#04 ホルストの街名産、羊肉を使って

「さぁて、今回は何をメインにすっかな」


 市場に到着し、サミエルは立ち並ぶ商店を眺めながら考える。幅広くは無い石畳いしだたみの通りは賑わい活気に溢れていた。


 小さなマロはこのまま歩くと踏まれかねないので、バッグに入って貰って、サミエルが肩に担いだ。


「凄い人ですカピね」


「食堂の人も一般の人もここで食材買うからな。ここは街のほぼ中心にあって、街中の人が買い物に来んだぜ。他にも小さい商店とかあるが、新鮮な肉や魚や野菜ってなると、やっぱここかな」


「成る程ですカピ」


 そうしてマロを担いで歩いていると、あちらこちらからサミエルに声が掛かる。


「お、サミエル、もしかして今夜か?」

「楽しみにしてるわよ!」

「次は何を作ってくれるの?」


 中には、やはりマロに気付いて表情をなごませる人も。


「可愛いわねぇ! どうしたの?」

「あ、カピバラだー!」


 おとなしいマロに、みんなサミエルに了解を取った上ででてくれようとする。そしてマロが能力持ちだと知ると、ますます安心してくれた。


 そうして老若男女に話し掛けられ、サミエルはその都度つど「はいっす!」「おう!」などと応えながら市場を進む。


 まずはメインの食材を決めたい。サミエルは肉の商店に足を向けた。


「ちわっす」


「おやサミエルさん。ここに来られたって事は、今夜は?」


 物腰柔らかな壮年そうねんの店主に問われ、サミエルはニッと笑う。


「はいっす。で、メインを考えてるんすが、今日はお勧めどうっすか?」


「それなら新鮮な羊肉が入ってますよ。仔羊なので柔らかくて良いですよ」


 羊、子羊の肉。それはこの地の名産であり、調理次第でとても旨くなるものだ。よし、決まりだ。


「俺が使う量あるっすかね?」


「他にも屠殺とさつ仕立ての仔羊仕入れてる店ある筈ですので、掻き集められますよ」


 任せてください。そう言う様に店主は拳を握った。


「じゃあまた済まんですが、頼んで良いっすか?」


「勿論ですよ。いつもの食堂ですか? お届けしますね」


「よろしく頼んます。いつも助かります」


「いえいえ。それよりも可愛いカピバラさんをお連れですね」


 サミエルが担ぐマロに視線を移し、店主は頬をゆるませた。


「昨日から俺の相棒になったんす。能力持ちなんで安心っすよ」


「そうなんですね。こんにちは」


「こんにちはカピ」


 店主の挨拶に、マロは眼をくりくりさせて応える。


「これは本当に可愛い。サミエルさん、良かったですね」


「はいっす」


 そうしてその商店を離れ、次に野菜の商店、その次にはスパイスの商店を訪ねる。


 それぞれの商店でり取りを交わし、マロをでられ、市場を離れた時にサミエルの両手にあったのは、一部の野菜とスパイスが入れられた袋だけだった。


 仔羊の肉もだが、野菜も全てを持っては帰れない。何せ重いのだ。


 なので急ぎたいものは肩や両腕に負担を掛けながらも頑張り、後は配達して貰うのだ。


「サミエルさん、何を作られるのですカピか?」


 地面に降りて貰ったマロが訊いて来るが、サミエルは悪戯いたずらっ子の様な表情を浮かべて言った。


「まだ内緒な」




 さて、根回し済みの食堂の厨房に入ると、サミエルは早速下ごしらえを始める。


 マロは厨房の隅に用意した椅子の上でおとなしく。そして食堂の厨房スタッフは、まるで殺気立つかの様な視線をサミエルの手元に注ぐ。


 少しでも技術を盗もうとしているのだ。


 しかし困った。技術に関しては、恐らく皆とそう変わらない。違うとすれば、やはり味付けなのだ。


 サミエルはいつものこの光景に苦笑しながら、それでも下拵えを進める。


 まずは鍋に水を入れる。そこに洗った鶏がらを入れ、火に掛ける。


 沸くまでの間に玉ねぎと人参を、皮付きのまま丁寧ていねいに綺麗に洗う。玉ねぎはへたと根を落として皮をき、にんじんも皮を剥く。


 終わった頃には鍋がふつふつと沸いて来て、灰汁あくが出て来るので丁寧に取り除いて行く。


 そうして灰汁が少なくなって来たら、玉ねぎのへたと人参の皮、生姜と粒胡椒にローリエを加え、更に煮込んで行く。途中でまた灰汁が出たら取って行く。


 作っているのはブイヨンである。


 その間に続々と市場から食材が届く。


 オリーブオイルを引いた大鍋で、にんにくと生姜しょうが微塵みじん切りを弱火で炒め、香りが出て来たら、薄切りの玉ねぎを入れて塩を振り、淡い飴色になるまで炒めて行く。


 次に塩と胡椒こしょう、ローズマリーで下味を付けつつ臭み抜きをした、一口大に切った仔羊の肉を加え、表面の色が変わるまで炒める。


 そこに一口大のじゃがいもと乱切りの人参を加え、全体にオイルが回る様にさっと炒めたら、赤ワインを入れてアルコール分を飛ばし、しっかりと煮詰まったらブイヨンをひたひたに入れ、煮込んで行く。


 次にトマト。湯剥きをして細かく切り、それも大鍋に加えて行く。


 さて、スパイスの準備。フライパンにコリアンダー、クミン、カイエンペッパー、カルダモン、ガラムマサラ、ターメリックを入れ、焦げない様に弱火でじっくりと炒っていく。


 良い香りが上がって来たら、大鍋に入れる。


 スパイスのフライパンをさっと拭ったら、オリーブオイルとバターを熱し、適当にカットしたアスパラガス、しんから切り離したとうもろこしを炒める。


 香ばしく炒まったら、オイルとバターごと鍋に入れる。


 そうして混ぜて、少し煮込んで最後に味見。良し。


 羊肉のカレー煮込みの完成である。


 さて、怖い顔でサミエルの手元を凝視ぎょうししていた食堂の従業員たちは、厨房に漂う香りにすっかりと骨抜きにされていた。


「旨そう……」

「すげー良い匂い……」

「早く食べたい……」


 そんな心の声がだだ漏れである。そんな様子にサミエルは愉快そうに「はは」と笑った。


「もうちょっと待ってくれな。おっと、でももうすぐ時間か?」


 時計を見ると、この食堂の夜の営業開始時間が近かった。


「おう、そろそろだぜ」


 従業員に混じってサミエルの手元を見ていた大将が、口を開く。


「多分、もう店の前には行列が出来てるぜ。こっちの準備もバッチリだ。完成してんなら、少し早えーが、店開けんぜ?」


「おう、俺も大丈夫っすよ。大将たちが良かったら開店しちまってください」


 サミエルが応えると、大将は大きく頷き、声を上げた。


「よしオメーら、今夜はとんでもなく忙しくなんぞ! 席は品切れまで満席確定だ。キビキビ動けよ!」


「おー!」


 従業員が気合いの声を上げ、一斉に動き出した。


「マロ、飯は営業が終わってからな。遅くなっちまって済まんが」


 厨房の隅でおとなしくしているマロに声を掛けると、マロは「いえいえカピ」と機嫌ひとつ損ねた様子も無く首を振る。


「いつでも大丈夫ですカピ。それよりもお手伝いが出来なくて申し訳無いのですカピ」


「手伝い、手伝いかぁ〜」


 サミエルは考えると、あ、と口を開く。


「外で待っててくれてるお客さんの相手とか出来んかな。暗黙の了解で長居するお客さんはいないから回転は早いんだが、それでも済まんと思うからよ」


 サミエルの提案に、マロは顔を輝かせて立ち上がった。


「勿論ですカピ。お手伝い嬉しいですカピ」


「おう。じゃあ頼むな」


「はいカピ!」


 マロは元気に応えると、するりと椅子を降りて、ホールへと走って行った。


 それと入れ代わりに顔を出したのは大将だった。


「開店したぜ! 当たり前だが満席だ。どんどん用意してくんな!」


「はいよっと」


 サミエルは山と積まれた皿から1枚を取り、羊肉のカレー煮込みを盛り付けた。




 大量に作った煮込みは、あっと言う間に品切れた。


 ホールから響いて来る「うめー!」「美味しい!」「美味しすぎる何これ!」という歓声を聴きながら、サミエルはひたすらに皿に盛り、洗い場の従業員は次々と下げられて来る皿を高速で洗って行く。


 ホール係も忙しなく動き、料理を運び、ドリンクを作り、皿を回収し、テーブルを拭き、ホールと厨房を飛び回る。


 そうして最後のお客さまが退店された時には、全員で万歳した。


「乗り切ったー!」

「やったー!」


 そうして喜び合う従業員を前に、サミエルも達成感を込めた息を吐いた。足元にはマロも戻って来ていた。


「凄かったですカピ。皆さんがサミエルさんのお料理を楽しみにしていましたカピ」


「マロも手伝いありがとうな」


「とんでも無いですカピ」


 マロは嬉しそうに眼を細めて小首を傾げた。


「よっしゃ。皆、待たせたな! まかないと言う名のご馳走ちそうだぜー!」


 大将が鼻息も荒く声を上げると、従業員も揃って「おー!」と歓声を上げた。


「はいはい。じゃあ並んでくれ」


 サミエルが苦笑しながら言うと、表情を輝かせた従業員が皿を手に並び始めた。


 従業員と自分たちの分は、煮込みが完成した時に別の鍋に取り置いてあったのである。




 さて、従業員全員に大将、そしてサミエルにマロが、羊肉のカレー煮込みを前にフロアの席に。


「じゃ、いただきます!」


「いただきまーす!」


 大将の音頭に皆が続き、我先にとスプーンを手に煮込みにがっついて行く。


「やだ、おいしっ……!」

「旨すぎ!」

「お肉柔らかぁい……何これ……」

「何でこんなの作れるんだよ! 旨めー!」


 従業員が次々と声を上げる。横ではマロも「美味しいカピ……」とうっとりと眼を細めていた。


 そんな彼らを眺めながら、サミエルもスプーンを入れ、口に運んだ。


 我ながら素晴らしい味付け。赤ワインとブイヨンで煮込んだ羊肉や野菜はふくよかさを宿し、トマトのバランス良い甘味と酸味を感じ、そしてメインのカレー粉。


 独自にスパイスをブレンドしたものであるが、これが刺激と香ばしさを生み、そして赤ワインとブイヨン、トマトと合わさる事で、甘さと旨味を引き出している。


 羊肉は煮込まれてほろりと柔らかく、じゃがいもと人参はほっくりと仕上がっている。


 アスパラガスととうもろこしは彩りも兼ねてはいるが、やはり味のバランスに必要不可欠なもの。甘さと爽やかさを演出している。


 今日も自分好みの味に、いやいや、皆が喜んでくれる味に出来た。サミエルは満足げにスプーンを動かした。


 その時。


「サミエル! いや、サミエルさま!」


 ドアから飛び込む様に入って来たのはひとりの女性だった。ストールで顔の下半分と頭を隠していたが、サミエルと視線が合うや否やそれらをいさぎよく取り去った。


 現れた素顔、それは若く美しかった。そして少しの間の後、従業員のひとりが慌てて立ち上がって叫んだ。


「サリーだ!」


 サリーはこの街出身の歌い手である。普段は首都の街ドルドラに拠点を置くが、頻繁ひんぱんに国中を飛び回り演奏会を行なっている。


 サリーは確かに美貌びぼうではあるのだが歌唱力も確かで、国の中でも人気の歌姫なのである。


「お、サリーじゃ無いか。帰って来てたんか?」


 そんな大物と言えるサリーに、サミエルは立ち上がって気安く応える。するとサリーは途端にふくれっつらになり、サミエルに詰め寄った。


「そうよ休暇が出来たから里帰りよ。そしたら貴方が来てて営業するって言うから! 来ない訳には行かないじゃ無いこんなの!」


「いや、また俺がドルドラの街に行くのを待ってくれたらよ」


「待っていられる訳無いわよ! 私は貴方の料理のとりこなんだから、食べられるチャンスは逃さないわ。出来たら私のお抱えにしたいぐらいよ」


 その言葉に某悪魔の存在がふっと頭を過ぎるが、もう解決した事だと咄嗟に打ち消す。


「ま、そんな事したら、国民に恨まれかねないからね、我慢するけど。今日も本当に美味しかったわ。直接お礼を言いたくて、営業が終わるまで適当に飲んで待ってたの」


「そりゃあありがとうな。また食ってやってくれや」


「ええ、勿論よ。じゃあね! ご馳走さま!」


 サリーは極上の笑顔を残し、上品に手を振って食堂を出て行った。その姿が消えた途端、騒然とする店内。


「あんな大物とあんな気軽に……」

流石さすが凄げぇなサミエルさん……」


 サリーがいる間は流石に皆の手は止まっていたが、また次々と動かしながらそんなひそひそ話。とは言え殆どがサミエルの耳に入って来るので、内緒話でも何でも無くなっているのだが。


 ともあれ、今回の営業も無事終了。万が一また呪いを掛けられてしまってもマロがいるから安心だし、無事に旅を再開する事が出来そうだ。


 そうしてサミエルは空になった皿を前に、満足げに手を合わせた。


「ご馳走さまっした!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます