高校で幼馴染と俺を振った高嶺の花に再会した!

御宮ゆう (ミーさん)

第1話 プロローグ

「ごめんなさい、友達としか見れません」


 俺は浅い付き合いから、いきなり告白する他の人とは違う。

 こいつと積み上げてきた時間の密度が違う。

 そう自信を持って告白した俺、桐生陽介きりゅうようすけは、困惑した様子ながらもハッキリと返事をする"高嶺の花"藍田奏あいだかなでにあっさり振られた。

 赤とんぼが飛び交う秋空の下。

 中学三年生の秋、初めての告白は失敗に終わった。


◇◆◇◆


 ジリリリリ!


 部屋の壁を反響する目覚まし時計の音が、俺を夢から覚ました。

 普段は鳴り響く音にも構わず二度寝をしがちだったが、この日は珍しく起き上がる。

 多分、さっきまで見ていた夢のせいだ。夢は夢でも、過去最悪に苦い思い出を忠実に再現した夢。


 ──嘘だろ、まだ引きずってんのか俺。


 自信満々にした告白を藍田に断られて半年。

 半年も経ちながらあの日のことを夢に見てしまった自分に、甚だ呆れる。


「陽介ー、起きなさい!」


 一階から母さんの声が響いた。


「うるさいな……」

「もう理奈りなちゃん迎えに来てるわよ!」


 ──やべ。

 幼馴染の名前を聞いた途端、俺はベッドから飛び降りた。

 今日は高校に入学してから、初めての日直当番。

 慣れない一人登校を避けるため、幼馴染を誘っていたことを忘れていた。

 四月中旬、北高校に入学してから約一週間が過ぎた。

 時計の針は七時半を示しており、普段起きるのと変わらない時間だ。

 自分から誘ったのだから、さすがに遅刻はまずい。

 焦ってカーテンの隙間から家の外を見下ろすと、電信柱にもたれながら携帯をいじる幼馴染が視界に入る。

 反射的に携帯を見ると、ちょうど通知がきた。


『遅い』


 たった二文字の中に込められた感情をなるべく想像しないように、携帯を取り返信する。


『今起きた。準備してくるからあと十分待ってて』


 メッセージが送られたことを確認して、急いで準備を始める。

 部屋から出てドタドタと階段を下りると母さんが一喝した。


「陽介、階段が抜ける!」


 階段はそう簡単に抜けないと言いたかったが、今は口論している時間はないので「ごめん!」とだけ言って、着替えに取り掛かる。

 まだ春とはいえ少し肌寒い季節なので、カッターシャツの上に学校指定のセーターを重ねて着た。

 ここまでかかった時間は五分。

 準備を終え玄関から出ると、理奈はドアのすぐ横に移動していた。


「遅い!」


 こちらを睨みつける幼馴染、香坂理奈こうさかりなは腕を組みイライラした様子で携帯をブラブラとさせる。


「遅刻! 陽が朝早くから一人で学校に行きたくないって言ってきたから仕方なくこっちも早起きしてあげたのに!」

「悪い。じゃあ行くか」

「それだけ!?」


 さっさと歩き出す俺に仰天したように理奈は追いかけてくる。


「ねえ、もうちょっと何かあるでしょ。ランチ奢るとか、ランチ奢るとかさ!」


 この幼馴染は食べることしか頭に無いのだろうか。

 かといって今回の件に関しては自分が悪いし、自覚もしている。

 軽い謝罪だけでさっさと歩き出したのは、何となく素直に幼馴染に謝るのが癪だっただけだ。

 我ながら最低である。


「ねぇ聞いてるのー、おーい陽さーん」

「うるせえな。奢ればいいんだろ奢れば!」

「ほんと!? やった!」


 理奈は大きめな目をバカみたいに輝かせて喜んだ。そんな様子を横目に、俺は一人で歩き出す。


「あっ、待ちなさいよ!」

「嫌だ」


 一緒に行かなければ理奈を誘った意味がないのだが、どうせ着いてくるので気にしない。

 周りに登校中の生徒たちが増えている中、俺と理奈は少しばかり人目を引いていた。

 入学して早々彼氏彼女で登校しているように見えるのだろう。


 俺と理奈は、幼馴染。


 家は空き地を挟んで隣合っている。

 子供同士の年が同じだったため家族ぐるみの付き合いも深く、小学生の頃まではよく理奈と空き地で日が暮れるまで遊んでいた。

 だが中学に入学する直前、俺は祖母の家に預けられることになり、理奈と離れてしまう。

 お互いバスケ部に入っていたこともあって練習試合や大会の会場でたまに顔を合わせることがあったが、それでも話す機会はめっきり少なくなった。

 高校生活が始まると同時に実家に戻ってきたのだが、中三の大会以来、約一年ぶりに理奈と再会した時は驚いたものだ。

 人間、たった一年でこんなに変わるものなのかと。

 小学校の放課後に短髪で男子に混じってバスケをしていた面影は消え、制服姿の理奈は一人の女子高生になっていた。

 小さめの身長は平均程度になっていて、髪は伸ばし肩に掛かる程度の長さ、茶色がかかった比較的明るめの髪。大きな目に整った顔立ち。そして少し控えめだが、確かな膨らみを想像させる胸。


 引っ越しの挨拶の際に「久しぶり、陽!」と呼ばれた時は、一目だけでは理奈と信じることができず、やたらと緊張してしまったことを思い出す。

「なに、ちょっとぎこちなくない? あ、久しぶりで緊張してるの?」とこちらを見上げる理奈に最初はドギマギしたが、慣れてみればなんてことのない。中身は子供の頃のままだった。


『中学で離れて高校で再会した幼馴染』なんて気まずくなって疎遠になるイメージがあるが、昔から誰にでもフレンドリーに接していた理奈との間に、その法則は適用されなかったらしい。


 俺を追いかけていたはずなのにそのまま通り過ぎて駆けていく理奈をボーッと眺めながら、同じ高校に通いながらこいつと疎遠になるとかあまり想像できないかなと思う。

 そのままのんびり歩いていると、こちらに駆けて戻ってくる理奈が見えた。元気なやつだ。


「陽、追いかけてよ。冗談って気付いてくれないならそれでもいいけど、せめて追いかけてよ。私バカみたいじゃん」

「お前バカだろ」

「なっ」


 なんですってー! と憤慨する理奈から、既に俺の意識は外れていた。

 少し先に歩いている黒髪ロングの女子生徒の後ろ姿に、視線が釘付けになっていたのだ。


  ──藍田奏。


 今朝夢に出てきたばかりなのに、このタイミング。どうしても意識してしまう。

 理奈の声に反応したのか、藍田はこちらに振り向いた。

「陽」という名前に反応したんじゃないかと一瞬だけでも期待してしまう自分を意識の外に放り出す。

 そんなわけないだろ、とっくに振られてるだろうが。


「あ、桐生君。おはよ」

「お、おはよ!」


 柄にもなくハッキリと挨拶すると、理奈は少し面白くなさそうな顔をする。


「香坂さんも。おはよ」

「私はついでか。おはよう」

「そんなことないけど」

「ふーん、まあどっちでもいっか」


 ──理奈と藍田。

 この二人は同じ中学のバスケ部だったらしい。

 だが同中という割には、どこか二人の間に壁があるように感じていた。

 というより、理奈が一方的に嫌っているのを、藍田が受け流しているように見える。


「陽が今から日直の仕事だから、また学校でね。ほら行くわよ、陽!」

「え? おい、引っ張るな!」


 藍田は少し楽しそうな目でこちらを眺め、「うん。また教室で」とだけ言った。


 ──前は二人でもっと話し込んでいたのにな。


 理奈に引っ張られながら、俺は中学の頃の藍田との付き合いを思い出していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます