Fergus

不知火白夜

プロローグ

 寒くて、痛くて、とてもとてもお腹が空いている。何もわからない頭でも、それだけは確かに、本能的に理解していた。

 何故自分はこんなところにいるのかは、なにも理解していなかったのだけれど。


 黒い子どもは生まれた時から壁に囲まれた場所にいた。冷たくてとても静かで、汚くて、特に何も無い場所だったが、物心ついた頃からそこにいる彼にはおかしいと言うことに気づかない。

 黒い肌の子供が目にしていたものの多くは自らを囲う土色の壁や床。そして時々やってくる誰か。自分より何倍も体が大きくて、いつもつり上がった目で子供を睨み、怖い顔をしている。憂さ晴らしをするように殴る蹴る等暴力を奮う。

 痛い、痛い、苦しい。怖い、苦しい、怖い、痛い。

 そんな気持ちの働くままに吐き出せば、黙らせるかのように痛さがやってくる。そんな日々が数え切れないほどに起こっていた。

 子供には日付の感覚もなにもない。正に永遠とも思える日々、何故自分が生き伸びているのか、ここはなんなのか、その全てが分からない中。ある日突然現れた幼い子供をひとつの特異点として、日常が大きく変わる。


 キィ、と部屋に小さな音が響いたのを、床に力なく横たわりながら子供は耳にした。また痛い思いをしなくてはいけないのかとぼんやりと考えながら、光のない翡翠の目を動かした。

 しかし子供が捉えた影は、予想とは大きく異なっており、無意識に目を見開く。

 その影はとても小さかった。いつもやってくる怖い顔の大人よりも、ずっとずっと小さくて細くて、優しげだった。

 ライトグリーンの愛らしく丸い双眸が、横たわる子供の窶れた体をじっと見つめる。その主は不思議な雰囲気を纏っていた。

 前述のライトグリーンの愛らしく丸い瞳に加え、空色のふわふわとした柔らかそうな髪。そして髪よりは濃い色合いの青いマフラーを巻いた幼い子供がそこにいた。

 男児か女児か、一見するとそれすらも分からない中性的な風貌だが、半ズボンを穿いていることから少年と推測できる。

 何をしにここに来たのだろう。子供がそんなことを考えていると、その男児はぱあっと花が咲いたように綻んで、愛らしい声を響かせる。


「初めまして。僕、クリストファー・カイル・ファーガソンっていうんだ。カイルって呼んで。僕は多分君の弟なんだけど、ねぇ、君の名前は?」


 暗く重い世界にやけにはっきりとした声が満ちた。

 子供は虚ろな瞳を彷徨わせて自らを弟のカイルと名乗った男児の姿をとらえる。数秒ぼんやりと見つめて徐に瞬いて、子供は渇いた唇を動かした。声は出たのか分からなかったが、カイルは僅かに目を瞠り悲し気に頷く。


「そっか、名前もないのか。……つまり、君があの大人が言っていた子なんだね」


 子供を知っているかのような物言いに、僅かに緑の目を見開くと、カイルは勿論と頷いて歩み寄る。


「あの大人達の様子から、僕が知らない誰かがいることは分かってた。ただ、見つけるのにとても時間がかかっちゃった。ごめんね」


 カイルは悲痛げに眉を下げて、子供の傍らに膝をつくと、骨と皮だけのように細くなった手を取って、優しく握る。カイルの手はとても温かかった。

 冷たい。そう一言零したカイルは、言葉通り冷たさを感じる瞳で目を伏せる。


「……酷いよね、こんな酷いことをするなんて信じられない。きちんと愛するでもなく、かといっていっそのこと殺すでもなく、死なない程度に生かしているという所業がおぞましい。彼等の性根の悪さがよく分かるよ」

「……?」

「あぁ、なんでもない。ごめんね、君には理解できなくても仕方ないよ。本当、ごめん」


 冷たさから一転、愛情深い瞳を向けて、カイルは小さく柔らかい手で労るように頬と髪を撫でた。

 痛くない。その事実に黒い子供は僅かに目を見開く。

 子供は、今まで感じたことのない優し気な手つきが信じられなかった。子供に与えられるものは痛みと恐怖ばかりで、今自分に触れているカイルが、何を考えているのか、これっぽっちも考えが及ばない。ただ、混乱するのみだった。いや、寧ろ恐ろしさすらあった。

 暴力や暴言に対する恐怖とはまた異なる恐ろしさに背筋がすうっと冷たくなるが、カイルからの抱擁により、その思考がかき消されていく。

 触れた肌の温かさ、慈しむような彼の言動。それらは子供にとっては初めて知った人の愛でもある。それら全てが、理解出来なくとも神々しいものだと受け止めて、子供は、淡い光に縋った。

 枯れた喉と乾いた唇で声を上げる。しかしろくに話すことすらできない子供が一体どんな言葉を紡げるというのだろう。それでもカイルは微笑んで子供の固い髪を撫でる。


「これからは、僕が君の面倒みてあげる。だから安心して。よろしくね、クリス」


 この瞬間、名無しも同然だった彼は初めて他者より贈り物を受け取った。それは、名前。窶れたただの子供だった彼は『クリス』となりカイルの庇護を受けることとなる。成暦セイレキ1908年4月21日のことであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます