おとぎ話の悪役令嬢のとある日常(番外編)

石狩なべ

悪役令嬢のとある日常

愉快で愉快な羽根つき大会

(*'ω'*)年齢参照:テリー(13)/キッド(17)/メニー(10)/ルビィ(11)/ソフィア(23)

――――――――――――――――――――――――――――――









1月1日。年初め。

街中には『Happy new year!』と看板が立てられている。

花火が鳴り響く。街中が年の初めを祝い、寒空の中、広場や、商店街で、年の初めの、最初のお祭りが開かれる。


大勢の人々が街を歩く。

その中に、三人の少女が、それぞれの場所を掴んで、はぐれないように歩いていた。


「それにしても、今年もまた多いね…」


先頭のメニーが声を上げると、メニーの鞄の紐を握るリトルルビィが頷いた。


「出店を見るだけで一苦労だよ」


リトルルビィがため息をつくと、リトルルビィのポンチョの裾を握るテリーが辺りを見回した。


「一回噴水通りに行った方がいいかも。方向転換よ!」


リトルルビィの肩をぽんと叩いて、伝達を任せる。


「メニー、方向転換だって!噴水通り!」


リトルルビィが伝えると、メニーが頷いた。


「噴水通り?了解!」


先頭のメニーが道を進み、行列の出来るにぎやかな道を無理やり歩き、噴水のある広場まで進んでいく。商店街を抜けると、ぎゅうぎゅうになっている人の行列から抜けた。


「ぷはっ!!」


三人が、声を揃えて、息を吐いた。


「ううう…苦しかった…」


メニーが胸をなでおろす。見れば、噴水前にたどり着いている。

三人が向き合い、商店街への道を眺める。


「あんだけ人がいたら流石に歩けないわね…」

「去年も多かったけど、今年もすごい…」


テリーとメニーがうんざりしたように、その光景を眺めた。


「福袋を買う予定だったけど、あれじゃあ無理ね」

「ううっ…!理不尽だ…」

「メニー、そんなこと言ったってあれは駄目よ。人が多すぎる」

「時間の問題かな」


リトルルビィが眉をひそめて言い、テリーが頷く。


「それもあるわね」


(福袋を買って、リトルルビィの家で開けて、三人で面白おかしく過ごすはずが…)


「むむっ…これはなかなか、難しいミッションだわ…」


テリーがチッと舌打ちすると―――。


「何々?福袋?お前、他にやることあるんじゃないの?」


例えば、婚約者に年賀状送るとかさ。


「きゃあああああああああああああああああ!!!」


耳元で聞こえた声に悲鳴をあげて、メニーの背中にテリーが飛びつくように隠れた。その方向に振り向くと、帽子を深く被り、マフラーで口元を覆い、丸眼鏡で顔を隠したキッドが、じいいいいっとテリーを睨んでいた。テリーがメニーの肩から顔を覗かせて、目を見開く。


「キッド!?」

「あ、キッド」


リトルルビィがきょとんとして、頭を下げる。


「あけましておめでとう!キッド!」

「うん。あけましておめでとう。リトルルビィ。今年もよろしくね」


睨んでいたのが嘘のように、キッドが笑顔を浮かべると、メニーも、ぺこりと頭を下げた。


「キ、キッド様…あの、あけましておめでとうございます」

「今はプライベートだよ。メニー」

「あ、うう…」

「ふふっ。あけましておめでとう。今年も美しい君のままで、もっと美しくなってね。メニー」


メニーにも笑顔を浮かべ、その背中にいる人物に視線を移す。


さーて?


「問題はお前だ。テリー…」


また再びじっと睨むと、テリーの表情が曇っていく。


「な、何よ…。…あけおめ」

「あけおめじゃないよ…。お前…!」


ぐっと、キッドが歯をくいしばり、テリーを睨んだ。


「お前、よくも今年も年賀状をじいやにだけ送ってくれたね…。俺は傷ついたよ。それはそれは、実に誠にはるかに非常に異常に大いに、もう、俺の心のガラスのハートはぼろぼろのバラバラだよ!」

「相変わらず大袈裟なんだから…」


たかが年賀状送らなかっただけで。


呟くと、キッドの目の色が変わり、テリーに怒鳴った。


「お前な!婚約者だぞ!?俺はお前の、婚約者だ!最高に最強に深奥しんおう深甚しんじん深遠しんえんに関わりの深いはずの!婚約者!去年まではお前も子供だったということで許してたけどね、今年という今年は怒ったよ!俺はもう怒ったよ!?」

「あんた毎年怒ってるじゃない」

「うるさいうるさい!怒るとわかっているなら年賀状くらい出せ!」

「何よ!年賀状くらいでうるさいわね!」

「ふざけるな!なんでじいやに出して俺には出さないんだよ!」

「出したくないのよ!あんただけにはね!」


叫び、叫びあって、黙り、じっと、キッドとテリーが、にらみ合った。


「テェエエエリィイイイー…!」

「なあああにいいいよおおお…!」

「くすす、これは面白い所に遭遇しましたね」


リトルルビィとメニーが視線を移すと、ソフィアが四人を見て、くすすと笑っていた。


「ソフィア!」

「こんにちは、リトルルビィ。あけましておめでとうございます」

「あけましておめでとう!ソフィア!」

「メニーも、あけましておめでとうございます」

「あけましておめでとうございます。ソフィアさん」


メニーがぺこりと頭を下げると、ソフィアが微笑んだ。


「今年はもっと仲良くなろうね」


いつでも私がテリーを貰っても、いいように。


「メニーと私は協力し合うべきだ。怪盗時代の時のようにね」

「だから、覚えてませんってば!」


それと、


「お姉ちゃんを物扱いしないでください!」

「くすす。物扱いなんてしてないよ。将来の伴侶扱いさ」

「やめてください…。切実にやめてください…」


うんざりするメニーの横で、リトルルビィがソフィアを睨んでいた。


「ソフィアったら本当に何言ってるの!テリーは私と結婚するんだから!」

「リトルルビィ!?」


メニーがリトルルビィに目を見開いた。


「くすす。リトルルビィってば新年早々面白い冗談を。テリーが選ぶのは、この私だ!」

「変な争いしないでください!二人とも!」


ばちばちの二人に、メニーが一生懸命声を張り上げる。


「二人がお姉ちゃんの事が好きなのは知ってますけど、お姉ちゃんの気持ちを優先させてくださいね?でしょ?お姉ちゃん」

「私と結婚したら甘い新婚生活が待ってるよ。どう思う?テリー」

「私の方がテリーを大切に出来るもん!テリーもそう思うでしょ!?」


三人が振り向けば、


「このこのこのこのこの!」

「やーい!ばーかばーか!」

「木偶の棒!」

「暴れん坊!」

「とんちんかん!」

「怒りん坊!」

「はっ!」

「ほら捕まえた!」

「ぐぬぬ!放せくそがき!」

「これでどうだあああああ!!」

「むぎゅううううううううううう!!」

「この、ぶーーーーすーーーーー!!」

「ぐううううううううう!!!!」


いつメニーの背中から離れたのか、いつの間にかキッドともみ合いになっているテリーがいて、三人がきょとんと瞬きをした。

キッドが高らかに笑い、テリーの頬がぐちゃぐちゃに遊ばれている。


「ほら、悔しかったら抵抗してみなよ!テリィイイ!?」

「ヒッホ!ヒッホへっはいふるははいははっ!!」


キッド!キッド絶対許さないからっ!!


「え!?なんて言ったの!?よく聞こえないよーー!?」

「ふひいいいいいいい!!」


わかっているくせに、キッドは意地悪く微笑み、天使のように微笑み、テリーの頬をこねくり回す。

その二人を、三人が呆れたように見守る。


「そろそろ…助けてあげないと…」


メニーが可哀想だという目で弄ばれるテリーを見る。それを見たソフィアが動いた。


「くすす」


ソフィアが笑い、近づいて、大人として、子供二人の間に無理矢理入る。


「お二人とも、ストップ」

「むぐっ!」

「むぐぅ!」


ソフィアに制されたキッドとテリーが同時に声を上げる。くすすと笑うソフィアに、キッドが気づき、再び嘘のように微笑む。


「おや、ソフィアじゃないか。あけましておめでとう」

「キッド殿下、あけましておめでとうございます。こんなところで大暴れされては、どんなにうまく変装しているとはいえ、気づかれてしまいますよ。くすす」

「テリーが悪いんだよ。こいつ俺に年賀状送らなかったから」

「え?」


ソフィアがきょとんとする。


「キッド殿下、届かなかったんですか?」

「え?」


キッドの目が点になり、すぐに据わった。


「まさか…」

「くすす。テリー、あけましておめでとう。それと、年賀状もありがとう」


ソフィアがテリーに顔を向けて微笑むと、テリーが頷く。


「あけましておめでとう。ソフィア。あんなの挨拶代わりよ。図書館でお世話になってるし」

「嬉しかったよ。達筆そうに見えて実は結構汚い字を書くのも、非常に可愛い。胸がときめいたよ」

「てめえ、新年早々、このあたしをけなしてくるなんて良い度胸じゃない…」

「けなすなんてとんでもない。君の字で、もっと君が恋しくなっただけさ」


にこっと微笑むソフィアを見て、キッドの怒りゲージが頂点に上った。ぶちっと、この場にいる四人が、何か聞こえた気がした。


「こぅらあああああああああああああああああ!!テリーーーーーーーーー!!」


襲い掛かろうとしたキッドを、ソフィアが抱き止め、止める。


「こらこら」

「テリィイイイイイイイ!許さない!許さない!!許してなるものかあああああああ!!」


大暴れするキッドを止めるソフィアを見つめ、テリーが慌てて声を出した。


「キッド!年賀状くらいで大人げないわよ!」

「ふざけるな!なんでソフィアに出して俺には出さないんだよ!」

「だから出したくないし書きたくないのよ!キッドだけにはね!!」

「ぐうううううううううううううっっっ!!テリイイイイイイイイイ!」

「おやおや。怖い怖い。キッド殿下、そんなに暴れないでください」

「テリーが!テリーが悪いんだ!テリーが悪いんだ!」

「悪くないもん!あたし悪くないもん!悪くないもん!!」

「ふむ…。キッド殿下はテリーからの年賀状が欲しい。そしてテリーは書きたくない。」


なるほど。


「提案なのですが」


ソフィアの一言に、全員がソフィアを見る。くすす、とソフィアが妖艶に笑った。


「羽根つきで、決めてはいかがですか?」

「羽根つきって、」


リトルルビィが声をあげる。


「あの羽根つき?」

「そうだよ。リトルルビィ。お正月に遊ぶ、羽根つきさ」


ソフィアが頷く。


「勝負して、キッド殿下が勝ったらテリーが年賀状を書く。テリーが勝ったらキッド殿下には我慢してもらう」

「望むところだ!!」


キッドがテリーを睨んだ。


「お前に必ず勝って年賀状書かせてやる!絶対書かせるからな!今年こそは書かせるからな!」

「嫌って言ってるでしょ!女の子に無理やり嫌なことさせようとするなんて最低!いいわよ!あたしが勝って今度こそ『大暴れしてごめんなさい、テリー様。許してください、この通り』って言わせてやる!」

「はっ!やれるものならやってみなよ。テリー!」

「後悔しても遅いんだからね!」


ばちばちばちばち!!


睨み合う二人を見て、リトルルビィが声を上げる。


「えー、いいな!羽根つき面白そう!」

「くすす。そうだね。じゃあ、こうしよう」


ソフィアの目が、怪しく光った。


「キッド殿下とテリーの勝負は二人の勝負として、皆で勝負して、優勝したら…」


くすす。


「テリーとデート」

「ん?」


テリーがきょとんとした。


「なっ…」


キッドが顔を引き攣らせた。


「へっ!?」


リトルルビィの目が輝いた。


「だから!」


メニーが抗議した。



「お姉ちゃんを物みたいにするの、やめてください!」

「おや、そういうことじゃないんだよ。メニー」


あくまで、景品があった方がやる気が出るというだけ。


「私か、キッド殿下か、リトルルビィが勝てば、この後、暗くなるまでテリーとデートさせてもらおうじゃないか」

「デートって何よ。行かないわよ」


じっとテリーが忌々しげに睨めば、ソフィアは微笑みながらテリーに振り向く。


「テリー」

「ん?」

「お雑煮食べたことある?」

「…何それ」

「テリーに食べさせたくて、多めに作ってあるんだ」


そして。


「味見、してほしくてね…」


味見?


切なげに呟くソフィアを見て、テリーがはっとする。彼女が呪いの飴を舐めたことにより、舌が麻痺していて、その舌をもう一度鍛えていることを、思い出す。


「ああ、なるほど。そういうことなら、行ってあげてもいいわよ」


(あんたが努力しているのは、知ってる)


「くすす。でも明日になったら、また味が落ちてるかもしれないから」

「ああ、そっか。だったら別に…」

「ちょっと待って」


キッドが不満そうに声を上げた。


「年賀状は?」


じいいいっとテリーを見る。テリーは顔をしかめて、キッドを睨んだ。


「あんたが勝ったら書いてやってもいいわよ?あんたが、もしも、勝てたらね!」

「というわけだ」


キッドがソフィアに挑戦的な目を向けて、微笑む。


「悪いけど、この後テリーは、俺の年賀状を書かなければいけない」


何故なら、


「俺が優勝してしまうからね!簡単に!あっさりと!呆気なく!」

「キッドってば何言ってるの?」


リトルルビィがうんざりした表情を浮かべた。


「テリーはこの後私たちと福袋買いに行って、私の家で開封して楽しむのよ?」

「ああ、そうだった」


テリーがキッドにいたずらな笑みを見せた。


「この後はリトルルビィの家に行かないと。ほらね、キッド、あたし忙しい身だから、あんたなんかに構ってる暇ないのよ」

「そうだ!そうだ!年賀状くらいで大人げない!」


リトルルビィがテリーの横で言うと、キッドが余裕に微笑む。


「ほざくがいい。皆の者!何を言っても勝つのは俺だよ」

「くすす。キッド殿下、勝負はどうなるかわからないから勝負なのです。勝つのは私ですよ。今度こそ盗んでみせましょう。テリーの時間を」

「そういう風に言ってる人が負けるのよ。私が絶対に勝って、テリーを守るんだから!」


盛り上がる三人を、テリーが引き攣る顔で眺める。


「くそ…。皆勝手に言いやがって…!あたしの自由時間が…!」

「お姉ちゃん、でも、よく考えたら、ちょうどいいかも」

「え?」


隣に歩いてきたメニーに、テリーが視線を流した。


「何がちょうどいいのよ」

「商店街は、今の時間帯混雑してるし、少しでも時間をつぶしてずらせば、簡単に福袋もお守りも買いに行けるようになるかも。売り切れてなければ、だけど」

「まあ、…確かにね」

「私も何とか頑張ってみるよ」

「え、メニーも羽根つきやるの?」


テリーが驚きの声をあげると、メニーが微笑んだ。


「お姉ちゃん、私運動音痴だけど、羽根つきは結構出来るんだよ!」

「なるほど」


ということは、こっちは二手というわけだ。


「あたしが勝ったらその場で解散。自由時間」

「私が勝ってもその場で解散。自由時間!」

「ふっふっふっふっ…。メニー。あんたいい子ね。そうよ。あたし達は二人で一つよ…!」

(こういう時は利用価値があるわね。沢山利用してあげるわよ…!メニー!!!)


「頑張ろうね!お姉ちゃん!」


テリーの考えなど知らないメニーはぐっと拳を握り、微笑む。

そして、三人に手を挙げた。


「というわけで、私も参加します!私が勝ったらその場で解散。私とお姉ちゃんとリトルルビィで、お出かけの続きです!」

「面白い」


キッドがいやらしく微笑んだ。


「つまり、これは負けられない戦いというわけだ。くくっ」

「そのようですね」


ソフィアが薄く、微笑んだ。


「胸がときめくよ。まるで仮面舞踏会の時のようだ。絶対に負けられない」

「勝つとか負けるとか、よくわからないけど」


リトルルビィがむうっと頬を膨らませる。


「テリーは私と二人でお正月を過ごすのよ!」

「二人きりは禁止!」

「メニーのケチ!」

「お守りは皆で買いに行こうよ!」

「そうよ。リトルルビィ」


テリーも頷く。


「元々三人でいたんだから、三人で行動しましょう」


(メニーをのけ者にしてみせなさいよ…!それこそ死刑への道まっしぐらじゃない!ふざけんな…!!)


義妹のためではなく、全ては自分のため。ぐぐっと親指の爪を噛み始めるテリーを、口角を下げて不満そうなキッドが見下ろした。


「お守りなんていくらでも用意してあげるし、暗くなったら送ってあげる。テリー、とりあえず、年賀状書きにおいで」

「何度言えばいいのよ。キッド、嫌だって言ってるでしょ…」


テリーが眉をひそめて言えば、ソフィアがにこりと微笑む。


「テリー、お雑煮の味見は?」

「ああ…。それね…。ソフィアの案件は非常にそそられる…」


ソフィアの美味しい料理を誰よりも先に味見できるのは、嬉しいものである。テリーが口の中であふれてきた唾を飲み込むと、リトルルビィがむうっと頬を膨らませて、テリーを見上げた。


「テリー!福袋!売り切れちゃう!」

「はいはい。リトルルビィ。福袋ね。もちろん忘れてないわよ」


うーーーーん。


(まじでキリがない…)

(確かに、ここは勝負して勝った人を優先に動いた方がいいかも)


その方が優先順位を決めて動けるというものだ。


(いざって時は、次の日でもメニーとは出かけられる)

(福袋も買いに行ける。お守りも買いに行ける)


まあ、でも、皆、


「何か勘違いしてない?」


テリーが訊くと、皆がきょとんとする。その間抜けな表情を見て、ふっと、テリーがにんまりとにやける。


「優勝をするのは、このテリー・ベックスに決まっているわ!でしょ?メニー?」

「え…ああ。えーっと…そう…かも…」


メニーが視線を逸らすが、テリーは高らかに笑い出した。


「おっほっほっほっほっ!あたしの羽根つきを見て、驚くがいい!この平民ども!全員ぶっ倒してくれるわ!」

「ふふっ、なーに?テリー、お前自分が勝てると思ってるの?」


やれやれとキッドが呆れたように笑った。


「優勝は俺のものだ!」

「ふんっ!あたしが優勝したらその場で解散よ!暗くなるまで好きなことを好きなだけしてやる!」

「残念だけどテリー、それは駄目だな。なぜなら優勝は私のものだからね」

「テリー!今のうちに謝っておくね!申し訳ないけど優勝は私が貰うよ!」

「お姉ちゃん、私も頑張ってみるね…!一緒に頑張ろう!」


それぞれが、それぞれの目的のために、勝利を狙う。


こうして、羽根つき大会は始まったのである。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます