72 王女さまは疑っているようです

 ティオが俺の入った鞄を持って、竜騎士クラスに入ると、教室に緊張が走った。十数人の若者の視線が一斉にこちらに集中する。

 思わず立ち止まるティオ。

 しかし、教室の中央で一人の女子生徒が立ち上がった。

 

「おはようございます。ローリエのラティオ王子」

 

 凛々しい表情で出迎えたのはなんと、フレイヤ王女だった。

 他の生徒たちが唖然としている。

 ティオも少し呆然としたが、俺が鼻先でちょんちょんと頬を突くと我に返った。

 

「おはようございます、フレイヤさま」

 

 ちゃんと挨拶できたな、偉い偉い。

 ティオはフレイヤ王女に歩み寄って言った。

 

「どうか僕……私の事は気軽にティオとお呼びください」

「よろしいのですか? でしたら私もフレイヤと呼び捨てに」

「いいえ! 高貴なエスペランサの姫を呼び捨てなんて、恐れ多い!」

 

 ぶんぶんと首を横に振るティオ。

 ここは断って正解だ。エスペランサの貴族と思われる他の生徒の目があるからな。

 幸い、フレイヤは呼び名の話題にこだわらなかった。

 彼女は教室に入ってからこちら、ずっと俺をガン見している。

 

「そうですか。ところでその白い子犬は……?」

「連れてきてはまずかったでしょうか。私から離れないもので」

「いえ、全く問題ありません!」

 

 フレイヤは大声で言った。

 お姫様が断言したので、教室に入りかけた先生や、他の生徒が「ペット持ち込み禁止とは言えないな」という顔になっている。

 

「その子をずっと探していたのです。後で是非、触らせて下さい」

 

 彼女がそう言った後、他の生徒が何人か遠慮がちに手を上げた。

 

「あのー、私も」

「撫でさせてもらっていいですか?」

 

 お前ら、どれだけモフモフに飢えてるんだよっ?!

 フレイヤが席に座ったので、ティオは少し間を開けて、彼女の隣に座った。周囲の男子どもが嫉妬の視線を焼き殺さんばかりに送っている。

 王女らしく周りの気配に無頓着なフレイヤは、ティオに親しげに話し掛けた。

 

「ティオ、あなたの騎士は今日は来ていないのですか?」

「え?」

「セイル・クレールさまです」

 

 俺とティオは同時に「ぎくっ」と硬直した。

 

「セ、セイルは風邪で寝込んでて」

「まあ!」

 

 ティオの苦しい言い訳を真に受けたのか、フレイヤは心配そうな顔をした。

 

「大変ですね……私、お見舞いに伺ってもよろしいですか?」

「ええっ?!」

 

 フレイヤの提案に、ティオの声が裏返る。

 鞄の中で俺は冷や汗をダラダラ流した。

 

「王女にご足労頂くのは……」

 

 ティオは割りとまともな断り文句をひねり出す。

 侍女のミカの教育が活きている。

 

「セイル殿には以前、助けて頂いたので、お礼を申し上げたいのです」

「姫に病が移ってはいけませんし」

「ラティオ王子」

 

 フレイヤ王女の笑顔が怖い。

 彼女はいきなり戦姫モードに入った。

 ティオは威圧感に無意識に反応して姿勢を正す。

 

「何か私が伺うとまずいことでも?」

「いいえ!」

「では本日の夕方に伺います」

 

 退路を封じられて、ティオは二つ返事で了承するしかない。

 泣きそうな顔でティオは、教室の外に控えている近衛騎士のロキに目で合図を送った。主の合図を受けたロキは軽く頭を下げると、その場を離れる。俺の不在を誤魔化すための偽装工作をしに行くのだろう……。

 それにしても何でフレイヤ王女は、俺の顔なんて見たがるのかなあ。


 ちなみに休み時間、普通の白い犬を演じた俺は、生徒たちに遠慮なく撫で回された。フレイヤ王女は物問いたげな様子だったが、人前でしゃべる訳にはいかず、俺は黙秘を貫いた。

 

 

 

 授業が終わった後、俺たちは急いで領事館に帰った。

 王女が来るまでに偽装工作を完了しなければならない。

 

「……とりあえずフェンリルくんの偽物を用意した」

 

 ロキが偽物を紹介する。

 背格好は人間の時の俺と似ているが、金髪で顔にはいっぱいソバカスが散っている。その辺にいる田舎の子供みたいな雰囲気だ。

 

「近くの雑貨屋の息子のマックくんだ」

「よろしくっす!」

「……」

 

 不安しかない。

 

「病気を移さないためと理由を付けて、ベッドをカーテンで隠そう。そうすれば顔が見えないからバレないだろう」

 

 マックくんにベッドに入ってもらい、敷居を作ってカーテンを引いた。カーテンの外側では少年の影だけが見える状態だ。ロキが用意した台詞の台本アンチョコを手に、マックくんには待機スタンバイしてもらった。

 

 そしていよいよフレイヤ王女がやってくる。

 

 学校では軍服のようなデザインの堅苦しい服を着ていた彼女だが、自宅で着替えたのか淡い空色のワンピース姿だった。きっちり結い上げた金髪を下ろして、おしとやかな印象だ。

 

「お見舞いに、タバッキエラという果物を持ってきました」

 

 フレイヤの侍女が、控えていたミカに果物の入ったかごを渡す。

 平べったい小ぶりの白桃がいくつか入っていた。

 美味しそうだ。

 

「ゼフィ、ばたばたしないで……ありがとうございます、フレイヤさま」

 

 ティオがひきつった表情で礼を言う。

 ちょっとくらい良いだろー、果物の香りがする、くんくん。

 手土産を渡した後、フレイヤ王女は、カーテン越しに偽物の俺と対面した。

 

「セイルさま、お加減はいかがですか?」

「王女さま、ありがとうっす……ありがとうございます」

 

 マックくんがつき焼き刃の敬語でたどたどしく返事をする。

 語尾が駄目過ぎる!

 

「気のせいでしょうか。声が違うような……」

「セイルは風邪で喉をやられてて!」

 

 慌ててティオがフォローに入った。

 フレイヤ王女の目付きが心なしか剣呑になる。

 

「……あの時は、危ないところを救っていただきありがとうございました。私、お母様から頂いたネックレスを無くしたのは初めてで、動揺していて……」

 

 突然、フレイヤは俺の知らない話を始める。

 何の話だ? と一瞬思った。俺はあの時、邪神に味方したアールフェスの攻撃から、彼女を守ってあげたのだ。

 なぜ嘘を言うのだろうと疑問に思い、次の瞬間に気付いた。

 これは引っ掛けの誘導尋問だ!

 

「お言葉をたまわり、身にあまる光栄です、姫さま」

 

 マックくん、台本を手に「今度は間違えずに言えた」と安心しているようだ。だがもう遅い。その答えは間違いなのだよ。

 

「……誰です?」

 

 据わった目をしたフレイヤは、立ち上がってカーテンに歩み寄る。

 カーテンを容赦なく引いた。

 ポカンとしたマックくんの姿があらわになる。

 

「これは偽物ではないですか! 私をたばかりましたね!」

「ひっ」

「本物のセイルさまは、どこにいるのです?!」

 

 あーあ、バレちゃった。

 怒ったフレイヤは腰に剣があったら抜きそうな勢いだ。

 ティオとロキは青ざめておろおろしている。

 どうしよう。俺以外、ピンチなんだが。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます