67 女の子とデートしました

 アールフェスの奴、穴があったら入りたい気分だろうなあ。

 赤ん坊の世話で一晩経っているので、今はアールフェスを引き渡した次の日のお昼だ。

 

 俺は騎士見習いの服を着て、天牙を持ち領事館を出た。本当は平民の格好が好みなのだが、剣を持ち歩いてもとがめられないとなると、服装が限られる。

 ティオと約束したし、アールフェスの顔を見に行くか。

 現実問題、勝手に助けるとフレイヤ王女やエスペランサの人が困るんだよな。アールフェスの奴、牢屋の中で不景気な顔をしてるだろうから、遺言だけ聞いてあげよう。

 アールフェスの匂いを辿ってのんびり歩く。

 ちなみに、兄たんと離れて一人行動中である。

 

「……私とデートだね!」

 

 いや違った。もうひとりいた。

 天牙の精霊メープルが、俺にしか聞こえない声で楽しそうに言う。

 デート……デートかあ。

 

「前世では戦うばっかりで、女の子と付き合ったことが無かったな。デートって普通、何をするものなんだ?」

 

 俺は首をかしげた。

 

「私もよく知らないけど、きっと一緒に武器屋に行ったり、剣の立ち合いをしたりするのよ!」

 

 自信満々に胸を張るメープル。

 何だかんだで彼女も知らないらしい。

 デートって、剣の立ち合いをするのかなあ。それなら俺にも出来そうだけど。

 

 メープルとおしゃべりしながら歩く。アールフェスの匂いを追って行くと、フレイヤ王女の住む屋敷の前、次に竜騎士学校、最後に火山の洞窟に辿り着いた。

 どうやら天然の洞窟を利用して、牢屋を作っているようだ。

 出入口を見張る兵士はいたが、転移の魔法を駆使して内部に潜入する。

 

「ゼフィ、あそこ、人が倒れてるわ」

「本当だ。何かあったのかな」

 

 メープルの言う通り、奥の通路で人が倒れている。

 ちょうどアールフェスの匂いもその辺りから漂ってきていた。

 俺は物陰に隠れながら、様子を伺う。

 

「……私たちの事を、まだ話していないということで、よろしいですか?」

「……ああ」

 

 牢屋の中のアールフェスと、牢屋の前にいる女性が何か話している。

 女性は特徴的な赤毛をしていた。

 思い出した。あの女性は、クリスティ商会代表のアーサさんだ。

 

 黒い服を着たアーサさんの周囲には、屈強な男が三人、武器を持って佇んでいる。彼らは傭兵なのだろうか、荒事に慣れている気配で、誰か来ないか警戒している様子だ。

 状況的にアーサさん達は、牢屋の見張り番を倒して侵入したらしい。

 

「クリスティ商会が邪神のひつぎを発掘し、その力を新型魔導銃に利用していたと明るみに出れば、商会取り潰しでは済まないでしょう」

「……」

「私は、今の内にエスペランサを出ようと思っています」

 

 アーサさんの台詞を聞きながら、俺は邪神ヴェルザンディが商会の地下にいたことを思い出した。

 クリスティ商会がつぶれちゃったら、氷のおろし先を考えないといけないな。

 

「あなたも一緒に来ませんか? アールフェス・バルト」

「もう僕に利用価値は無いんじゃないか」

「そうでもないですよ。英雄の息子というネームバリューは、使いどころを誤らなければ、それなりに力になります」

 

 なーんだ。俺が助ける前に、アーサさんが助けるみたいだ。

 良かったね、アールフェス。

 犯罪者の仲間入りで、世間では肩身が狭くなるだろうけど、それも彼自身が選んだ道だ。残念だけど、仕方ない。

 俺は一気にやる気を無くして、洞窟の外に飛ぶための転移魔法の準備を始めた。最後にアールフェスの返事だけ聞いてから、脱出しよう。

 

「……断る」

 

 あれ?

 

「何ですって?」

「お前の言う通り、僕は英雄の息子という肩書きだけの人間だ。盗賊の仲間になって肩書きだけで使い回されるより、このまま処刑される方がずっと良い」

「考え直した方がいいですわよ」

「いいや、これがベストな答えだ。処刑となれば、英雄バルトの名前に泥を塗ったとそしられるだろうが、それこそ僕の望むところだ。親父や祖国パンテオンの人々がどんな顔をするか……見られないのが残念なくらいに」

 

 根性ひんまがってるなー。

 俺はアールフェスの答えを聞いて、吹き出しそうになった。

 アーサさんも呆れているらしい。

 

「あなたがそこまで馬鹿だとは、思いませんでした」

 

 冷たくそう言った。

 チャキっと、武器を構えた音がする。

 緊張感が走った。

 俺はその瞬間に悟った。アーサさんは、アールフェスを口封じのために殺すつもりなのだ。

 

「はい、そこまで」

 

 天牙を抜いて物陰から出る。

 引き金に指を掛けたアーサさんが、ぎょっとして俺を見た。

 周りの三人の男が一斉に武器に手を掛ける。

 

「セイル・クレール……なぜここに?」

 

 アーサさんが警戒心もあらわに俺に問い掛ける。

 銃口がこちらを向いた。

 

「答える必要があるかな。君たち、見つかったらマズイことをしてるだろ。俺は君たちと違って、やましいことは何も無いもんね」

 

 俺は抜き身の剣をさげて無造作に踏み込んだ。

 三人の男の内、二人は剣を持って切りかかり、残る一人はアーサさんの隣で発砲する。

 剣を持つ二人をすれ違いざま切り捨て、銃撃は狙いが甘かったので軽く避けた。

 あっという間にアーサさんの前に立つ。

 

「ひっ?!」

「残念だったね」

 

 にっこり笑って、アーサさんと隣の男を峰打ちにした。

 ドサリと彼らは地面に倒れふす。

 

「セイル……?」

 

 牢の格子越しに、アールフェスが信じられないものを見るような目で、俺を見ていた。牢屋の中にへたりこんで、服もボロボロ。めちゃくちゃ間抜けな顔だ。

 天牙を鞘に戻しながら、俺は彼に声を掛ける。

 

「お前、馬鹿だなー!」

「うっ……」

 

 どうせ悪役を気取るなら、誘いに乗って逃げれば良かったのに。

 

「まあその馬鹿さ加減、嫌いじゃないけど」

「え?」

 

 疑問符を浮かべるアールフェス。

 銃声を聞き付けたのか、兵士が集まってくる。

 俺は彼らの前で堂々と胸を張って言った。

 

「……私はローリエ王国のラティオ殿下に仕える者だ。殿下の命あってこの付近を通り掛かったところ、侵入者を見つけたので切った。君たちの責任者はどこにいる?!」

 

 秘技、偉そうに言ったもの勝ち作戦!

 兵士たちは俺の謎の威厳に気圧されて「責任者を呼んで参ります!」とへいこらし始めた。

 よーし。この勢いで煙に巻こう。

 大丈夫、大丈夫。いざとなったら皆を連れて逃げちゃえばいいし!

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます