わたしは小説が好きなので小説にも少しくらいわたしのことを好きになってほしい

作者 高梨來