イルカ的地球征服過程

作者 星浦 翼

50

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

意外と面白かったです。読み易く、スラスラ読めました。
あと、物語の発想、着眼点がいいかと。
特にオチが秀逸で、感心しました。

ただ、文が実直過ぎて、比喩表現が足りません。同様に、情景描写などが薄いです。
まぁ、ラノベはそれでいいのですが。

作品の勢いを取ると、それらの書き込みが、文章の勢い削ぐ場合が多いので、塩梅が難しいですよね。

辛口感想がお好みとのことでしたので、正直に書いています。

★★ Very Good!!

 ある日主人公は夢で、イルカに拉致されていた。そしてイルカは既に、地球侵略を始めていた。主人公は手始めに日本を侵略すると言われ、夢から覚める。このイルカと地球侵略という組み合わせが、独創的で面白かった。
 そこからはSFと言うよりも、主人公の日常が描かれる。塾に通い、そこから飛び出す。主人公には、いつも一緒の女子生徒がいた。その女子生徒は、怒ると主人公にいつもビンタする。しかし、今日はしなかった。
 それは、何故だろう?
 そして、主人公にいつも優しいお婆さんとの会話で、主人公は再び走り出す。

 果たして、イルカの地球侵略の本当の手段とは?

 是非、御一読下さい。