノー・ヴァルナグス——

 そして地球で名付けられた希望の名は姫夜摩ひめやまテセラ……金色の王女の物語——



 四人目の少女は——


 生まれ出でたのは野良魔族——害獣と呼称された生命に仇なす者。

 けれど彼女は高潔なる意志で、その定めのくびきを打ち破ります。


 そこで自分を襲った残酷な悲劇の原因である全ての野良魔族を憎悪し、地球と魔界滅亡を企む導師の陰謀へ加担した彼女——その先へ魔族と呼ばれる種の絶滅を望みました。


 そんな中出会った金色の慈愛を放つ王女に諭されて、少女は高潔なる吸血鬼へと昇華し——さらなる進化を求めて魔界世界での過酷な鍛錬の道へと進みます。


 赤き少女の名はレゾン・オルフェス——

 害獣から生まれた彼女が、最強の魔王へと至る物語——



 そして——五人目——


 それは一つの悲劇から始まった……世界の行く末を左右する事件の悲しき結末。

 幾つもの少女の物語を目にしてようやく動き始めた、永遠とも思える試練へと足を踏み入れる予言されたとき——


 ウチの名は八汰薙 若菜やたなぎ わかな——ううん……ウチがお父様とお母様に貰った大切なその名は——

 ——アイシャ・エラ・アーレッド——


 それがこの、太陽系の未来を左右する戦いの中心——ウチ……魔業まごうの魔法少女アイシャが演じる、世界を股に掛けた物語なのです。



∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます