君の瞳

黒木初

第1話 「待島スミカ」

―例えるならばそれは、青のプリズム。

―私のなかで光輝く、その強いイメージ。


私は、彼女と会った日のことを、今から綴ろうと思う。

そして彼女との思い出を。


しかし、ううん、これは難儀だ。

書いてはくしゃくしゃにして丸め、丸めたものをゴミ箱に纏めて突っ込んでいる。

ゴミ箱はもう一杯だ。


「めんどくさいなあ………」そんなぼやきが、私から漏れる。


それでも書かなくてはいけない。

そんな気がしていた。



「ソラハさん、忘れ物だよ」

そういって話し掛けてくれた小柄な女の子。

茶色っけのある黒い髪と、透き通った声。

そして何より印象に残ったのは、青い瞳だった。


「………ああ、うん、あ、ありがと」

私はきょどってしまった。ちょっと自分でも吹き出しそうなくらいに。


私は友達があまりいない。

一人で本を読んでいる方が、気楽。


だから、私に声をかけてくれる人は、そんなにはいない。


そういえば、彼女………彼女が人と喋っているのもみたこと、ないや。


私はカバンを受け取りながらいった。

(それにしても、なんで私はカバンを忘れたまま下校しようとしてるんだ?)


「待島さん、ありがと。よく私の名前なんて覚えてたね」


待島さんは吹き出す。

「ソラハさん。青景ソラハさん。あなたもわたしの名前を覚えておりましたのを、本官、たったいま聞き届けました!」


二人で、どちらからともなく、笑い出す。


「あ………うん………待島さん、美人だったから………」

「ストップ。美人っていうのは差別よ」

え、って、言葉を切り返す間もなく彼女は告げる。

「わたしは待島スミカ。改めてよろしく。スミカでいいよ」


そうやって彼女は飛び切りの笑顔を見せた。


その瞬間から、私は。恋をしていた、のかも、知れない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます