81 異文化コミュニケーションは楽しいです

 天井が閉じたので光が無くなった。自分の手足も見えない暗闇に、ルーナが悲鳴を上げている。落下はまだ続いているみたいだ。

 俺は片腕でローズを抱きしめ、もう片手を前に差し出した。

 

「明るくなれ!」

 

 手のひらに火の球が浮かんだ。

 周囲の景色が見えるようになる。

 真下に浮かび上がった光景に俺はぎょっとした。

 

「あれって巨人?!」

 

 仰向けに横たわっているのは、エスペランサで街を襲っていた巨人に似たものだった。あっちと違って土や泥を被って草が生えてる訳じゃないけど、代わりに砂埃を被っている。

 

「うわわ」

 

 俺たちは巨人の腹の上に着地した。

 落下の衝撃があると思ったのだが、柔らかいクッションの上に落ちたか、身体が羽毛になったように、ふわりと降りる。

 

「フトンガ、フットンダ……!」

 

 巨人の目がカッと赤く光って、抑揚の無い声がした。

 ええと……この巨人がしゃべっているのかな。

 

駄洒落だじゃれ?」

「スベッテシマッタ。ファーストコミュニケーション、シッパイ」

 

 俺はローズを抱え直した。

 ルーナは俺の背中にぴっとり張り付いて「寒いわ、色々と」と呟いている。状況は分からないけど、巨人はがっかりしているっぽい。俺は何となくフォローした。

 

「……会話の始まりにしては唐突だったけど、失敗じゃないと思うよ」

「アリガトウ。アナタ、ヤサシイネ。トコロデ、ワタシノムネ二アル、ボタン、オシテ」

「ボタン?」

 

 巨人の胸の中央に突起部があったので、足でエイヤっと押し込んでみる。すると巨人の肌に穴が空いて、中から丸い金属のボールが出てきた。

 

「ダッシュツ、セイコウ!」

 

 今度は巨人じゃなくてボールがしゃべってる。そいつは虫の羽のような二枚の耳をパタパタさせて、空中を浮遊した。

 

「君、誰?」

「エーアイユニット、エムリット、ダヨ!」

「エムリット、ね。ところで俺たち、地上に戻りたいんだけど」

 

 手のひらに浮かぶ火の球をかざして、周りの状況を確認した。

 俺たちは巨人が入るくらい広くて大きな空間にいるようだ。

 どっちに行けば、外に出られるだろう。

 転移魔法が使えない以上、どこか抜け道を見つけないとな。

 

「コッチ、コッチ!」

 

 エムリットは地面を跳ねるように飛んで、俺たちを案内し始めた。

 

「……ちょっと。信じるの? ゼフィ」

 

 俺の後ろを歩くルーナが聞いてくる。

 

「今のところ罠の気配は無いからね。というか、君がそもそもの元凶なのに、何でしれっと俺を盾にしてるの?」

「うるさいわね、怖いからに決まってるじゃない!」

 

 ルーナは三角の猫耳を伏せ気味にして震えている。

 まあいいか、このままでも。

 エムリットの行く先を手のひらの火球で照らすと、分厚い金属の扉が見えてきた。

 

「デグチ」

「閉まってるね……」

「エイヤッ!」

「エムリット?」

 

 俺はぎょっとした。

 エムリットは閉まった扉に体当たりしている。

 ガツン! と痛そうな音がして、エムリットは跳ね返ってきた。

 

「何やってんの?!」

「トビラ、アケル」

「いや、その前に君が壊れちゃうよ!」

 

 俺が止めるのも聞かず、エムリットは扉に体当たりを続ける。

 何回か繰り返すとバチッと火花が散った。

 扉には傷ひとつ無い。

 エムリットの方が凹んで、パチパチ火花を散らしている。

 

「もう止めなよ。なんでこんな無茶をするんだ」

 

 これ以上やらせるとエムリットが死にそうだ。

 俺はローズを「抱いてて」とルーナに預けると、エムリットの身体を両手で握って体当たりを止めた。金属の球体は熱を発していて、手が火傷しそうだ。

 

「ダッテ、イチマンネンブリ、ニンゲント、シャベッタ」

「一万年?」

「ナガカッタ。サビシカッタ。ヤットアエタ、ニンゲン。ソトニダシテアゲナイト」

「エムリット……」

 

 良い奴じゃないかエムリット。俺は少しホロリときた。

 経過年数の単位が変だけど、きっと長い間ひとりだったから惚けて間違えてるんだろう。

 それにしても扉が邪魔だ。

 天牙を持っていれば叩き斬ってやったのに。

 

「ニンゲンノ、ヤクニタツ。ソレガ、エムリット、ソンザイリユウ!」

「おい!」

 

 エムリットは俺の手から抜け出すと、勢いよく扉にアタックを掛けた。

 今までで一番大きな音が鳴り、扉が揺れる。

 衝撃で、扉の中央に紙一枚の隙間ができた。

 弾き飛ばされたエムリットが煙を上げて地面に転がる。

 

「プシュー……ゴメンナサイ。ゲンカイ……」

「いいや。よくやってくれたよ、エムリット。ここからは俺が何とかする」

 

 俺は両手を前に出して集中する。

 剣は無いけど魔法を使えば……!

 氷の魔法で扉に出来た隙間を埋め、こじ開ける。

 

「はあっ!」

 

 白い水晶のような氷の柱が地面から生えて扉を貫いた。

 次の瞬間、氷は砕け散り、割れた扉だけが残る。

 

「相変わらず出鱈目でたらめな威力の魔法ね……」

 

 ルーナが呆れた顔をした。

 

「ヨカッタ……エムリット、ココデ、オワカレ……」

 

 煙を上げるエムリットの、目のような部分が点滅した。

 今にも動きを止めて死んでしまいそうだ。

 

「ちょっと待った」

「?」

 

 俺はエムリットに時の魔法を使った。

 

「……モトニ、モドッタ?」

 

 ほんのちょっとだけ時間を巻き戻して、エムリットを回復させた。微妙な力加減が難しいんだよなー。

 エムリットは自分の身体の具合を確かめるように、くるくる回ってとび跳ねた。

 

「スゴイ! アナタ、マホウツカイ?!」

「魔法使いだけど」

「ワオ!」

 

 何故か魔法使いというところに感動されている。

 そんな珍しい生き物かな、魔法使いって。

 

「アナタ、エムリットノ、マスターニナッテ!」

「はい?」

「ナマエ、ナマエ!」

 

 エムリットに名前を聞かれて、俺はちょっと考えて「ゼフィ」と答えた。偽名のセイルをここで名乗る必要は無いだろう。

 

「ゼフィ! マスタートシテ、トウロク! エムリット、マスターヲ、サポートスル!」

「よく分からないけど、友達になったってことかな。よろしく、エムリット!」

 

 細かい事を考えるのは諦めて、俺はエムリットを仲間として受け入れた。ルーナは納得いかないという顔をしている。

 

「おかしいわ……あの水晶球は、世界を破滅に導く鍵という大層なキャッチのアイテムなのに! 全然ゼフィが不幸にならないじゃない?!」

「騙されて変なものを買わされたんじゃないの」

 

 世界を破滅に導く鍵かー……巨人……まさかね。

 巨人から出てきたやつと友達になっちゃったよ。

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます