#19 洗練された味との出会い

 朝の目覚めは相変わらず最悪である。どうして朝はやって来るのか。どうして朝に起きなければならないのか。


 そんなせん無い事を考えつつ、のそりと上半身を起こす。


「う〜……」


 呻き声を上げながら、頭をがしがしといた。


「おはようございますカピ」


 いつもサミエルより早く起きているマロは、やはり今朝も既に起きていて、元気に挨拶してくれる。


「おはよう……」


 最初はやや恐々だったマロも慣れてくれた様だ。


 頭はぼんやりしているが、恐らく移動疲れは取れている。となると、今夜営業出来そうではあるが。


 今日行く予定の場所の対応に寄っては、明日に延期になるだろう。確率としては高い。


「……起きるか」


 サミエルは呟くと、のろのろとベッドから足を下ろした。




 朝食、そして昼食を済ませ、サミエルとマロはとある工房に向かう。


「何処に行くのですカピ?」


「酒の工房だな。醸造酒メインに手広くやってるぜ。米酒、あれを開発した工房でもあるな」


「凄いのですカピね!」


「そうだな。米酒はまだ飲むには味がいまいちなんだが、料理に使うと良い甘みとコクが出るんだ。素材の臭みを取ったりな。ソイパテ(味噌)とかソイソース(醤油)と良く合うかな。あ、ソイソースを開発したのもユリンな」


「ユリンさんも凄いのですカピ」


「まぁな。ま、あの調子なもんだから、折角せっかく旨い調味料作っても流通せんで、俺だけの味になっちまうんだがな。良いんだか悪いんだか、微妙なところだぜ」


「そうですカピね」


 そんな話をしながら到着した工房は、村外れにあるかなりな規模の敷地で、幾つかの建物が手前に奥にと建てられていた。


 門柱もんちゅうには堂々と「マキリ醸造酒工房」と書かれたプレートが掲げられている。


「広いのですカピね」


「結構大規模に商売やってるからな。さてと、マキリさんはいるかな」


「マキリさんですかカピ? サミエルさんが買われるお酒の工房が、確かこちらのお酒ばかりだったかと思うのですカピが」


「お、流石目敏めざといな。マキリさんはここのおさ。こりゃあまた腰が低くて丁寧な人、と見せ掛けて実は押しがなかなか強い。俺より10程年上の男性だ」


「そうなのですカピね」


 そうしてサミエルとマロは並んで敷地内へ。1番手前にある事務所を訪ねる。


「こんちわ!」


 声を掛けると、デスクで事務仕事をしているであろう女性が気付いてくれた。


「あら、サミエルさんお久しぶり。マキリ社長はワイン舎にいるわよ。呼んで来るわね」


 そう言って立ち上がろうとした女性を、サミエルは「いえいえ」と止める。


「俺行くっすよ。ワイン舎ですね。ありがとうございます」


「はーい」


 女性に見送られ、サミエルとマロは事務所を出てワイン舎に向かう。


「こんちわ。マキリさんいます?」


 覗き込むと、1番手前で作業をしていた男性が振り向いてくれた。


「サミエルさん、久しぶりですね、こんにちは。マキリ社長、社長ー! サミエルさん来られましたよー!」


 奥に向かって大声で呼ぶと、「はーい」と言う返事とともにひとりの男性が姿を現した。白い帽子を被り、白の上下に白のエプロン。あちらこちらを赤や黄に染めているのは、ワインに使う葡萄ぶどうの染みだ。


「おや、サミエルさんこんにちは。お久しぶりですね」


 にこやかに低姿勢で近付いて来る男性に、サミエルは「こんちわっす」と笑顔で応える。


「ご無沙汰っす。お世話になってます」


「いえいえ、こちらこそ。サミエルさんに味見していただきたいお酒があるんですよ。ワインもエールも美味しく出来てます。是非飲んで行ってください。さぁさぁさぁ。おや、可愛らしいカピバラをお連れなんですね」


 マキリがサミエルの足元のマロに気付き、帽子を脱ぎながらかがみ込んだ。


「こんにちはカピ。マロと言いますカピ」


「おや、喋れると言う事は、この子も能力持ちなんですね」


「はいカピ。よろしくお願いしますカピ」


「はい、よろしくお願いします。マキリと言います。マロさんも良かったら、僕たちが作ったお酒、いかがですか?」


「嬉しいですカピ! なのですが、どうやらボクはお酒に弱いみたいなのですカピ。すぐに眠くなってしまって、皆さまにご迷惑をお掛けしてしまうのですカピ」


 喜ぶマロだが、すぐに申し訳無さげに顔を伏せてしまう。するとマキリはクスリと笑った。


「構いませんよ。場所はありますから、ゆっくり休んでください。じゃあサミエルさん、マロさん、行きましょう。皆さん、後はお願いしますね。先ほど言いました通りに」


 従業員に後を託し、マキリはサミエルとマロを促した。向かったのは先程訪れた事務所の隣の建物。


 ドアを開くと、まるで食堂の様にテーブルや椅子が整然と並べられている。壁沿いにはずらりと棚や冷暗庫が置かれていた。


「適当に掛けてください。マロさんも椅子に上がってくださいね。サミエルさん、米酒は料理に使ってくださってますか?」


「ああ、はい。それはもう。あれで味に深みとか甘みとか、コクなんかも出るんで。ユリンが作る大豆の調味料と、特に合うんすよ」


「それは良かったです。で、ですね」


 マキリはニヤリと口角を上げると、冷暗庫を開け、1本のボトルを取り出した。


 透明のガラスのボトルには、透明な液体がなみなみと入っていた。


「こちら、是非飲んでみてください。マロさんも如何いかがですか?」


「お、お酒でしたら、ボクは少しだけでお願いしますカピ」


「解りました」


 マキリは棚から小振りなグラスとサラダボウルを出すと、それぞれに注いだ。


「どうぞ」


「じゃ、いただきます」


 サミエルはグラスを持ち上げ、まずは香りを確かめる。そして「おお?」と驚いた声を上げた。


「これ、米酒っすね」


「その通りです」


 サミエルはグラスを傾け、ほんの少量、める様に口に含んだ。ふた口目は少し量を増やして、じっくりと味わう。


「へぇ! これは凄い!」


 ふくよかながらすっきりとしていて、ほのかに甘みも感じる。引っ掛かる様な雑味も無く、キンと冷やされている事もあって、するりと喉を通って行く。


「旨いっすね!」


「本当ですカピ。美味しいですカピ!」


 サミエルとマロが賞賛すると、マキリは得意げに「ふふ」と笑みを浮かべた。


「そうでしょう。前に作ったものは、料理には使えたんですが、飲むにはいまいちでしたからね。美味しく飲めるものをと考えてみましたよ。サミエルさんたちにそう言って貰えたなら、これも流通させて行きますかね」


 流石に商魂たくましい。そうして貰えるとサミエルも嬉しい。これはまた是非飲みたいと思う味だ。


「あ、マロ、言うの忘れてた。マキリさんも能力持ちなんだぜ。醸造酒作りの能力な」


「そうなのですカピね! だからサミエルさんはこちらのお酒ばかりを買われるのですね」


「そう言う事だ。新作が出ても間違いが無いからな。米酒は珍しく手間取ったみたいっすね」


「そうなんですよね。発酵が葡萄よりも難しいのでしょうか。でも1回目の経験がありましたからね。これは2回目に作ったものなんですよ」


「2回目でこの出来っすか。流石ですね」


 サミエルはその能力に感嘆かんたんする。


「まだ磨く余地はあるかと思いますけどね。新しい米酒が出来ましたら、また飲んでみてください」


「楽しみにしてます」


 さて、マロを見ると、加減して舐めていた様で、眠たそうな気配は無い。


「マロ、大丈夫か?」


「大丈夫ですカピ。マキリさんが少しにしてくれましたのでカピ。でもボクには充分美味しくいただけましたのですカピ」


 とても機嫌も良い様だ。


「それは良かったです。お酒はある程度は飲まないと強くなれませんからね。勿論限度はありますが。マロさんもよろしければ、またうちのお酒飲んでみてください」


「はいカピ。先日は白ワインをいただきましたカピ。そちらもとても美味しかったのですカピ」


 サミエルの実家で買われる酒類も、サミエルの進言に従って、この工房のものばかりなのだ。


「嬉しいですねぇ」


 マキリは本当に嬉しそうに破顔した。


「サミエルさん、マロさん、こちらの赤ワインも飲んでみてください。後こっちのエールも、麦の出来が良くて」


 マキリはそう言って、冷暗庫や棚から次々とボトルやグラスを出して来る。案の定の対応だった。これはやはり営業は明日に延期になるだろう。確実にほろ酔いにはさせられる。この工房を訪ねた時のつねだった。


 サミエルに断る理由は無い。これが商売の一環だと判っていても、有り難くいただく事にしよう。


 おっと、マロの様子にだけは気を付けなければ。




 マキリ醸造酒工房を辞したサミエルの片手には、マキリから直接購入した米酒と赤ワインのボトルが入った袋がかかげられ、もう片方の肩には寝入ってしまったマロが担がれていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます