愉快で愉快な羽根つき大会2



羽根つきが出来る施設のホール会場を、キッドが急遽用意し、五人が集まる。

キッドの付き人のビリーが審判を務めるため、ビリーが椅子に座りながら五人を見つめた。


「一試合四分じゃ。準備がよければ、始めるぞ」


ビリーが審判を担当する試合を見守る。

一方、タイミングよく現れたもう一人の審判係が、メニーとリトルルビィの試合を見守っている。


「お嬢様達を迎えに来たら、こんなことになっているとは…」


はあ、と私服姿のサリアがため息をついた。


「しかも、怪盗までもいる始末…」

「何のことですかね?くすす」


横でソフィアが笑う。


「さあ、審判をお願いします。ミス・サリア」


ミスター・ビリーの担当試合は、とんでもないことになりそうですから。どうぞ、マイペースに。


「準備はよろしいですか?お二人とも」


ネット越しに、メニーとリトルルビィが向き合っていた。


「サリア、大丈夫!」

「こっちも大丈夫です!」

「恨みっこなしだよ!リトルルビィ!」

「ふふっ!負けないよ!メニー!」

「それでは、正々堂々」


始め!


先攻のリトルルビィが、羽根を飛ばした。


「てやっ」

「やぁっ」


メニーが返す。


「そーれっ」


リトルルビィが返す。


「ほい!」


メニーがスマッシュを打つ。


「遅い!」


リトルルビィがスマッシュを返してきた。

その速さ、人間のスマッシュではない。


「わっ!」


メニーが驚きの声をあげて、体を強張らせた。羽根が一度その場で回り、メニーの後ろへ飛んでいく。


「きゃっ…!」


サリアも、驚愕の声をあげる。その声を聞いたメニーが、はっとする。


(ちょ、ちょっと待った…!)


顔が青ざめる。


(これ、まずいんじゃ…!)

(私がいるのはいいけど…)


何も知らない『サリア』がいる…!


「驚きました。リトルルビィは力がお強いのね」


サリアがにっこりと微笑み、リトルルビィを見つめた。


!!!!???


メニーが目を見開いて、リトルルビィと、サリアを見た。


「え!?サリア、リトルルビィを知ってるの?」


訊けば、サリアが頷く。


「ええ、以前タナトスに出かけた時にお会いしましたよ。アルバイトをなされていて」

「うん!自己紹介したんだよ!そっか、メニーはいなかったもんね…」

「テリーお嬢様を、お嫁さんに貰うそうですよ。うふふふ」


冗談だと思っているように、サリアがくすくすと笑った。しかし、リトルルビィの目は本気だ。本気で照れて、頬を赤らめる。


「……えへへ」

「リトルルビィ…サリアになんてことを…」


メニーが呆然とリトルルビィを見つめる。

そんな二人に、サリアが声をかけた。


「しかし、リトルルビィの腕のお力が、そんなに強いとは思いませんでした。ふふっ。私としたことが…驚いてしまいました」


びくっ。


「り、リトルルビィは、その、人よりちょっと、力が強いから…!ね?ソフィアさん!」


ちらっと、メニーがソフィアを見ると、ソフィアも頷く。


「人より、運動の才能がある子ですので」

「あら、そうでしたか」


サリアも微笑む。が、


「それにしては、とても11歳の力とは思えない力でしたがね?」


サリアが、考え出す。


「なぜでしょうか…?」


(あっ、これ!)


メニーがぞっとした。


(お姉ちゃんが言ってたやつ!!)


―――サリアって違和感を感じたことがあったら考え出すのよ。で、絶対に100パーセントに近い答えを見つけ出す。使用人ながら、怖いメイドよ。サリアは。


以前テリーが言っていた言葉を思い出し、メニーが引き攣った笑みを浮かべて、両手でTの文字を作った。


「サリア!タイム!」

「はい。かしこまりました」

「リトルルビィ!ちょっと来て!」

「ん?」


慌てて呼び出すメニーに、リトルルビィがきょとんとしながら近づく。


「どうしたの?」


ネット越しから、メニーが顔を近づけて、ぼそりと喋った。


「あの、…サリアはリトルルビィが吸血鬼だって、知ってるの…?」

「え?いや、それは知らないと思う。あの人の前では吸血もしてないし…」

「だったらリトルルビィ、あまり力を出さない方がいいと思うよ…」


リトルルビィが、はっとした。


「あ、確かに」

「うん。ばれちゃうから」

「考えてなかった…。ありがとう。メニー」

「うん。抑えながらやろう」


メニーが言うと、リトルルビィも頷いた。


「おっけー!任せて!何とかする!」

「よし、じゃあ続き!サリア、続きからいくね」

「かしこまりました。では、続きを」


サリアがまた時計を計り直す。


「よし、いくぞ」


メニーが羽根を上に上げ、飛ばした。


「てや!」

「そぉおおおい!!」


リトルルビィがスマッシュを決める。

また、11歳ではありえないスマッシュが出た。


「きゃあ!!」


メニーが驚いて羽根を避ける。


「アウト」


サリアが審判する。メニーに得点が入った。


「これはまたすごいスマッシュでしたね」


一体何者なのでしょうか?


「あの腕の細さから、なぜ羽根のスピードをあんなに…人間の子供が…あんなに力を出す方法は…ぶつぶつ…」

「くすす。ミス・サリア。仕掛けなんて何もありませんよ。本当に」

「んん…?そうですか?うーん…何か違和感があるような気がするのですが…」


ソフィアに誤魔化され、眉をひそめるサリアを見て、メニーとリトルルビィが顔を見合わせる。


「り、リトルルビィ…!」

「メニー…ごめん…!次はうまくやるから…!」


リトルルビィが羽根を持ち、羽根つきで飛ばす。こーんといい音が出る。

これは普通の力の威力だ。


(おお!リトルルビィ!いい感じ!)


メニーがほっと微笑んだ。


「はい!」

「それ!」


リトルルビィが普通の威力でメニーの羽根を返した。羽根がメニーに向かってくる。


「やあ!」


メニーの羽根がリトルルビィに近づき―――、


「今だ!そこ!」


びゅんっ!!


「わーーーーーーーーーーーー!」


メニーがあまりの威力に、体を強張らせる。羽根がコートの外に出る。


「アウト」


サリアが微笑む。


「全国大会レベルですね」


「リトルルビィ!!」

「ごめん!ごめん!メニー!」

「も、もう一回!」


びゅん!!


「ごめんごめんごめん!」

「リトルルビィ!人間だった時の威力を思い出して!」

「う、うん、でも…難しくて…!」

「もう一回!」


びゅーーーーーん!!


「いいいいいいいいい!!!」

「メニーがテリーみたいな悲鳴を…!」

「冗談言ってる場合じゃないよ!」

「ごめぇん…!」

「もう一回!!」


ぴゅうううううううんっっ!


「ルビィ!」

「ごめん!もう一回!頑張る!もう一回!」

「気張らずに、ね?」


ぴゅっ。


「あらま、残像が…」


サリアの言葉と試合の風景に、ソフィアが微笑みながら、とうとう顔を押さえた。その顔は、どこか青い。


「後でキッド殿下にどやされるな…くすす」

「ル…ルビィ…」


ゼーゼー、と、メニーとリトルルビィが肩で息をしながら、向かい合った。


「ちょ、ちょっと待って…。あ、あのね…はあっ…ルビィ、ちゃんと、ふー…はあっ…人間の、時の、力を…!」

「だ、だめ…メニー…ぜー…人間の頃、…ぜー…羽根つきなんて、…はー…やったこと…なかったもの…」

「そ…そういう…問題…?」


(このままじゃばれる…!)

(リトルルビィが人間じゃないってばれる…!)


サリアは使用人。知られたら、


(…お姉ちゃんが、多分、ショックで気絶する…)


回避策を考えないと…。


(どうしよう…)


メニーが考え出した途端、ぴゅー、とサリアが笛を鳴らした。それを聞いて、きょとんと、呼吸の乱れた二人が、サリアを見た。


「え?」


メニーが、


「ん?」


リトルルビィが、

にこにことするサリアを見つめる。


「はい。四分きっかり。試合終了です。主にリトルルビィのアウト負け。メニー様の勝ちです」


言われて、二人は顔を見合わせる。


(じ、時間を…忘れてた…!)


メニーは、思い出したとともに、ほっとする。


(試合、何とか終わった…!)

(サリアにばれずに、切り抜けたよ…!テリーお姉ちゃん…!)


向かいにいるリトルルビィも、どこかほっとした表情をしていた。

お互いに目を見合わせて、頷き、ため息を吐いた。


((重い試合だった…))


二人の意見が合致した瞬間だった。


「非常に面白い試合でした」


サリアは、にこにこしている。


「ミス・ルビィの将来が楽しみですね。メニー様?」


メニーは、ぞっとして、笑顔をひきつらせた。


「は、あははは!そうだね!すごい子だもんね!サリアも、見てて思ったでしょ!あはは!」

「羽根つきの才能があるんでしょうか。それとも、テニス、バドミントンでもいいかもしれませんね。すごいスマッシュにサーブ。……でも、」


どこか、違和感が…。


「あははは!何言ってるの!?サリアったら!あははは!」


(お姉ちゃん!!)

(サリア怖いよ!!)

(早くお姉ちゃん来て…!)


青ざめたメニーが、ケラケラ笑い、また笑い、誤魔化すために、サリアにひたすら、笑っていた。



メニーが心の内でテリーに助けを求める一方――――。



ビリーが審判を務める、その試合。

ネット越しに向き合う背の高い子供と、背の低い子供が、キッドとテリーが、お互いを睨み、ばちばちと雷のような視線を交わしていた。

ビリーが静かに見守り、二人に訊く。


「用意はいいかの?二人とも」


二人が頷いた。


「いつでもいいよ!じいや!」

「望むところよ!かかってこい!クソガキ!」

「絶対、年賀状書かせてやるからな!」

「ふざけるな!あんたが負けたら、あたしにしつこく迫ったことを謝罪させてやる!」

「そもそもお前が悪いんだろ!」

「悪くないもん!」

「テーリィー…!」

「キッドォ…!」


ばちばちばちばち!


「先攻後攻は、どっちじゃ」


ビリーが呆れたように言うと、二人が手差し出し、相手に向けた。


「「最初はグー!」」


じゃんけん!


「「ぽん!!」」


テリーがパー。キッドがグー。テリー先攻。


「ぐっ…!」

「しゃああああ!じゃんけんではあたしの勝利よ!見たか!キッド!」

「じゃんけんだけだろ!」

「これは未来を物語っているのよ!勝つのはあたしよ!」

「そう言ってたら負けるんだからな!テリー!!」

「じゃんけんで負けたくらいで不機嫌になるなんて、大人げないわよ!」

「結構!言ってろ!」

「始めるぞ。ほら、二人とも、位置にお付きなさい」


ビリーの声に、二人がふんっ!と顔を背け、お互いの位置に歩いていく。


「それでは…」


始め!


ビリーが笛を鳴らす音と共に、先攻のテリーが羽根を飛ばした。


「うらぁ!!」


何が何でも勝利を手にしたいテリーが、最初からサーブを決め込む。しかし、相手はキッドだ。甘くはない。


「させるか!」


スマッシュ。


「ぐっ!」


テリーの動きが止まる。羽根が落ちた。キッドに得点が入る。


「キッド、一点」


ビリーが片手を上げると、キッドが拳を握る。


「っしゃあ!」

「くっ…!最初だけよ!最初だけ!」

「ふふん!テリー。今謝るなら許してあげるよ!?俺は、優しいからね!!」

「ふっっっざけんな!誰がてめえなんかに謝るか!くたばれ!」

「言ったね?テリー。後悔しても遅いからね?…もう許さないよ」


にんまり微笑むキッドに、テリーが表情を曇らせ、羽根を掴み、羽根つきで勢いよく飛ばす。


「だらぁ!」

「ふん!」


キッドが返す。


「せい!」


テリーが返す。


「やあ!」


キッドが返す。


「甘い!」


テリーが返す。


「激甘だね!」


キッドが返す。


「きた!」


テリーが構える。


「何!?」


キッドが目を見開いた。


「くらえ!キッド!」


テリーの渾身の一撃が羽根にぶつけられ、コートに飛んできた。

キッドが動きを止める。羽根が足元に落ちた。キッドが、動けなくなった。

その事実に、ぞっと、キッドの顔が青くなる。


「お、俺が動けなくなるなんて…!」

「ふふっ…!あたしを舐めてるからこうなるのよ…!」


にやりとするテリーに、キッドが笑った。


「くくっ、面白い。勝負は簡単に勝ってしまっては面白くない。こうでなくっちゃ。くくくくっ!ますます惚れたよ。テリー」


持ち直したキッドを、テリーが睨んだ。


「ほざきなさいよ。どちらにしても、あたしが勝ったら年賀状は書かないし、婚約なんか解消よ。解消。絶交してやる」

「あー。そういうこと言うんだ?あーあ。俺傷ついちゃったぁー。この後勝ったらどうしてやろうかなあ?どうやって虐めてやろうかなー?テーリー?」

「何言ってんのよ!勝つのはあたしよ!」

「お前、本気で俺に勝てると思ってるの?」

「思ってるわよ。いい?思い込みってすごいのよ。絶対に勝つって思ってたら、絶対に勝てるのよ」

「あはは!その信念は褒めてあげるけどね、無駄さ。勝つのは俺だよ」


キッドが羽根を持つ。


「可哀想だけど、俺は婚約者でも容赦しないよ」


構え、羽根を飛ばした。


「ほい!」

「せい!」


テリーが羽根を返す。


「やあ!」


キッドが羽根を返す。


「てい!」


テリーが羽根を返す。


「よし、きた」


キッドの目の色が変わり、腕に力を込めた。


「それ」


言葉の軽々しさとは裏腹に、どでかいサーブを決め打つ。


「んなっ…!」


テリーが動く前に、足元に羽根が落ちる。

くくっと、笑うキッドがネット越しにいた。


「ほーら、テリー。じわじわと苦しめてあげるよ」

「くそ…!」


テリーがキッドを睨み、キッドがにたにたとにやけながら、テリーを睨む。


「さあ、お前の番だ。どうするー?」

「くそ…調子に乗りやがって…!四歳年下相手に、大人げないわよ!」

「結構!勝てばいいのさ!勝てば!」

「負けてなるものか!見てなさい!畜生!!」


テリーが構え、羽根を飛ばす。


「せやっ!」

「ほい」


キッドが返す。


「うらっ!」


テリーが返す。


「ははっ」


キッドが笑った。


「見てな」


キッドが構えた。


「それ」


サーブ。


「させるか!!」


テリーが返した。


「それ」


キッドが返した。


「だらぁっ!」


テリーが返してすぐに


「はい」


キッドが返したのを、


「はい!」


テリーが高らかに返した。


「げっ」


キッドが顔を引きつらせた。

ネットに引っ掛かるか引っ掛からないかのギリギリラインで、引っ掛からず、キッドのエリアに羽根が落ちる。テリーに得点が入った。

テリーが、高らかに笑う。


「おーっほっほっほっほっ!羽根つきなんてね!楽勝よ!所詮は子供のスポーツ!昔から遊んでるのよ?きらきらしてる王族のあんたなんかに負けないんだから!」

「…ああ。確かに。俺は羽根つきっていう遊びを、あまりした事がないよ」


でもテリー、忘れてない?


「俺が、キッドっていうことをさ」


落ち込むどころか、にんまり微笑むキッドが、そこにいる。


「いい勝負になってきたじゃないか!燃えてくるよ!」

「ほざけ!泣き虫王子様!勝負に負けてまたわんわん泣けばいいわ!」

「あっはっはっはっはっ!言ってくれるね!お前こそ勝負に負けてめそめそ泣くがいいよ!泣き虫令嬢!!」


キッドが羽根を拾い、構える。


「絶対負けないよ。俺に負けなんて言葉はないんだ」


キッドが羽根を飛ばした。


「せい!」

「とお!」


テリーが返す。キッドが返す。テリーが返す。キッドが返す。

得点はどんどん入っていく。時間はどんどん過ぎていく。


―――――まずい。


テリーが、自分の得点と、キッドの得点との差と、時間に気づいた。


(このままじゃ本気で負けるかも…!)


冷静に、テリーが分析しだす。


(点数はキッドが優勢!時間もわずか…!あいつ何なの…!?あたしが息を切らしてるっていうのにぴんぴんしてやがる…!)

(キッドめ…!侮れない…!)


「さあ、どうした?テリー?お前の番だぞ?」


(余裕に笑ってるあいつに目に物見せるためには…!)


………………。


「当たって砕けろ!」


単純思考な彼女は、それしか思いつかない。

真剣な眼差しで、残りの時間に全てを賭けて、キッドに羽根を飛ばす。


「くたばれキッド!」

「それはこっちのセリフだ!テリー!」


キッドが返す。


「させるか!」


テリーが返す。


「それ!」


キッドのサーブを、テリーが返す。


「たあ!」

「ほう!」


キッドが返した。


「なかなか!」

「それ!」


テリーが返す。


「ぐっ」


キッドのいる方向とは別の方向に羽根が飛ぶが、キッドが返す。


「今のはすごいね」

「畜生!負けてなるものか!!」


テリーが羽根を返した。


「だけど、やっぱり、お前は詰めが甘い」


キッドが手を振った。


「おーい!ニクスー!こっち!」

「え!?ニクス!?」


振り向くテリーに、キッドが羽根を返した。


(はっ!しまった!)


慌てて振り向くと、キッドの返した羽根が、顔面に飛んできた。


(げっ!!!!!!!)

「うぐっ!」


こーん。


いい音が鳴り、テリーがその場に倒れる。その横に、羽根が落ちる。

途端に、ぴー、と笛が鳴った。ビリーが笛を下ろし、片腕を上げた。


「キッドの勝ち」

「圧倒的にね」


数字を見て、キッドが微笑む。

そしてネット向こうにいるテリーに近づき、くつくつ笑いながら、倒れる彼女を見下ろした。


「約束通り、年賀状は書いて貰うよ?テリー」


そのいやらしい目は、とても愛する人を見る目ではない。

テリーが起き上がり、悔しさに拳を固めて、地面を叩いた。


「くそぉ…!ニクスが汚された…!キッドのせいで、ニクスの名前が汚された…!」

「お前ね、人を汚れのように言うのやめてもらっていい?」

「人を騙すなんて、国の王子として最低よ!この嘘つき!」

「結構!言ってるだろ!?勝負はさぁ!勝てばいいのさ!!!」

「くううううう…!畜生…!ニクスに言ってやるから…!チクってやるから…!!」


悔しそうに、恨めしそうに、テリーは満足そうに微笑むキッドを睨み上げた。



――――一方、その頃。



「はっくしゅん!」

「おや、風邪かい?ニクス」

「んん…。風邪対策してたんですけどね…」


ニクスが鼻水をすすった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます