図書館司書の一年の始まり(ソフィア)

(*'ω'*)番外編『愉快で愉快な羽根つき大会』の続きとなります。

ソフィア(23)×テリー(13)

――――――――――――――――――――――――――――――















「もしかして、テリーお嬢様、誰かと帰られる予定でしたか?」

「一緒に帰る予定はないけど…ないんだけど…」


(でも、でもね、サリア…)


テリーがぐっと、拳を握った。


「お雑煮が気になってしょうがないのよ!」


(話だけなら聞いたことのあるその料理…!)

(食べたい!味わいたい…!貴族として誰よりも先に知りたいその味…!)


「ソフィアの家で一度お雑煮を頂いてから、それから帰るわ」

「かしこまりました。何時ごろになりますか?」

「私が送っていきますよ」


ソフィアが微笑む。


「さすがに私の手料理を食べに来てくれる少女を、夜に一人で帰すわけにはいきませんから」

「それでは、お願いできますか?」

「はい、お任せを」

「くれぐれも、私のお嬢様を盗みませんようお願いいたします」

「くすす。承知いたしました」


ソフィアがサリアに頭を下げる。サリアがテリーに微笑んだ。


「それではお嬢様。先に戻ってますね」

「うん。メニーをお願い」


サリアが頷き、メニーに手を差し出した。


「メニー様、帰りますよ」

「うん!」


サリアとメニーが歩いていく。


「キッド、お守りは?」

「俺まだ買ってないんだ。一緒に行くか?」

「うん!」

「テリー、今回はこれで許してあげるけどさ、年賀状は速達で送れよ」


リトルルビィの横でキッドがテリーに指を差す。


「うるさいわね。ちゃんと送るわよ」


テリーが、べ、と舌を出してから、ソフィアに振り向いた。


「ソフィア!お雑煮!」

「くすす。うん。行こうよ。テリー」


ソフィアが微笑み、どこかわくわくした目のテリーと街の道を歩いていく。すでに街灯がつき、広場を明るく照らしていく。


「ねえ、ソフィア、まさかとは思うけど、お雑煮って、茄子とか入ってないわよね?」

「茄子は入ってないな…」

「よし!じゃあ大丈夫!」


テリーがにやりとすると、ソフィアが微笑みながら、きょとんとした。


「なんだい?貴族のご令嬢様は、茄子が嫌いなの?」

「あたしに茄子の入った料理を出してごらんなさい。たとえどんな真心をがあったとしても、テーブルからぶち落とすわよ」

「怖い怖い。わかったよ。なるべくテリーに料理を出すときは、茄子は使わないようにするね」

「そうして」


(お雑煮には茄子が入ってないなら食べれそうね…)


「お雑煮って美味しい?」

「んー…私は好きだね。結構素朴な感じなんだ」

「素朴?」

「さっぱりしただし汁に、野菜がどっかりと入ってるような感じ」

「あら、体に良さそう」

「そうだね。体にはいいかも。外国ではお正月の定番料理らしいよ」

「ソフィアは去年も作ったの?」

「去年は…」


ソフィアがくすす、と笑った。


「秘密」


(あ)


この顔は、何かを隠す顔だ。


(何か、あったのかしら)


貧乏だったのだろうか。

それとも怪盗として動き出していたのだろうか。


(…どっちでもいいわ)


関係のないことだ。

わかってはいるが、テリーの心に、ほんの少し、寂しさが残る。


(ちょっとくらい、心を許してくれているのだと思っていたけれど)

(……まだ駄目なのね)


そこではっとする。


(まだ駄目?)

(何言ってるの。あたしは)

(別にどうでもいいじゃない。ソフィアがお正月に何をしてようがどこにいようが)

(あたしには関係ないし、興味ない事よ)

(どうだっていいことじゃない!)


「………テリー?」


(どうでもいい!どうでもいい!)


「テリー?」


(あー、あたしってば本当に馬鹿みたい。ソフィアなんてどうでもいいのよ!)


「テリーってば」


(あたしが今やるべきことは、今年をいかに平和に終わらすかってことよ!)


「テリー」


(だって今年は…!)


「ちゅ」




――――テリーが、ぽかんとする。


額に柔らかいキスをされて、足が止まる。ちらっと、視線を上に上げれば、ソフィアが微笑んでいる。


「起きましたか?お姫様」

「…………………」

「くすす。呼んでも反応がないから」


寝ているのかと…。


「……歩きながら寝る馬鹿がどこにいるのよ」

「くすす。それもそうだね」


ソフィアがテリーの頭を優しく撫で、手を差し出す。


「危ないから、手を繋ごうか」

「必要ないわよ」


冷たくあしらい、テリーがその前を進む。すると、つるんと足が滑った。


「ぎゃっ!!」

「おっと」


ソフィアがその体を後ろから支え、テリーの顔を覗き込んだ。


「ほらね、危ないって言ったでしょ?」

「ぐぐっ…うう…!!」

「取って食いやしないから、手くらい繋ごうよ。友達だろう?」


ソフィアに言われ、テリーがそっと手を握る。ソフィアの口角が、自然と上がっていく。


「うん。いい子」

「畜生…!早くお雑煮食べさせなさいよ!」

「はいはい。せっかちさんなんだから」


ソフィアが微笑み、歩き出す。けれど、歩幅はテリーに揃えて。

ちらっと隣を見て、ぐっと唇を噛んで、テリーが顔を背ける。


(畜生…大人の余裕ってやつ…?)

(あたしの方がうんと大人なんだからね!くそ!)


ソフィアが微笑む。にこにこ微笑む。テリーの握ってくる手を感じて、さらに微笑む。幸せだと口ずさんでしまいそうになる唇を閉じて、微笑んで、微笑んで、頬を少しだけ赤く染めて、ぎゅっと、テリーの手を握った。



(*'ω'*)




ソフィアの家に着き、扉を開けると、前までリビングだった部屋が、畳式になっていた。

その中心には、布団の付いたテーブルがある。


「おおおおおおおお!!」


テリーの目が輝く。


「これが、噂のこたつっていうやつね!?」

「くすす。靴は脱いでね」


玄関で靴を脱ぎ、テリーが目を輝かせて畳の上を歩く。そして、こたつに近づく。


「すごい!ソフィア!これどうやるの?どうやって使うの?なんでミカンが乗ってるの?」

「こたつにミカンって合うんだよ。待ってて。今電源をつけるよ」


部屋の暖炉に火をつけつつ、こたつの電源を入れる。するとたちまちこたつの中が温まっていく。


「すごい!足元が!すごい!これは革命よ!ソフィア!」

「一時的だよ。三月くらいにまた元のリビングに戻す予定なんだ」


「畳もいい…!これなら暇なとき来てあげてもいいわよ!」

「くすす。テリーが来てくれるなら大歓迎だよ。畳にしてよかった」


ソフィアが笑い、コートをかけ、髪を一本に結んだ。


「待ってて。今準備するから、ミカンを食べて待ってて」

「ラジオつけてもいい?」

「どうぞ」


テリーがラジオをつけ、部屋に音楽が鳴り響く。ソフィアはキッチンでお雑煮の準備。テリーはこたつでくつろぐ。


(…悪くない)


テリーがテーブルに顎を乗せた。


(テーブルに顎を乗せるなんて普段はしちゃいけないけど、ここなら誰にも怒られない。ミカンも美味しい)


ぼおっとしてくる。


(ソフィアって意外とインテリアにこだわるわよね…。地下の隠れ家でも、家具だけは綺麗にそろえてた)


うとうととしてくる。


(おっと、まずい)


テリーがあくびをした。


(別に眠くなんかない。眠いわけじゃなくて…)


ちょっと、瞬きを。

ちょっと、目を閉じるだけ。

目を、閉じる、だけ…。




―――――――。




(ん?)


ソフィアが、お雑煮の入った鍋を持ち、首を傾げた。


(テリーの声がしなくなった)


ラジオの音しか聞こえない。



(…まさか)


キッチンから出れば、案の定、眠っているテリー。


(ふふっ。だと思った)


くすっと笑い、鍋をテーブルに置く。次にお皿。


(普段なら箸を使うんだけど)


テリーは箸が使えるだろうか?


「一応フォークも用意しておこうか」


箸とフォークを置き、お椀を置き、テリーの寝顔を覗き込む。

すやすやと安らかに眠るテリーの肩に、手を置く。


「テリー」


とんとんと、叩く。


「お雑煮、準備できたよ」


起きない彼女に、背中に手を置いて、叩く。


「テリーってば」


テリーの眉間に、しわが寄る。


「んっ…」


唸り、また安らかに眠る。


「これはまいったな」


くすす、とソフィアが困ったように笑った。


「起こせないや」


こんなに可愛い寝顔されたら、


「どうしようかな」


ソフィアが考え、そっと、テリーの横に座り込む。


「テリー」


耳元で、


「起きないと」


くすすと笑って、


「悪戯しちゃうよ?」


テリーの手を握る。


「んー…」

「…起きないな」


くすす。


「大人げないと怒るかい?」


でもさ、


「好きな子が目の前にいて、何もしないと思う?」


ちょっとくらいなら許されるんじゃないかな?


「犯罪者だと通報されてしまうかな?」


くすす。


「そうなったら、またキッド殿下に頭を下げればいいさ」


テリー。


「君が悪いんだよ」



―――ちゅ。



「…んっ」



首筋に、キスをすると、ぴくりと、テリーが反応する。


「テリー」


―――ちゅ。


体を引き寄せて、耳裏にキスをする。


「…んん…」

「くすす」


これならどうだ?


耳にふっと息を吐いて、テリーが思った以上に反応する。


「ふっ……ん…?」


――――ちゅ。


首にキスをして、


「ふぇっ…?」


――――ちゅ。ちゅ。


首から頬付近にキスをして、


「ん、…ん!?」


びくっと肩をあげたテリーに気づき、ソフィアが微笑み、


―――ちゅ。


頬にキスをすれば、


「うわあああああああ!!」


上擦った悲鳴をあげて、テリーがぎょっと飛び上がる。キスをしようとするソフィアに振り向き、背中に体重をかけて、距離を離そうとする。


「ちょっと!何してくれてるのよ!こらぁ!!」


だが、背中に体重を乗せれば、


「ぎゃっ!」


テリーが畳に倒れた。


「おっと」


その上に、ソフィアが倒れた。

押し倒すように、押し倒されたように、ソフィアと、テリーの、距離がまた縮まった。


「…あっ…」


テリーの顔がかあああっと、赤く染まり、ソフィアが、はっと、目を見開く。


(ちょっと)

(なんて顔をするんだ。この子は)


本当に13歳?


(ああ、なんてこと)


こんなにも体がうずくなんて。

こんなにも手がうずくなんて。

こんなにも触りたいと思うなんて。

こんなにもキスしたいと思うなんて。

こんなにも、



胸が波打つなんて。



「テリー」


ソフィアの体が、沈んでいく。


「テリー…」


そっと、唇が近づく。


「…テリー…」


その幼い唇に、口紅のついた自らの唇を押し当てようと、近づけば、ふにっと、別のものが当たった。


(おや?)


目線を動かせば、テリーが両手でソフィアの口を押えていた。真っ赤な、可愛い顔で、震える体で、キスだけは回避だというように、押さえてくる。


(本当は、キスしたい、みたいな顔)


なーんてね。


(君には、まだ早いことさ)


「くすす。起きちゃったか」


ソフィアが笑い、体を起こすと、テリーが真っ赤に染まった顔で、体を起こし、ソフィアを睨んだ。


「ソーーーーーフィーーーーーアーーーーー」

「くすす!だって起きないから」


悪戯しちゃった★


「星をつけるな!星を!いちいち腹立つわね!!」

「ほらほらお雑煮出来たよ」

「くそ!あたしの眠ったところを突け狙うなんて!なんて奴!!」


箸を手に取り、構える姿を見て、ソフィアは思う。


(罵倒しても、お雑煮は食べるつもりなんだね)


食い意地が張っているのか、それともただ興味があるだけなのか、


くすす。


「やっぱり、テリーは見ていて面白いね」

「な、何よ。…早くお雑煮!」

「お箸使えるの?」

「貴族をなめないでくれる?箸くらい使えるわよ!」

「御見それしました。レディ。くすす」


何事もなかったように涼しい顔をして、ソフィアがお椀にお雑煮を盛り付け、テリーに渡す。


「はい。熱いから気をつけてね」

「…何よ。涼しい顔しちゃってさ」


両手で受け取り、テーブルに置く。


「食べていい?」

「うん、どうぞ」

「母の祈りに感謝して、以下略。わーい!いただきまーす!」


大事な挨拶を略して、テリーが盛りつけられたお雑煮に手を付ける。

口に入れたら、かっと、目を見開く。


「うっ…!」


声を出したテリーに、ソフィアの目が、鋭くなる。


(まさか、口に合わなかった?それとも、不味かったか…!?)


ソフィアの背に緊張が走る。しかし、テリーが口を押さえ、呟く。


「美味だと…!?」


(ほっ)


ソフィアが、ほっと胸をなでおろし、安堵のため息を吐いた。


「たくさん食べて」

「んんっ…!なかなか…美味じゃないのよ…。褒めてあげるわ。ソフィア」

「光栄です。レディ」

「わー!お餅が入ってる!もちもちしてる!」

「お雑煮はお餅が入っているものさ」

「そうなの!?お餅!すごい!お餅!」


華麗に箸を使いこなし、餅を掴む、引っ張ると、伸びるお餅を見て、さらにテリーの目が輝く。


「わああああああ!」


(ふふっ。こう見ると子供なんだよなあ)


だけど、何なんだろう。この違和感。


(自分より年上の大人といる感覚)


自分と同じくらいの人と居る感覚。


(相手は13歳の女の子なのに)


この違和感は何なのだろう。


(………………まあ、それはまた今度にしよう)


去年と比べて、今年の正月ははるかに素晴らしい。


(だって)

(だって)


目の前には。


(大好きな、テリーが笑っているんだから)


「ソフィア、あんたも食べなさいよ。ほら、お餅!お餅!!」

「くすす。そうだね。私も食べるよ」


(愛しい君を目の前にして、味を堪能できるかわからないけれど)


「うん。せっかくだから、沢山、食べないと」

「そうよ。あんたが作ったんだから食べるべきよ」


味見のはずなのに、テリーがお椀を突き出して、


「ほら、おかわり」

「はいはい」


くすすっと、おかしそうに笑って、ソフィアがお椀を受け取り、テリーがじっとおかわりを待つ。

いつもよりも暖かい部屋に、いつもよりも緩んでしまう口角に、ソフィアは困っていた。


(ああ、まいったな)

(これはまいったな)


新年早々、まいってしまう。


(こんなふうにされたら)

(もっと、好きになっちゃうよ。テリー)


「? 何よ」


何も知らないテリーは、いつもと変わらない生意気そうな笑みを浮かべて、首を傾げる。


「早くおかわり!」

「くすす。うん。おかわりね」


今年は、


(たくさん話せるといいね。テリー)

(たくさん仲良くなって)

(そして)

(今年こそ、必ず)

(君の心を、盗んでみせる)


お椀を渡し、テリーが受け取る。

自分の分も盛り付けて、ソフィアが口に入れる。


「うん」


いつも以上に、美味しく感じる。


「美味しいでしょ?」


自分が作ったわけでもないのに、テリーが訊いてくるから、ソフィアは微笑んで頷く。


「うん。我ながら、とてもね」

「ふふっ。そうなのよ。なかなか腕がいいわよ、あんた。お店を持てば?」

「やめておくよ。仕事は図書館で十分さ」


そんな冗談を言い合って、お雑煮を食べる。目の前にはテリーがいる。


(こんな光景が、いつまでも続けばいいのに)


これから先の未来、望みはたった一つ。


(テリーが、いつまでも、私の傍に)


「見て見て!ソフィア!お餅!伸びる伸びる!あははは!こいつめ!どんどん伸びなさい!あははは!」


(楽しそう。くすすっ)


微笑ましいテリーを眺め、口角が緩みっぱなしで、ソフィアが息を吐いた。


(こんなお正月も、悪くない)


テリーがいるお正月が、こんなにも暖かいなんて。


(もっと見たい)

(もっと、テリーを、傍で見つめていたい)

(君に、恋をしたい)


「ソフィア、手が止まってるわよ。食べて食べて」

「ふふっ。本当だ。冷めてしまうね」


テリーに促されてもう一度食べると、

自分で作ったお雑煮は、とても、美味しかった。






番外編:図書館司書の一年の始まり(ソフィア)END

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます