第5話 夜の出来事

 紀子博士の自宅は廃業したホテルを改装したものだ。玄関の自動ドアも広々としたロビーもそのまま使用している。

 黒ぶち眼鏡をかけたメイド服の女性が出迎えてくれた。

「ようこそ正蔵様。私は佳乃翠よしのみどりと申します。本日は私がご案内させていただきます」

 恭しく礼をする彼女は佳乃の姓を名乗っている。つまり、彼女もあの試作型アンドロイドなのだろう。そのままエレベーターに乗せられ、四階の客室へ案内される。案内してくれたアンドロイドの翠さんは小柄で胸元も薄く、髪を三つ編みのおさげにしていた。

「正蔵様。これからお風呂になさいますか? お食事になさいますか? それとも私?」

 思わず躓いて転びそうになった。

「正蔵様、どうして焦っているのですか?」

「からかわないでください。本気にしたらどうするんですか?」

「勿論冗談ですよ。お食事の準備がありますので、お風呂とどちらを先に致しましょうか?」

「ああ、そうですね。では先にお風呂へ行きます」

 俺は備え付けのタオルと浴衣を抱えて浴室へ向かう。ホテルの大浴場をそのまま使用しているので個人宅としてはとても贅沢だ。

 俺は洗い場で手早く体を洗い日没直後の露天風呂に入る。赤く染まった空がだんだん暗くなり少しづつ星が見えてくる。南の空に夏の大三角が見えてきた。その大三角も夜半には西の空へと沈んでしまうのだろう。ぼんやりと星を眺めていると、翠さんが露天風呂に入ってきた。

「お部屋の方で夕食の準備ができております。冷めないうちにどうぞ」

「はいわかりました」

 ゆっくりしすぎたようだ。急いで露天風呂から上がり、浴衣に着替えて部屋へ戻る。ここへ来たときは食堂で紀子博士や睦月と一緒に食事するのだが今夜は一人だけだった。

「紀子博士と睦月はどうしたのですか?」

「外出されています。今夜は私と正蔵様、二人きりですわ」

「え?」

「嘘です。もうすぐ椿姉様と夏美姉様も帰ってきますよ。今は車両を返却しに行ってます」

「ああ、そうなの」

 確かに、Zもサニトラも頼爺の工場からの借り物だったのだ。アンドロイドだから食事はしない。だから待たなくてもいい。俺は目の前に出された料理に目が釘付けになった。

「翠さん。これフグですよね」

「はいそうです。今夜はフグ尽くしですよ」

「……って、そんな高級魚いただいてもイイんですか?」

「ふふふ。フグはお好きなんですか?」

「ええ、大好きです。家ではなかなか食べられないから憧れていたのかな?」

「最近では萩でマフグを養殖していて結構安く手に入るのです。ご遠慮なさらずにお召し上がりください」


 俺はその言葉に甘えて目の前にあるフグ料理を食べる。ふぐ刺しにフグの天ぷら。学生の身分ではなかなか食べることができない豪華な食事だった。


 フグを一生懸命食べていると急にめまいがしてきた。

 あれ? どうしたんだ?

 

 まさか、フグの毒にあたったのか?

 ふぐ刺しと天ぷらで当たるはずがないだろう。

 これは……?


 その場でうつ伏せになった。意識が段々遠くなっていく。


「上手くいったかな?」

「バッチリですわ」

「余計な事をするから歴史が変わってしまうところでした」

「ごめんね」

「大丈夫。今なら修正できます」


 修正? 何の事だ?

 わからない……。


 俺はそのまま眠ってしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます