12◇14 ティータ②


  ◇◇八話◇◇



――僕の図書館に利用者がいる。


 そこにティータの姿を見つけるたび。

 パトリッケスは安堵を覚えるようになっていた。


 成果を上げた訳でもないのに。ただ楽しい。

 そんな気分がこれまでにあっただろうか。


 軽い足取りがなんだか気恥ずかしかった。



――受け付けの老人は、今日も居眠りをしている。


 その度に、パトリッケスは怒りを覚えるようになっていた。


 いっそ解雇してしまいたい。ただただ、不愉快。

 そんな気分は日常茶飯事だ。


 だが、この件については保留する。


 温情などではない。


 この老人をクビにしてまで、有能な人材を雇う意味が。

 無人同然の図書館にはまだ無いからだ。


 飼い殺すならば、無能の方が世のためだろう。



 蔵書のラインナップが悪いのか、環境が悪いのかと。

 人が寄り付かないことを日々、彼は気に病んでいた。


 しかし、それ自体が見当違いで。


 お偉いさんの目が光っているような窮屈な場所に。

 一市民が入り浸れるわけもない。


 図書館が流行らないのは。

 自らの熱心な態度こそが一端であるという事実に。

 本人は気づけずにいるのだ。


 生真面目すぎて、不器用な男だった。



「こんにちは、ティータ」


「ご機嫌麗しゅうございます。騎士様」


 そんな最中、数少ない常連である彼女が。

 まるで窮地に駆けつけた援軍のように頼もしい。


「最終巻を読み終えたようですね。どの戦術家の記述が気に入りましたか?」


 出会った時に読んでいた戦術書の全十一冊。


 彼女と意見を交換できる日を心待ちにし、パトリッケスは先んじて読破していた。



「わたしは、この方の記述が好きです」


 ティータが指したのは、あまり功績の芳しくなかった騎士のページ。


「ほう、意外ですね。なぜです?」


 勝率が低いということは、優秀とは呼べないということ。

 参考にするならば、より適切な偉人がいそうなものだが。


 パトリッケスの疑問にティータは答える。


「常勝の英雄の戦術はたしかに華麗です。

 しかし、上手くいったことの記述はそこで完結してしまっています。


 それに引き換え彼の作戦は、勝敗がまちまちなので。

 読み物として、とてもスリリングでした」


 パトリックは首を捻った。


 どういうことだろう。

 どの戦術が参考になったかと訊ねたら。


 勝ち負けがわからない方がハラハラすると、返ってきた。



「そのような楽しみ方をする本ではありませんが?」


 軍属でもない彼女にとって、参考書にはならないのかもしれないが。

 ドラマが欲しければ、もっと適した読み物があるというもの。


「そうですかしら?


 でもほら。失敗した作戦は、その原因に言及する記述があったりして。

 反省が綴られているので、こちらにも思案するゆとりがあって、お得ですよね」


 お得かどうかはともかく。


 似たような状況において、二の鉄を踏まないため。

 成功体験と同様に、失敗談が役に立つ場合もある。


 ティータは続ける。


「世に知れ渡っている戦術とは種明かしのされたマジックです。

 成功しなかった戦術を見直した先に、新しい勝ち筋があるかもしれませんね」


 天才の記述に感心するばかりだった彼にとっては。

 また、新しい価値観への気付きだった。


「ふむ、失敗から学ぶと……。なるほど」



「……ところで騎士様」


 感心していた所、ティータが申しなさげに呼びかける。


「なんでしょうか?」


「先程から時おり、視線がこの辺を」


 パトリッケスの視線が刺さるらしく。

 ティータは指を組んで胸のあたりを覆い隠した。



「――誤解です! これは、その……!」


 迂闊だった。パトリッケスは取り乱す。


 確かに、彼の視線は彼女の胸へと注がれていたが。

 それが下心からの行為だと言われれば誤解である。



――デカパイ・オア・ノットデカパイ。


 先日また、兄弟たちに問い詰められたせいで。

『どうだったかな……?』と、無意識に答え合わせをしていたのである。


 して、しまっていた。のである。


 しかし、それを当人に弁解しようもない。



「わたしの胸に、なにか不備がありましたら。おっしゃってくださいね?」


 などと、女性側に意味不明な気遣いをされてしまう始末。

 気まずい雰囲気が漂う。


「なんということだ……」


 そんなにも凝視していただろうか?!



「不備が!! あったのは!! 僕の方です!!」


 パトリッケスは頭を机に叩きつける勢いで謝罪し。

 実際に三度叩きつけた。


 その反動で跳ねる上体を、強引に折り曲げ。

 四度、頭を振り下ろす。


「申し訳なないッ!! ガッ、この通り、グゥッ!!」


「やめてください!! もうやめて!!」


 パトリッケスが脳漿を飛び散らせ、絶命してしまわぬよう。

 ティータは必死になって取り押さえた。



「くっ、ハァ、ハァ……。


 取り乱してしまい。申し、訳ない……」


 パトリッケスは打ち付けた額に触れながら、無事を訴えた。

 激痛はあるが、流血はしていない。


 ティータは一息ついて言った。


「この世の終わりでも来たのかと思いました……」



 その奇行には彼女同様。パトリッケス本人が驚いていた。


――僕はいったい、どうしてしまったのだろう。


 今まで、女性相手に下手に出たことなどなかった。

 精神的にはいつも優位でさえあった。


 効率重視の采配で、使えない部下や使用人は即座に切り捨て。

 泣き言に耳を貸すこともなく。結果だけを重視してきた。


 自他ともに認める冷血漢として知られているというのに。

 

 何故、このような事態が起きてしまったのか。

 何故、彼女の機嫌を損なうことを恐れているのか。



「あの、視られたからといって減るものではないので、気にしないでください。


 生物としての本能ですし。むしろ、興味を示さなくなったら一大事ですから」


 ティータはそう言って場を収めてくれたが。

 その論調は、スケベ心からの行動だと断定したも同然だった。


「いや、ちが……」


 違うんだ。性欲からの行動じゃないんだ――。

 腑に落ちないが、しかし。


「以後、気をつけます……」


 反省してみせる他になかった。



「では、代わりと言ってはなんですが。こちらの読書に付き合ってください」


 ティータは言って、手にしていた書のタイトルをパトリックに向かってかざした。


 そのタイトルに、彼の表情が露骨に歪む。



『チンコミル将軍の恋愛指南書――』



「そんな低俗な本。読む価値がありますか?」


 発言に困るチョイスをされてしまい、少し乱暴な言い方になってしまった。


 かの名将の手記。というだけで取り寄せた一冊だが。

 正直、この図書館には不要だと思っている。


「そうかしら。こういう本を揃えることで、一般の利用者が増えるかと思いますけど?」


「そうかな……」


 パトリックは、利用者が増えるという発言に反応する。



「この図書館は何故、歴史書や難しい学術書ばかりに偏っているのでしょう?


 この図書館の蔵書は素晴らしいです。叡智と尊厳に満ちています。

 しかし、人々の九割は賢者ではありません」


 そう言ったティータに、パトリックは反論する。


「だからこそ、僕はこの図書館がそのきっかけになればと考えたのです」


 それこそは。市民の教養を底上げしたいという、彼の崇高な願いからだ。



「わたしは思います。

 人は心から必要だと感じるものしか求めないし、身につかないのです」


 それが例え他者から見て必要でも。

 押し付けられたり、与えられたりしては意味が無い。

 自発的に興味を持たなくてはいけない。


 ティータは続ける。



「忙しない日々で。限られた時間を、緊急でないものの為に割くのは大変なことです。


 でも、恋愛はほとんどの人にとって切実な課題でしょう?」



「僕は、その恋愛というものをどこか見下しているのです。

 切実だと考えたことはないですね」


 子孫繁栄に不可欠ではある。

 しかし、それ以上の意味を求めるのをパトリックは。


 下品だと思っていた。


 先日のおっぱい議論もそうである。

 それ以上でも以下でも無いものを、あれこれとこねくり回し、飾り立てる。


 滑稽に極まるし、無駄だと嫌悪していた。


 恋に溺れる者は自制心や知性が低下し。

 醜悪で、見るに堪えない。


――そう考えていた。つい、最近までは。



「では、この機に歩み寄ってみては如何でしょうか?」


 ティータがニコリと笑う。


 それだけで、パトリックは逆らえない。

 大人しく椅子に座り直した。


「失礼のお詫びに付き合いますよ。興味はありませんがね」


 ひねくれた発言をするが。

 もはや彼が恋の渦中にいることは疑いようもない。



「ありがとうございます」


 満足そうに言って、ティータは二人の間で本を開いた。


「面白そうなので。この、タイプ別恋愛占いに挑戦してみましょう」


「は?」


 彼女が指刺したのは。

 イエス、ノーで分岐して結論を目指す形式の占いだった。


「いったい将軍は、どんな顔をしてこれを書いたのだろうか……」



「では、答えてくださいね。

 第一問。あなたはSですか、Mですか?」


「本っ当にしょうもない!」


「どっち?」


「ええ……。知りませんよそんなの、Sじゃあないですか?」


 どちらかという自覚もないし。

 Mと言うのは恥ずかしい気がしたので、そう答えた。


 ティータは分岐を指でなぞる。


「Sぅ……。二問目。あなたは童貞ですか?」


「将軍、死ねばいいのにッ!!」



 そして三問目、四問目と。

 パトリッケスにとっては地獄のようなやり取りを終え。


 彼の恋愛傾向の結論へと導かれた。



「――タイプF。あなたは幼児性愛者です」


「ぜんぜん当たらないじゃないか!! なんだ、この無駄な時間!!」


 苦痛に耐えた結果が、酷い誹謗中傷を受け。

 パトリッケスは憤慨した。


「あれ、ハズレてました?」



「当前でしょう!!


 子供に性的劣情をもよおす人間なんて、もっとも軽蔑すべき対象です!!」


 当たってもいない占いのせいで。

 異常性欲者あつかいされては堪らない。


 パトリッケスは必死で否定する。


「なんだ、幼児性愛者って!? そんな恋占いあってたまるか!!

 サイコパス診断でもあるまいし!!


 非力な幼子に情欲を解放したがるだなんて。

 そんな奴は、拾ってきた猫を惨殺する人間と同じメンタリティです!!」


「そんなことないんじゃ……」


「抵抗出来ない対象を蹂躙したいという点で同類です!

 卑劣! 卑屈! 卑怯! 断じて僕はそんな人間じゃあない!」


「そこまでは言ってないんじゃ……」


「いいや。到底承服できません! そんな人間が身内にいたとしたら!

 僕は許しませんよ、絶縁してやるッ!!」


 異常性愛者扱いされた童貞は、弁明するのに必死だった。


 ロリコンを嫌悪しているのではなく。

 ロリコン認定されることを恐怖した。


 ティータだけには、そう思われたくないからだ。



「ふふ、あははははっ!」


「な、何がおかしいのですか?!」


 その必死さと内容は笑うに充分だったが。

 本人は真剣だ。


「二人きりだから良いですけど、図書館ですからね?」


 ティータは笑いをこらえずにそう指摘した。

 パトリックは「あっ、これは……」と、照れ隠しに咳払いをした。


「わかりました。幼児性愛者ではないと信じます。ペドリッケス様」


「そうで……。信じてないじゃないか!!」


 二人は改めて笑った。



「まったく。こんな不毛なことは時間の無駄だ……」


 昨日までの彼ならば、のんびりした食事も。一分の遅刻さえもが苦痛だった。

 成果の出ていない時間に対して、怒りすら覚えただろう。


 当たりもしない占いに興じる事など。生涯、ないはずだった。


 なのに、今は不思議と不快じゃない。

 恥すらかいたというのに。


 只々、楽しかった。


 戸惑う自分を悪態をついて誤魔化すパトリッケス。

 ティータは見透かして言った。



「心が活性化してる時間は、無駄なんかじゃありませんよ。


 人生を熟しているでも、過ごしているでもなく。生きているって気がしませんか?

 それは、本を読むのと同じ。人生を豊かにしてくれます。それが幸福なんです」


 張り詰めてきた彼の人生に、これほど心地よい感動はなかった。

 なるほど、恋とは人を愚かにする。


 目がくらんで、足下を踏み外してしまうほどに。

 日々を彩ってしまう。


 この女性が、ずっとそばにいてくれたなら。

 人生はどんなに晴れやかで、幸福だろう。


 パトリッケスは、価値観に大きな変転を迎えたことを自覚していた。





  ◇九話、リアンナ②

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます