34◆34 王の誕生


  ◆◆最終話◆◆



 将軍の剣術は、ロイにとってはもはや未知の領域だった。


 相手の思考、肉体、双方の反射に訴えかける駆け引きは。

 まるで催眠術の類だ。


 ロイは将軍の操り人形でもあるかのように。

 身体の制御権を奪われていた。


 刃のオン、オフが自在である『王の剣』の特性を活かし。


 ロイの攻撃を受けるフリをしては刃を消し。

 ロイが攻撃を受けようとしては刃を消した。


――例えば。持ち上げた荷物が想定よりも重かった時、または軽かった時。

 認識と負荷の差に肉体は事故を起こす。


 強い衝撃を想定して剣を振り、それを空振りさせられる。

 ロイはその都度、致命的な硬直を起こした。


 想定と結果の違いに筋肉が混乱を起こし、上腕の筋繊維が悲鳴を上げる。


 相手が刃を消すか消さないか判らない以上。

 頭でどう考えようと防ぎようがない。


 攻撃も防御も、もはや自分の意思では制御できない。

 相手に引き出されているだけだ。


 これが悪夢でなくてなんなのか――。



 ロイは自分の身体が、敵の意のままに踊る事実に恐怖するだけ。


 一方で将軍は一呼吸で片付く相手を弄んでいた。

 ロイの命を惜しんで、トドメを躊躇しているわけではない。


 この状況を利用して、パトリックたちとの交渉材料を得られないかと思考しながら。


 ロイの攻撃をあしらっているのだ。


 結果、将軍の行動は。

 イリーナたちが追いつくまでの時間稼ぎになったのだった。



「あれ、オッサン。こんな所でなにやってんのさ?!」


 イリーナは、ドゥインとパトリックを連れだって合流すると。

 なんの打ち合わせもなく登場した将軍に訊ねた。


 パトリックが答える。


「あなたを監視するよう、僕たちに指示したのは将軍です」


 一大決心して潜入したのに。

 逐一お見通しだった事実が恥ずかしい。


 イリーナは憤慨した。


「酷い裏切り行為だッ!?」



 三人に追いつかれたことで。

 ロイは心身ともに抵抗する力を失い、その場にへたり込む。


 兄たちはロイから武器を取り上げ、取り囲んだ。

 イリーナは将軍に詰め寄る。


「そもそもなんで、オッサンが『王の剣』を持ってるのさ?」


 将軍は答える。


「これは、マルコライスが俺に当てて送ってきたものだ。

 一方的に、説明書きの一通も無かった。意図は不明だ」


 今のマルコライスから真意を聞き出せるかは判らないが。


 一つはナージアに持ち去られ、唯一だった貴重な一品を。

 独占せずに委ねてきたのだ。


 深い意味が込められていることは疑いようも無い。


「それで、オッサンはマルコライスに拘っていたのか」


「まあ、そういうことだ」


 本人に会って失望を覚えたことは確かだが。

 限られた時間を浪費してでも、方針を貫いた。


 その根拠は、『王の剣』の譲渡にあったのだ。



「闘い方は普通の剣と変わらないって言ってたくせに。

 ぜんっぜん、剣術じゃなかったね!」


 遠目に垣間見た闘いは、まるで手品の類だった。

 イリーナは指導内容に反することを将軍に咎めた。


「俺にとっては剣術の延長だ。

 そう見えないのは、おまえの精進が足りてないからだな」


 まさか持ち主相手にロマンを説いてたと思うと屈辱的で。

 イリーナは「ぬぐぐ……」と呻いた。



「ジェスター将軍。お手数をお掛けしました」


 ドゥインとパトリックは、ロイを捕らえてくれた礼を告げた。


 感謝を口にしてはいるが。

 二人とも、生きた心地はしていなかった。


 弟の罪に関与こそしていないが。

 我が身に降り掛かったことのように感じ。


 立場が上の者に不正を看破され、処罰される者の心境を噛み締めている。


 将軍はひと段落させずに、判決を促す。



「弟の処断だが。お前たちにできないならば。

 俺が手を下してやってもいい」


 それは、この場で刑を執行するという意味だ。


「ちょっと、待って。

 家庭の問題だし、よく話し合うしかないって」


 なにも即座に殺すことはない。

 イリーナは一旦、解散すべきだと主張した。


 加害者、被害者ともに家族ならば、和解は不可能ではないはずだと。



「それで、このままマルコライスが死んだ場合。

 病死だと偽って、身内の不祥事を隠蔽するか?」


「それでも、弟の首を跳ねるよりずっと良いだろ!」


 将軍とイリーナが口論を開始し。

 パトリックはただそれを見守っていた。


 心境的にはイリーナに寄り添っている。


 ロイを助けたい。しかし――。


「そうはいかねぇだろ……」



 二人の口論に割って入ったのは、ドゥイングリスだ。


「普通の家庭なら、家族の力で乗り越えて行く問題かもしれん。

 殺されたのが身内でもなきゃ、周りもとやかく言わないだろう。


 だが、我々は特別な人間だ。

 そういう庶民を罰していく立場の人間なんだ。


 規則を作る側の人間が、身内だからと例外的処置を下すなど。

 絶対にあってはならない」


「兄上!」


「聞き分けろ! ここで身内贔屓をするようならば。

 今後、何者にも裁きを与える権利はない!」


 もはや、パトリックも口を噤むしかなかった。


 兄の決断が苦渋の覚悟から下されていることを理解できるからだ。



「ならば、俺が処断してかまわないか?」


 将軍はもう一度確認した。


 ドゥインは考える。


 温情に甘えてしまうのは情けないが。

 利き腕の動かない自分や、パトリックに可愛い弟を殺させるより。


 きっと、ロイが苦しまずに済むだろうと。


「お願いします」


「解った」


「待ってよ! まだ、十五の子供じゃないか!

 間違いのひとつくらい犯すよ。


 でも、それを正して導いてやるのが本当の正解じゃないの?!」


 最後まで抵抗したのはイリーナだ。


 しかし、他の全員がその結論を受け入れる覚悟ができていた。



「異論はあるか?」


 将軍の問い掛けに、当のロイ自身も首を横に振っていた。


 兄たちが自分の為に苦悩してくれた事実が。

 己の過ちに気づかせたのだ。


「俺が間違っていました……」


 我が身の不幸を儚むばかりで、注がれていた愛情を無視してきた。


 家族に愛されてきたことは事実なのに。



「では、ここに処罰を与える――」


 将軍はロイに向かって『王の剣』の切っ先を向ける。


 その場の全員が、歯を食いしばる心地で見入っていた。


 ヴィレオン・ジェスター将軍が宣言する。


「騎士見習いロイ――。

 この瞬間より全ての権限を剥奪し、国外追放を命じる」


――沈黙が落ちた。


 将軍は振り返って訊ねる。


「なんだ、刑が重かったか?」


「えっ?」


 イリーナは困惑する。


 たしかに、国外追放は軽い罰ではないが。


 完全に『死刑』を想定していた為、肩透かしを食らったのだ。



 将軍はロイを振り返って伝える。


「首都を跨いだ先でチンコミルという男を訪ねろ。

 俺の名を出せば良いようにしてくれるはずだ」


 将軍は親しい人物にロイの身柄を任せるつもりだ。


 相手の想定を裏切る結果で場を支配する。


「まるで、将軍の剣術みたいな裁きでしたね」


 そう言って、ロイは笑った。



「ドゥイングリス!」


 事件を決着させると、将軍はすぐさま次の行動に移る。


「は、はい?!」

 

「マルコライスを引退させろ。そして、お前が後を継げ」


 マルコライスの回復には療養が必要だ。

 後継者を決断する頃合だろう。


「いや、しかし……!」


 即決できるくらいならば、後継者争いなど勃発していない。

 ドゥインは対立候補を振り返る。



「構いませんよ」


 パトリックの返答はやけにあっさりとしていて。

 ドゥインを困惑させた。


「僕の仕事を任せるわけにはいきませんからね。

 兄上にはこの際、玉座の上で置き物にでもなっていて貰った方が良さそうだ」


 これまで、腕力以外に見る所が無いと見下してきた兄だが。

 今回のことで、より理解することができた。


 自分が尻込みする場面で、兄は常に率先して動き。

 また、決断を下してきたのだ。


 人の上に立つ者である意識が強く、自らを犠牲にもできる。


 また、自分よりも兄の方が。

 人を惹きつけるのにわかり易い魅力があると認識できた。


「兄上の短絡的な決定に、上から説教をする。

 僕にはそれくらいの役割が合っています」


 憎まれ口を叩く次男に、イリーナが茶々を入れる。


「リッキーは、家族大好きっ子だもんね」


「大好きっ子とか言うな。リッキー呼ぶな」



「……そうか」


 ドゥインは安堵した。

 当初の予定通り、領主の座に落ち着いたのだ。


「そこで、ドゥイングリス王よ」


「王、とは!?」


 将軍のそれを誇張だと思いつつも、緊張のあまり取り乱す。


 しかし、それは冗談の類ではなかった。


「俺が国境を下げると同時に。

 女王陛下を主君と仰ぐ。新興国の王になってくれと頼んでいる」


「?」を表情に貼り付けている新領主に代わり。

 パトリックが確認する。


「騎士団長の指揮下から独立しろ。ということですね」


「そうだ。戦力の二分化を計り、軍事力の独占状態を終わらせる」


 騎士団長が女王暗殺を起こす根拠は、軍事の独占状態あってこそだ。

 分裂させてしまえば、無謀はできない。


 新興国の目的は、女王揮下の二つ目の騎士団。


「戦争になりませんか?」


「山賊討伐とは違う。支持者を募れば、拮抗する戦力だ。

 陛下を無視して、そんな規模の戦闘は起こせんさ」


 それは、現行の騎士団を弱体化させ。

 団長自身の力を削ぐことになるのだから。



「これから、首都に帰って。

 ボクが騎士団長側とバチバチやり合うから心配いらないよ」


 イリーナの言葉はなんの保証にもならなかったが。

 将軍の提案は、一度は完全に閉じたパトリックの対話の扉を開かせた。


「わかりました。その件について、詳しく伺わせてください」


「ええっ!? 建国すんのか!」


 騎士の名門で満足していた所、王にされるかもしれない。

 ドゥインは急展開に慌てふためく。


「それは詳細を聞いて、これから判断するんです」


 パトリックはため息を漏らし、改めて感嘆の声をあげる。


「まったく、上手くやってくれたものですよ」


 領地を独立した王国にすれば。

 国外追放したロイを、帝国領からは追い出さずに済むということ。


 それは兄弟にとっては望むところだ。


 斬首に処さなかったのは情けからではない。

 将軍は、そこまで計算し刑を下したのだ。



 翌日から、マルコライスは療養に入り。

 長男ドゥイングリスが正式に当主に就任した。


 あくまで帝国の二分であり、環境に変化はないと民衆には説明の後。

 折を見て、新興国を立ちあげることも決定。


『王の剣』は将軍より、二人で支え合うようにと。

 ドゥイングリス、パトリッケスへと返還された。


 新たな騎士王の誕生である。




――旅立ちの朝。


 実に何年ぶりか、ロイは城門の外へと足を踏み出した。

 広い丘の下には、広大な街が横たわり。


 その先には、無限とも思える大地が広がっている。


 ただ、それだけでも目眩がするというのに。

 自分はこれから、地平線のはるか先へと出向くのだ。


 心細い――。


 ロイは第一歩から挫けそうになってしまう。



「――んっ?」


 項垂れていると、大地に影が落ちてきた。


 影の正体を確かめようと顔を上げると。


「!?」


 巨大生物が空中から彼を目掛けて降ってきていた。


「うわあああっ!!?」


 家から一歩出たら、怪物に襲われる。

 世界とは、こんなにも危険な場所だったのか。


 しかし、それは勘違い。


 怪物は、彼の横にゆったりと着地した。


 巨大生物は飛竜。

 その背中には鞍が備え付けられており、乗用であることが確認できた。



「おはよう、ロイくん!」


 飛竜の騎手が、元気に挨拶をした。


「えっ、イリーナさん!? これ、どういうこと?!」


 どうもこうも、見たままなのだが。


 馬のふた周りも大きい生物は、少年にはあまりにも刺激が強い。



「あれっ? ボク、竜に乗ってここまで来たって言ったよね」


 リアンナとしてロイと接触したとき。

 たしかに、竜に乗って来たとは言っていたが。


「そんなの、冗談にしか聞こえなかったよ」


 ロイはあの時の全てが虚言のように思えていたが。

 イリーナ自身、役作りはしていても本音で向き合ってはいた。


 隠し事は多かったが、嘘は意外と少なかったのだ。


「乗って、送っていくよ」


 彼女が将軍を訪ねる際、国土の端までは長距離移動であり。

 それには貴重な飛竜を使う必要があった。


 帰りも同様。


 ロイは賢く、腕も立つが。

 世間知らずの子供に徒歩で行かせるには酷な旅だ。


 イリーナが搬送することにしたのだ。



 ロイは手を引かれ、二人乗りの鞍に乗り上げる。


「待ってこれ、空飛ぶの?」


「いま、空から降りてくるの見てたじゃん」


 疑った訳じゃない。心の準備ができてないだけだ。


「ボクも高いところは苦手だけど。

 ちゃんと休憩させれば馬くらい安全だよ」


 馬も竜もちゃんと危機回避するので、意外と危険は無い。



「変なところ、触らないでね?」


 イリーナはロイの腕を掴んで、自らの腰に回させると。

 そう言って、注意した。


 思い出のせいで、無駄に密着が恥ずかしい。


「触らないよ!? って、うわぁぁぁぁ!!」


 竜が舞い上がると、ロイは慌ててイリーナにしがみついた。


「てっ、触ってる! 完全、アウトな所に触ってるってば!」



 飛行はすぐに安定し、景色はあっという間に遠ざかっていく。


 知らない街。知らない森。知らない泉が、一瞬で吹き飛んでいく。


 ロイは見えなくなった城に思いを馳せた。

 思い出の全てがそこにあり、そして二度と帰ることはない――。



「軽装なんだね」


 寂しげにする少年に、イリーナは話しかけた。


「あ、うん。これ以上、何かを持ち出すのは贅沢に思えて……」


 ロイの腰には、王の剣の一振りが携えられていた。

 一対あるのはこの為だと。兄たちが持たせてくれたのだ。


 思い出す度、目頭が熱くなってしまう。


「これから、どうしよう……」


 何かを目指すどころか、どうやって食べていけば良いかも分からない。


 生きるだけでも精一杯で。

 きっと、大それた理想を語ることも無くなるのだろう。



「もしさ、ロイくんがあのまま領主になっていたとして。

 きっと、思うような世の中にはできなかったと思うんだよ」


「……ぇ、うん」


 いま思えば、なんだって理想の世界を作るだなんて言えたのか。


 無知の理だったのだろう。

 兄たちを怒鳴りつけたことを思い出して、恥ずかしくなる。


「ボクの叶わない恋も。ロイくんの求める理想も。

 理不尽だって、ただ憎むだけじゃ変わらない。


 原因はなんなのか。それを正す時、周囲にどんな影響を与えるのか。

 そういうのを、知らなきゃいけないと思うんだよ。


 それは世界と向き合わないと、正しい結末には導けない。


 その為の機会をさ。得たんだって、思うと良いよ」



――まずは世界を見て来い。


 将軍の采配には、そういう意図があったのだと。

 イリーナは伝える。


「オッサン、ロイくんのこと逸材だって。

 うらやましいなぁ。ボク、そんな褒められ方したことないもん!」


 イリーナは笑う。笑うべきだ。


 これは旅立ちなのだから。


「怖くないよ!


 これから、見ず知らずの場所で一人で生きてくの。

 すっごく、心細いと思う。


 でも、もうキミを生まれのことで言う人はいなくなる。


 怖くない! 大丈夫!


 世界はね、憎みさえしなければ。ものすごーく、楽しいんだから!」


 決めつけていたことが、そうじゃないと気づく。

 知らないことに沢山、遭遇する。


 これ以上ないと信じていた初恋の、さらに先があることを。

 彼女と出会って知れたように。



「どうしようもなくなったら、いつでもボクに会いに来なよ。

 キミは自由を手に入れたんだから」


 彼女と出会う前の自分より、ずっと成長した自分になれる。


『光の剣』の勇者の伝説は、いまスタートを切ったばかり。





  騎士王の花嫁さがし

  ▶︎to be continued

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます