誰かが足りないクリスマス

作者 嘉田 まりこ

娘のいないクリスマス」への応援コメント

このエピソードを読む

  •  うにゃーん。:+((*´艸`))+:。
     素敵なパパさん。可愛い娘ちゃん(*>∀<*)

    作者からの返信

    パパさん、娘にやられております(笑)

    娘、なかなか上手です(笑)

    2019年1月8日 01:54

  • パパ殺しな娘ちゃん。
    すごい殺し文句です(〃´ω`〃)

    作者からの返信

    世の中のパパさんは娘には敵わないよね。

    私の波平・父もなんだかんだ言って私には優しいし。

    娘ってのはパパを妻よりも操る生き物だと思います(笑笑っ)

    2018年12月8日 22:17

  • 雪さん、やっぱり良いパパだなぁ(*´艸`)✨

    娘が離れていくのは父親としてとても寂しいことだとは思うけれど、この分なら孫ラブなおじいちゃんになれそうだし、いっそ萌ちゃんとイチ君にさっさと結婚してもらっちゃえ!(笑)

    作者からの返信

    孫ラブなおじいちゃん!!
    なりそう!!!笑笑っ

    もしもイチ萌の子どもが生まれたら、雪ちゃんは親の二人より頑張りそうだね!(笑)

    そんな想像をしてくれて嬉しい♥️ひまわりちゃん、ありがとう♥️

    2018年12月8日 22:12

  • ウチの娘たちはぜんぜんこんなことなくて、親孝行なのか親不孝なのか?

    でも他人事だとニマニマしちゃいますね(●´ω`●)

    作者からの返信

    娘を持つ親は、いつか向き合うだろう日……ということで雪ちゃんに代弁させてしまいました(笑)

    素敵なレビューありがとうございます♥️嬉しいです😊!!

    2018年12月8日 22:09

  • 嗚呼……なんて素敵なスピンオフでしょうか(ノД`)
    『僕の溜め息を粉雪に変えた』
    ↑ここの表現が綺麗で美しい!とっても好みです><

    雪「よし!カボチャケーキの作り方を教えよう」
    萌「……お父さん。イチがカボチャが苦手なの知ってるでしょ」

    作者からの返信

    ゆうけんさん、カボチャ!!
    さすが、ゆうけんさん!!!

    誰もが忘れていたイチの嫌いな食べ物を覚えていて下さるとは!!
    (感激のあまりワインがすすむ私)笑

    カボチャのケーキを萌が作って持って行ったら、イチは無理してでもバクバク食べるんだろうなーとニヤニヤしてしまいました!

    やはり一家に一人……いえ、一作品に一人のゆうけんさんですね✨

    2018年12月8日 22:00

  • (パパの味は世界一ィイイイイッ!)

    娘として、彼女として良かれと思った計画が、父と彼氏の血みどろの戦いの引き鉄になってしまうことに、まりこはまだ気がついていなかったのでした(^_−)−☆

    つづく

    作者からの返信

    爆笑

    ***

    『実は娘(彼女)は、とんでもない女でした……』
    『あの日から彼(彼女の父親)には危なくて背中を向けられません』

    つづく

    ***

    叶さんコメントありがとうございます!
    雪ちゃんとイチの乱闘シーン多めでご想像ください(笑)

    2018年12月6日 08:59