GODZILLA 怪獣随筆《エッセイ》録

作者 ミレニあん

最後に」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 執筆お疲れ様でした! そして楽しく拝読させていただきました!
    アニゴジは間違いなく『ゴジラ』という作品の枠を押し広げてくれた作品だと思います。もっと怪獣バトルが見たかったという人は、たぶん来年のレジェゴジでアニゴジのことは忘れてくれるでしょう(笑)
    シンゴジもそうでしたが、アニゴジの功績の一つは「怪獣を題材にしてここまで高度なSF映画を作ってのけた」ことではないでしょうか。「怪獣=幼稚」というレッテルをいまだ貼られやすい昨今ですが、アニゴジはそんな風潮に一石を投じてくれたはずです。
    好き嫌いの別れる作品かもしれませんが、真摯にゴジラという存在に向き合った傑作として、わたしは忘れないでおきたいです。

    作者からの返信

    こちらも最後まで読んでいただきありがとうございます!!
    機人さんの言う通り、アニゴジはゴジラの可能性を広げてくれた作品だと思いますね。確かに怪獣=幼稚というイメージがなくはなかったのですが、レジェゴジ~アニゴジの影響からかそういった風潮はなくなったと思います。

    アニゴジを楽しんだ身として、次のレジェゴジがどうなるのか楽しみにしています!

    2018年11月26日 21:33