明日の黒板

作者 達見ゆう

34

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

夏男と春子のキャラクターがいきいきとしていて、とても面白かったです。
軽妙な高校生同士の会話劇が、どんどんとお話のなかへと引き込んでくれます。

黒板アートの描写や、夏男の春子への想い。
そして、添えられた銀色夏生の詩も唸らせられました。

濃い色彩で描かれた、青春コメディです。

★★ Very Good!!

春子の全てを「受け」入れようとする、夏男に好感が持てる作品。きっと、彼の愛は物凄く深いのでしょう。普通の人なら躱したくなる春子のちょっと特殊な、物理的現象を伴う「気持ち」を、とりあえず受けようとするのだから。
愛の深さは無限大かも知れない。そんなことを考えさせてくれる、楽しい作品です。是非ご賞味あれ。

★★ Very Good!!


主人公達の軽快な会話はのおかげで、とても読みやすい仕上がりになっていると思います。

そして短いながらも味のあるキャラクターを見事に作り上げているところが凄いなと思います。

分かりやすく、伝わりやすい、読者に優しい良作です。

是非お立ち寄りいただければなと思います。