それは真夜中、突然に。

作者 京元